ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2011年12月12日

ベネズエラ / コロ で更新


[リアル速報] ベネズエラの世界遺産「カナイマ国立公園」!要は2泊3日エンジェルフォールツアー!

記事は [11年11月27日1233 日目   ベネズエラ 5日目 / カナイマ のお話

今度はベネズエラからリアル速報で~す!2011年11月27日-29日のお話!かなり突然ですが、秘境に行ってきましたイェーイ!ベネズエラ南東部には世界でも秘境中の秘境、「ギアナ高地」ってのが広がっていて、その中心部は「カナイマ国立公園」の名で世界遺産にも登録されてます!そしてこの広大な国立公園の中で最も有名なのが世界最大の落差を誇る「エンジェルフォール」!シウダー・ボリーバルから2泊3日のエンジェルフォールツアーに参加しましたので、費用やスケジュールも合わせてご紹介!ツアー会社はコネクション・ツアーズ(CONEXIÓN TOURS )を利用しましたイェ~イ!

今回も速報としてはかなり長くなってますので、リラックスした体勢でご覧ください。

まずはエンジェルフォールがどれだけ秘境にあるか、アクセス方法を見てみましょう!

シウダー・ボリーバル ⇒(セスナ1時間)⇒ カナイマ村 ⇒(ボート5時間 - ランチ含)⇒ ラトン島 ⇒(ジャングルを徒歩1時間)⇒ ライメ展望台(エンジェルフォール全景イェイ!)

ツアーのハイライトはエンジェルフォールの全景がイェイできる「ライメ展望台」なのですが、片道だけでこれだけの険しい道のり!セスナ(ややポンコツ)、ボート(座る所は木製)、ジャングルトレッキング(何人かコケる)でようやく拝めるとは、さすがは秘境!エンジェルフォール!ちなみに「ラトン島(ラトンシート島)」に着くとエンジェルフォールの上側4分の3くらいが見られます!

そしてエンジェルフォール観光の拠点となる「カナイマ」という村は陸の孤島のような場所で、飛行機(セスナ)でしか行くことができません!そこで近隣都市から、カナイマまでの往復航空券、カナイマでの滞在費(宿・食事)、カナイマ拠点のエクスカーション(もちろんエンジェルフォール含む)、ガイド代などが込みになったツアーに参加するのが一般的!

で、このツアーの主要拠点が、「シウダー・ボリーバル」という町になります!旅行代理店が多く集まり、セスナもこの町から飛ぶので、ツアー代金を一番安く抑えられるのでありま~す!

というわけで、次はツアー会社とシウダー・ボリーバルの宿情報をどうぞ!

僕たちはサンタ・エレナという町から夜行バスでシウダー・ボリーバルにやってきて(19時発、5時40分着)、到着した朝、バスステーションで旅行代理店「コネクション・ツアーズ(CONEXIÓN TOURS )」のカルロスさんの勧誘を受け、翌日出発の2泊3日ツアーをお願いしました。ついでにツアー後に向かうカラカス行きのバスチケットも買っておきました。

2泊3日のエンジェルフォールツアーの料金は、価格交渉の結果、1人2,000 BsF! 1ドル8 BsF換算で約19,500円です!全額ドル払いならもうちょっと安くできそうな感じでした。ベネズエラの人たちはみんなドル欲しがるんで!ツアーに申し込むとバスステーションからシウダー・ボリーバル中心部まで車で送ってもらえ、ツアーの前後は町中にあるカルロスさんの自宅兼事務所兼ゲストハウスに何と無料で宿泊できます!

このツアー料金には、「空港使用料 25 BsF(約250円)」と、「カナイマ国立公園入園料 35 Bsf(約350円)」が含まれていませんので、ツアーに行く際はそれなりのキャッシュを忘れずに!

