ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年4月26日

エジプト / ルクソール で更新


イスタンブールからブルガリアの首都ソフィアへ夜行バスで移動!

記事は [09年08月14日402 日目   トルコ 27日目 / イスタンブール のお話

2009年8月5日-14日、10日間も過ごしたイスタンブールからブルガリアの首都「ソフィア」へ向けて出発する日がいよいよやってきました!!世界遺産あり、出会いあり、グルメありと盛りだくさんだったイスタンブール!そんなイスタンブールにふさわしく、最終日は父号母号からの救援物資を受取ってよっし~夫妻とイェーイ!して華々しく旅立つことになりました!

イスタンブールからソフィアまでは国境の審査も含めて夜行バスで10時間くらい!チケットは前日に泊まっていたホテル「メリフ・イキ」の系列の旅行代理店「OVERSEAS 」で1人55TL (約3,575円)で購入しました!「OVERSEAS 」は、日本語ペラペラの「アイシャさん」が対応してくれるのでチケットを買うのも楽ちんです。

さて、イスタンブールからソフィアまでのルートはこんなです!

イスタンブールのスィルケジ駅 ⇒ イスタンブールのエセンレル・オトガル ⇒ ソフィアのツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル) ⇒ ソフィアのマケドニア広場

そして1人分のバスの費用と所要時間はこんなです!moneybag

【移動1: イスタンブールのスィルケジ駅 ~ イスタンブールのエセンレル・オトガル】

  • トラム代:1.5TL(約100円) + メトロ代:1.5TL(約100円)
  • 所要時間: 約30分(乗り換えなど含む)

【移動2: エセンレル・オトガル ~ ソフィアのツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)】

  • バス代: 55TL(約3,575円)、 言い値: 同じ、バス会社:VAROL
  • 所要時間: 約9時間50分(21時15分~7時5分)

【移動3: ソフィアのツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル) ~ ソフィアのマケドニア広場】

  • トラム代:1Lv(約72円) + 荷物代:1Lv(約72円)
  • 所要時間: 約10分

それでは、イスタンブールからブルガリアの「ソフィア」へ向けてレッツらゴー!

この日は夕方まで救援物資(小包)受取りに奔走していました!荷物を受取ってパッキングした後に、よっし~夫妻と「セブンヒルズ」という眺めの良いホテルでビールやらチャイやらでイェーイ!!よっし~夫妻に見送ってもらいながら、ちょっとホロ酔いで20時くらいに出発しました!長期滞在したイスタンブール!離れるのが寂しくなりそうなんで、ホロ酔いで出発するくらいがちょうどイェイのだ!!

「メリフ・イキ」の系列の旅行代理店「OVERSEAS」でバスのチケットを購入した場合、トルコ国内のバスだと「エセンレル・オトガル」へのセルヴィス(無料の送迎バス)があるそうです。残念ながら私たちが乗るのは国際バスなので自力で移動しなければなりません。

そんなわけで、泊まっていた宿「メリフ・イキ」の最寄の「スイルケジ駅」から、イスタンブールの玄関口「エセンレル・オトガル」へ、トラムとメトロ(地下鉄)を乗り継いで向かいます。

こちらがトラムの「スィルケジ駅」。

スィルケジ駅

ちょっとホロ酔いで乗り込む2号。転ぶなよ~。

スィルケジ駅
  • トラム代:1.5TL(約100円)
  • 所要時間: 約10分、スィルケジ駅 ~ ユスプパシャ駅

トラムからメトロに乗り換えます。一旦外に出ないといけなくてちょっと面倒!

アクサライ駅

トラムの「ユスプパシャ駅」で降りて、メトロの「アクサライ駅」に乗り換えます。駅名が違うので注意!切符も新たに買わないといけませーん。この乗り換えが歩道橋を登ったりして意外に歩くのでちょっと疲れまーす。

そしてこちらがメトロの「アクサライ駅」のホーム!地下鉄でーす!

アクサライ駅
  • メトロ代:1.5TL(約100円)
  • 所要時間: 約10分、アクサライ駅 ~ オトガル駅

そして「エセンレル・オトガル」に到着でっす!

イスタンブールオトガル

メトロの「オトガル駅」の改札を出ると、そこはもう「エセンレル・オトガル」!あら便利!
トラムとメトロを使った移動は乗り換え以外は楽ちんで・す・YO。スィルケジ駅からは30分くらいで到着できました!

