ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年3月28日

ヨルダン2 / ペトラ で更新


93発目の世界遺産!イスタンブール歴史地域[6.アヤソフィア博物館]

記事は [09年08月06日394 日目   トルコ 19日目 / イスタンブール のお話

8月6日-9日、そして年をまたいで2010年2月1日-5日、2月8日-11日にも再訪したイスタンブール滞在時のお話。トルコで4発目の世界遺産は「イスタンブール歴史地域」!今回はイスタンブール観光ではブルーモスクと並ぶ大御所、「アヤソフィア(ハギアソフィア)博物館」をご紹介!イスタンブールの歴史を堪能する上では絶対に外せない見所で・す・YO!

book 「アヤソフィア博物館」は、ビザンツ帝国(キリスト教)から、オスマン帝国(イスラム教)へと支配が移っていったイスタンブールの歴史を象徴する建物!ビザンツ時代にキリスト教の大聖堂として建てられ、オスマン帝国占領後は改築してイスラム教徒の礼拝場所であるモスクとして使われました。その歴史の変遷が見てとれるアヤソフィアは、現在、無宗教の博物館として公開されています!イェイ!イェイ!

そんなキリスト教徒にもイスラム教徒にも使われてきたアヤソフィアですが、

見た目はこんな感じになります!

アヤソフィア博物館

元々はキリスト教の大聖堂として建てられたアヤソフィア、巨大なドームを有した大聖堂はビザンツ建築の最高傑作と称されています!ビザンツ帝国滅亡までは「ギリシャ正教会(東方正教会)の総本山」というキリスト教徒にとってそれはそれは重要な建物でした!そしてオスマン帝国占領後には、建物の周囲に4つのミナレット(尖塔)を付け加えるなどモスク仕様に改良が施され、イスラム教の礼拝所として活用されました!イスラム教徒にとっても壊すにはもったいくらいの大聖堂であったということでしょう!

場所は、前回ご紹介した「スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)」の向かい側!目の前にはアヤソフィア、振り返るとブルーモスクという何とも贅沢な場所となっており、イスタンブールの中でもひときわ観光客で賑わっています!

このピンクがかった壁の色が何とも特徴的!

アヤソフィア博物館

ピンクの聖堂やモスクなんて今までお目にかかったことがなかったのでかなり新鮮でした!1号もピンクのTシャツでポーズ!ちなみにこのTシャツは10ヵ月くらい前にタイで買ったもの。物持ちイェイというか何というか。イェーイ!

そして近づいてみるとその大きさも実感できます!

アヤソフィア博物館

このようにアヤソフィアは外観も特徴的なのですが、やはりメインは中!博物館って呼ばれてるくらいですからね!というわけで中に入るのにも入場料がかかります。ちょっと高い。。

  • チケット代: 20TL(約1,300円)

入場前には空港にあるようなX線検査?で荷物をチェックされるのですが、カバンに入れていた折り畳み式の三脚が引っかかり、ここに預けることになりました。ということで中は三脚の持ち込み禁止でーす!

そしていよいよ中に入るわけですが、

大ドームが造りだした巨大空間の中央に、

修復用の足場がドデーン!! (ToT)

アヤソフィア博物館内部

イェーイ! イェーイ! (≧▽≦ )

これは2009年の8月に行った時の状況です。1号は学生時代にアヤソフィアに行ったことがあるのでまだイェイですが、僕にとってこの残念さときたらありませんでした。。

というわけで2010年2月、イスタンブールを再訪した時にもちろんアヤソフィアにもう一度行ってみました。

ジャーーン!! v(≧∇≦)v

アヤソフィア博物館内部

中央から足場がなくなって、見晴らしが良すぎるぜイェーイ!夏に訪れた時と全然印象が違いました!

ドームの天井がばっちり見えます!

アヤソフィア博物館ドーム天井

柱頭の装飾も美すぃ~!

アヤソフィア博物館内部

そして一際目を引くのが、

建物の一番奥にあるミフラーブ! shine shine

アヤソフィア博物館内部
  • ミフラーブ: イスラム教の礼拝場所「モスク」の中にある礼拝用に壁にくぼみが作られた場所で、こちらがメッカの方向(ギブラ)を示しています!

かつてキリスト教の聖堂であったアヤソフィアに、イスラム教のモスクに不可欠なミフラーブを設置したというわけであります。それにしても眩しすぎる!

ここまででも十分にイェイ!のですが、実はアヤソフィアの真価はこのミフラーブの上にあります!

ミフラーブの上にある半円ドームを見てみると、、

アヤソフィア博物館内部

聖母マリアと幼児キリストを描いたモザイク装飾が~! w(゚o゚)w

アヤソフィア博物館内部
  • 望遠レンズ持ってきときゃ良かったなぁ。。

つまり、キリスト教とイスラム教が同居しているということで・す・YO!これこそがアヤソフィア博物館の真骨頂!オスマン帝国(イスラム教)はキリスト教の聖堂であったアヤソフィアをモスクとして転用する際、内壁に施されていたキリスト教のモザイク等は破壊せず、漆喰で上塗りして使っていたのでーす!というわけで、漆喰をはがしてみると、下からモザイクがこんにちは!これは以前紹介した「カーリエ博物館」と同じことであります!