僕たちはこの日はちょっとイェイ宿にしようかと思い、カルロスさんの事務所のすぐ向かいにある「Posada Doña Carol 」に泊まりました。ツアー申し込み時に交渉してこの宿の料金の半額も払ってもらえることになってたんで・す・YO!ダブルルーム1泊150BsF(約1,500円)の半分です。この宿はエアコンなしの部屋でも、廊下のエアコンの効きがハンパないのでめっちゃ涼しいし、奥さんがインド系の人なので、有料ですが夕食にインドカレーも作ってもらえました(45 BsF)!もちろんWi-Fi も使えます!ホットシャワーがないのが残念か。

ちなみにツアー終了後は無料で泊まれるカルロスさんの所に1泊しようと思ってたのですが、ちょうど停電と断水にみまわれ、「Posada Doña Carol 」に再度宿泊しました。。とにかく水でもいいからシャワーは浴びたかったので。でもカルロスさんの所はアクシデントがなければWi-Fi もあるし、ホットシャワーも使えるので無料ならイェイかと!ただアクシデント発生頻度は知りませんが。。

そんでもって、2泊3日エンジェルフォールツアーのスケジュールはこちら!

日程 観光場所
1日目 午前 ・07:00 朝食(カルロスさんの事務所にて)
・07:30 シウダー・ボリーバルの空港へ出発
・08:50 シウダー・ボリーバルからカナイマへ出発(セスナ)
・10:00 カナイマ空港到着、カナイマのロッジへ
午後 ・13:00 昼食
・14:45 カナイマ湖をボートで横断、エル・サポの滝へ
・17:00 ロッジ帰着
・19:50 夕食
★カナイマのロッジ泊
2日目 午前 ・08:00 朝食
・11:50 カナイマからラトン島へ出発(ボート&徒歩)
午後 ・13:50 昼食(ラトン島へ向かう途中の滝にて)
・16:50 ラトン島のキャンプ地到着
・19:15 夕食
★ラトン島のキャンプ地でハンモック泊
3日目 午前 ・04:30 ラトン島のキャンプ地からライメ展望台へ出発(徒歩)
・05:50 ライメ展望台到着(滞在時間40分)
・07:20 ラトン島のキャンプ地帰着
・07:40 朝食
・08:20 ラトン島のキャンプ地からカナイマへ出発(ボート)
・11:50 カナイマのロッジ到着
午後 ・12:30 昼食
・13:40 カナイマからシウダー・ボリーバルへ出発(セスナ)
・14:40 シウダー・ボリーバル到着、タクシーで宿へ
(タクシー代はツアー代に含まれる)

このツアーのメインアクティビティは2つ!1つは「エル・サポの滝」、で、もう1つが「エンジェルフォール」!

初日はカナイマ村近くの「エル・サポの滝」を観光し、カナイマのロッジに宿泊。2日目はエンジェルフォールを目指して「ラトン島」まで移動し、ラトン島のキャンプ地でハンモック泊、3日目の早朝にエンジェルフォールの全景を拝みに「ライメ展望台」まで行って、後は帰るのみとなりました。このツアーは直前まで日程がコロコロ変わるので行く前からこの日程が決まっているわけではありませ~ん!

あと、僕たちはイェイしませんでしたが、追加料金を払えばカナイマから「セスナによるエンジェルフォール遊覧飛行」もイェイできます!ツアーで一緒だった方が現地カナイマで1人600BsF(約6,000円)で申し込んでました。ちなみにシウダー・ボリーバルからカナイマに行くセスナでは、エンジェル・フォールの上は通りませんYO!

さぁ、それでは写真を交えてエンジェルフォールツアーの様子をどうぞ! (⌒∇⌒)ノ

相変わらずシーズンとか考えないでイェイしましたが、僕たちがイェイした11月は雨季と乾季の境目です!ツアー中は曇りはすれど雨はちょろっとしか降らず、天気にはめっちゃ恵まれました!イェイ!イェイ!イェーイ!

まずは初日の朝!