私たちが乗るのは「VAROL」という会社のバスです。

イスタンブールオトガル

「エセンレル・オトガル」は、購入したバス会社のオフィスの奥がバス乗り場となっています。とにかく、巨大なオトガルなので自分のバス会社を探すのが大変!色々な人に質問してようやくお目当てのバス会社のオフィスを見つけることができました!

バス会社のオフィスの中です。ここでチケットを見せて搭乗手続き?をします。

イスタンブールオトガル

この時すでに出発20分前の20時40分!荷物を預けてバス会社でトイレを借りてから慌てて乗り込みます。出発の1時間くらい前にオトガルに到着しておくと安心なんですよね~。

こちらが「ソフィア」行きのバス!

バス
  • バス代: 55TL(約3,575円)、 言い値: 同じ、バス会社:VAROL
  • 所要時間: 約9時間50分(21時15分~7時5分)
    イスタンブールのエセンレル・オトガル ~ ソフィアのツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)

座席も広くて良く眠れそうです。

バス

しかーし、国際バスは真夜中に出国、入国やらで叩き起こされるので、ゆっくり寝ていられないのが残念無念です。

予定よりもちょっと遅れた21時15分にイスタンブールからソフィアに向けて出発しました!!

さようならイスタンブール!という感慨もなくさっさと寝ます。夜中に国境審査で起こされる前に寝ておかないと!!そういえば、トルコのバスにしては珍しくお茶とかコーヒーのサービスがありませんでした。もしかしたらブルガリアの会社だったのかな?

スヤスヤ寝ていると夜中の1時頃にバスの電気がピカッ!とついて起こされました!国境だ~~~!!

まずはトルコ側の出国審査です。

何とバスから降りずに出国審査を受けることができるのです。審査官がバスに乗り込んできてパスポートを回収して降りていきました。そして1時40分頃にパスポートが返却されました。トルコ側の出国はあっさり終了!!

そして1時45分頃に国境にある免税店も兼ねているやたらゴージャスな休憩所に寄りました。ここでトイレ(使用料:1TL!)を済ませます。そして休憩所にフードコートがあるのを発見した私たちはつい。。。

パスタをイェーイ!!

パスタ
  • スパゲティ・ミートボール: 10.95TL(約712円)、 ペンネ: 4.95TL(322円)、コーラ: 2.75TL(約179円)

何ともゴージャスなお値段のパスタだったのですが、トルコリラが余っていたのとお腹が減っていたのとで真夜中についイェーイ!パスタはのびのびだし、決して日本にいたら美味しい!と感激するようなパスタではなかったのですが、トルコ料理以外のものを久しぶりに食べたので感動的に美味しかった記憶が。。。感動しながらパスタをかっこんでいたら車掌さんが走ってきて「早くバスに戻れ~~!」と怒られちゃいました。車掌さん!バスの乗客の皆様!ごめんなさい!

そしてブルガリア側の入国審査です。

再びバスに乗り込んでブルガリア側の国境に向かいます。2時10分にブルガリア側国境に到着です。今度はバスを降りて入国審査となりました。並んで審査官からいくつか質問を受けた後にパスポートを預けます。EU国籍の方々?はスタンプを押さないでもいいっぽいです。そしてすぐにスタンプを押されたパスポートが返されました。その後簡単な荷物検査があります。バックパックを開けられて調べるわけではなく、ちょろっと見られただけでした。休憩所で買ったタバコなどの免税品を重点的に確認していたっぽいです。そんなこんなで2時45分に入国審査完了でっす!

実はワタクシは10年以上前に「本場のブルガリアヨーグルトを食べたい!」というマヌケな目的でブルガリアに行ったことがあるので2回目です。しかし肝心の本場のブルガリアヨーグルトの記憶があまりなくヴェリコ・タルノヴォ(琴欧州の出身地)で泊めてもらったプライベートルームのおばちゃんが良くしゃべる人で賑やかでおせっかいで親切でエスペランド語が話せると言っていたのが一番の印象だったような。。。冬だったんですが、暖炉の薪を買うお金がない?だかでおばちゃんと一緒に拾いに行ったのも覚えているなあ。

10年ぶりのブルガリアはどうなっているかな~と一瞬思いながらも、バスが出発すると同時にグガーっと寝ます。そして起きたら。。。

朝7時過ぎにソフィアのツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)に到着!!

ソフィアツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)

何とも近代的なピカピカしたバスターミナルに到着しました!

ソフィアツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)

「歩き方」によると国際バスは「トラフィック・マーケット」というバスターミナルに到着すると書いてありましたが、私たちのバスは「ツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)」に到着しました。「トラフィック・マーケット」は「ツェントラルナ・アフトガーラ」の隣にあるので、どちらに到着してもそれほど問題ないかと思われます。

まずはATMでブルガリアの通貨「レフ」を下ろします。

ソフィアツェントラルナ・アフトガーラ(中央バスターミナル)

「ツェントラルナ・アフトガーラ」にはATM があるので便利でーす。レストラン、カフェ、売店などなど何でもある立派なバスターミナルでした!

まずはお目当てのソフィアの超有名宿「ホステル・モステル(Hostel Mostel)」がある「マケドニア・スクエア」まで6番のトラムで向かいます!

「ツェントラルナ・アフトガーラ」を出て右に進むとソフィアの鉄道駅があります。そして鉄道駅に背を向けてまっすぐ進むとトラム乗り場が見えまーす。

トラム乗り場の前でチケットを購入!

トラム

しかし、実はトラムのチケットを購入するまでが大変だった。。。

まず「ツェントラルナ・アフトガーラ」の売店でチケットを買おうとしたら「インフォメーションに行ってね~。」と言われ、インフォメーションに行ったら「外に出て買ってね~。」と言われてしまいました。外に出たがチケット売り場がわからなかったので、タクシーの運ちゃんらしき人にトラム乗り場を聞こうとしたら「トラムはないからタクシーで行くのがいいよ~ん。」と言われてちょっとがっくし。街の人に聞いても英語通じない。。。結局よーく目を凝らしてみるとトラムの線路らしきものが見つかったので、線路沿いに歩いてようやくトラム乗り場を発見!その発見したトラム乗り場がソフィアの鉄道駅の前だったんです。

こちらがトラムの切符!!

トラム

荷物があると別に切符を買わないといけないので2人で4枚買いました!1枚1LV(約72円)。下に開いているのは車内で自分で開けるパンチの穴です。

トラムの中はこんな感じ!

トラム
  • トラム代:1Lv(レヴァ、約72円) + 荷物代:1Lv(約72円)、6番トラム
  • 所要時間: 約10分、ソフィア中央駅 ~ マケドニア・スクエア

切符に黄色いパンチ機で穴を開けます!

トラム

そういえば、10年以上前にパンチで穴を開けるのを忘れて(知らなかった)罰金を取られたような記憶が。。バックパック背負ったままで必死で穴を開けます!

同じトラムに韓国から来ている親子が乗っていました。娘さんが学生でお父様、お母様と一緒にトルコとブルガリアを旅しているとのこと。娘さんが日本語ペラペラでびっくり!日本のドラマを見て覚えたということですが、本当に流暢なんです!同じ宿を予約しているということで心強い!一緒に宿まで向かうことにします!

トラムの乗客に聞きながら何とか「マケドニア・スクエア」で降りることができました!

ホステル・モステル(Hostel Mostel)

このカジノの奥が「ホステル・モステル」の入口です!

ホステル・モステル(Hostel Mostel)

左の方にある「HM」と書いてある赤っぽい看板が「ホステル・モステル」の看板です。

ホステル・モステル(Hostel Mostel)

「HM」と書いてある看板の隣の扉を抜けると客室が見えてきました!!

ホステル・モステル(Hostel Mostel)

ちょっと分かり辛かったですが無事に到着!有名宿「ホステル・モステル」は、とっても居心地がイェイ宿なんです!何と無料で夕飯にトマトパスタとビールが1杯ついちゃうんで・す・YO!そんな「ホステル・モステル」については後ほどお届けしまっす!!この宿を拠点にブルガリアの世界遺産を2つまわりました!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

コメント

> 典子さん
確かに飛行機みたい!
アメリカは国内線でも別料金なんですね!1つくらいは無料で乗せて欲しい~~!

荷物があると余計に払わなくちゃいけないトラム、ってなんだか最近の飛行機みたい。
アメリカでは国内線は預ける荷物、1つにつき料金を別に取られるんですよ。しかも、最近、機内持ち込み荷物にさえ別料金を請求する航空会社も出てきて。

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