こちらがアヤソフィアを紹介するWebサイトや本でよく見かける構図の写真です!

アヤソフィア博物館内部

アラビア文字が書かれた円形の文字盤(イスラム教)と、聖母子像(キリスト教)を仲良くパシャリというわけですね!でもってこの次は聖母子像の右側に注目!実はもう1つ大きなモザイク装飾があります!

聖母マリアの右横には、大天使ガブリエルのお姿が!

アヤソフィア博物館2階

ジャジャーン!!

アヤソフィア博物館2階
  • 望遠レンズ持ってきときゃ良かったなぁ。。

この聖母子と大天使のモザイクは2階に上がると、こんな感じで良く見えるんです!

そうなんです!2階もあるんです!

というわけでこちらが2階の入口イェーイ!

アヤソフィア博物館2階へ

上から見るとアヤソフィアの空間の広さを改めて感じとれます!

アヤソフィア博物館2階

そして聖母子のモザイクでもチラリと出てきましたが、アラビア文字が書かれた円盤がほんとイェイ雰囲気を出してるんで・す・YO!

差し込んできた光が当たった感じとか、 く~っ、たまらん! (≧▽≦ )

アヤソフィア博物館2階

イスラムにまつわるお偉いさんの名前が書かれているらしいのですが、今まで見てきたモスクにはこのような円盤は一切ありませんでした。

2階部分は、中央の吹き抜け部分をぐるりと囲むように通路が作られてます!

アヤソフィア博物館2階

通路の幅は結構広く、天井、壁、柱には金色主体の装飾が施されていました。上の写真では装飾がはげかかっていますが、

修復され?、装飾の色が鮮やかに残っている部分もありました!

アヤソフィア博物館2階

ここの通路にはアヤソフィア内で撮られた美すぃ~写真が特大サイズでいくつか展示されており、その中の1つの写真の構図をマネして撮ったのが上の写真です。 bleah
展示されている写真はアホみたいにデカくプリントされているのですが、それでもめちゃくちゃキレイです!観光客はその写真を写真で撮るみたいな。

そして写真展コーナーとは反対側の通路にあるのがこちら!

アヤソフィア博物館2階

この大理石でできた壁の向こう側に、キリスト教時代に作られた美すぃ~モザイク装飾がいくつか残されており、アヤソフィア観光の目玉となっています!

その中でも一番有名なのが、こちらのモザイク!

アヤソフィア博物館2階

デイシス(請願図)と呼ばれるもので、中央にキリスト、左がマリア、右が洗礼者ヨハネです!下の部分はほとんど残っていないのが残念ですが、

それでも残っている(修復された)部分はお見事!

アヤソフィア博物館2階

カーリエ博物館の記事」でも書きましたが、モザイクでこれだけの表情を描けるのが本当に凄い!

他にもこんな表情のキリストや、

アヤソフィア博物館2階

こんな感じの穏やかな表情をしたマリアのモザイクもあります!

アヤソフィア博物館2階

いや~、アヤソフィアでは本当にお腹いっぱいになりました。2階から満足げに1階に戻って帰ろうとするのですが、1階にはまだちょっとした見所があります!

こちらの柱だぜイェーイ!

アヤソフィア博物館2階

この柱は歩き方曰く、「マリアの手形」、別名「すすり泣く柱」と呼ばれているそうで、柱のくぼみに親指を入れて、残りの4本の指でぐるっと円を描ければ願いが叶うらしい!上の写真は「漫画の海に溺れたい」というアホな願いを叶えようと意気込む1号。。

これにてアヤソフィア観光は終了イェーイ!って思って最後出口へ向かう通路を歩いていくのですが、まだ油断してはいけません!

出口付近に大きめの鏡が設置してあって、何か鏡に映ってる!と思って振り返ると、、

そこにもモザイクがイェーイ! scissors

アヤソフィア博物館

これにて本当に終了です!イェイ!イェイ!

ここまで長かったですが、次回の記事で世界遺産としてイスタンブールを紹介するのは最後!そして最後を飾るのは上から見たブルーモスクとアヤソフィア!イェーイ!

93発目の世界遺産!イスタンブール歴史地域[7.スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク) & アヤソフィア博物館の全景&夕景&夜景]」の記事に続く。

【目次 - イスタンブール歴史地域】
  1. イスタンブール歴史地域[1.見所紹介]
  2. イスタンブール歴史地域[2.ヒッポドローム(蛇の柱&オベリスク) & ヴァレンス水道橋 & ゼイレック・ジャーミィ等]
  3. イスタンブール歴史地域[3.テオドシウスの城壁 & カーリエ博物館(コーラ修道院)]
  4. イスタンブール歴史地域[4.トプカプ宮殿 & イェレバタン・サライ(地下宮殿)]
  5. イスタンブール歴史地域[5.スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)]
  6. イスタンブール歴史地域[6.アヤソフィア博物館]
  7. イスタンブール歴史地域[7.スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク) & アヤソフィア博物館の全景&夕景&夜景]

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