朝6時50分、泊まっていた「Posada Doña Carol 」をチェックアウトし、荷物を持ってすぐ目の前にある「カルロスさんの事務所」へ!カルロスの奥さんが朝食を作って待っていてくれます!朝食後、7時30分に向かえの車が来るのでそれに乗って「シウダー・ボリーバルの空港」へ!空港までは5分くらいとあっという間です!空港使用料を払い、自分のセスナが飛び立つ番が来るまでしばし待機。

空港のすぐ外にはエンジェルフォールを発見した「ジミー・エンジェル」さんの飛行機が飾られてるので待ち時間にイェイしておくのもイェイでしょう!あっ、有名な話ですがエンジェルフォールのエンジェルは「天使」って意味ではなく、発見者ジミー・エンジェルさんの名前に由来しているんで・す・YO!そしてエンジェルフォールがある山は「アウヤン・テプイ」と呼ばれてるのですがこれは現地語で「悪魔の山」って意味だったりする!天使が悪魔を発見したのだからオモシロイェイ!

40分ほどで出発のお呼びがかかり、いざ、セスナへ!

シウダー・ボリーバル空港&セスナ

右に2号が写っていますが、大きな荷物はカルロスさんの所に置いてきたので荷物は1人この程度!ツアーで合流した人たちからは、この荷物で3年以上旅してるのか~だなんて驚かれますが、そんなわけないでしょがっ!!ちなみにセスナに乗るのはこの旅では「ナスカの地上絵の遊覧飛行」以来の2度目です。

パイロット以外に4人は乗れそうな機体でしたが、実際は僕たち2人のみ!なのでセスナまで案内してくれた人には「君たちは、Very Important Person!VIPだー!」って言われました。この人の持ちネタなのでしょう!

しかしVIP が乗るにしてはこの機体、結構なポンコツ。行きはまだ良かったのですが、帰りのセスナなんて、パイロットがドアをガチャって閉めた拍子に、僕の座ってた隣のドアがハチャって開いたからねっ!もし空中で開いたらどうなんのよ!!このっ!このっ!

シウダー・ボリーバルからカナイマまではセスナで1時間ちょい。上からの眺めはかなりイェイ!

こんなジャングル~な上を飛んだりもします!

カナイマへ行くセスナからの景色

これは確かにカナイマが陸の孤島って言われるのが分かります!

で、豪快な滝がイェイしてるカナイマ湖が見えてくると、いよいよカナイマ村に到着です!

セスナから見たカナイマ湖

こんな風にエンジェルフォール以外にもイェイ感じの滝がいくつかイェイしてます!このカナイマ湖の周辺に各ツアー会社のロッジがイェイしているのでこの湖は自由時間に歩いてイェイできます!また、エル・サポの滝に行くときにこの湖をボートで横断するので滝の近くもイェイできるんで・す・YO!

カナイマの空港到着後は、カナイマ国立公園の入園料を払い、自分たちのガイドが迎えにくるのを待ちます。

ここで知っておかなければならないツアー会社の仕組みを。シウダー・ボリーバルでツアーを申し込むのが一般的なのですが、実はツアーを催行するのはカナイマ村のツアー会社なのであります。シウダー・ボリーバルとカナイマのツアー会社がリンクしていて、例えばシウダー・ボリーバルのツアー会社で価格が安めの「コネクション・ツアーズ(CONEXIÓN TOURS )」や、「サルト・アンヘル(SALTO ANGEL )」なんかで申し込むと、カナイマのツアー会社「ティウナ・ツアーズ(Tiuna Tours )」に組み込まれます。

というわけで、色々なツアー会社で申し込んだ人がバラバラにセスナでやってくるので待ち時間も中々なものに。ツアー全体を通してフリータイムという名の待ち時間がかなりあります!

カナイマの空港には、お土産以外にもツアーで必要な日焼け止め、虫除け、ポンチョが売られてますが、シウダー・ボリーバルの町中と比べると2倍近くの価格なので、なるべくシウ・ボリで買っておきましょう!カルロスさんの事務所の右隣の店でポンチョや懐中電灯が買えます。ポンチョは透明のものが25BsF(約250円)だったので僕たちはこれをイェイしました。

そしてこちらが、我らがティウナ・ツアーズのロッジだぜイェイ!

カナイマのロッジ(Tiuna Tours)

見たときの感想は、、思ってたより普通でイェかった! というのもベネズエラに来る前に「マナウス(ブラジル)のアマゾンジャングルツアー」で電気がない水上ロッジに泊まっていたもんで。

ここは2階が居住スペースになっていて、シャワー(水)・トイレ付きのドミトリーがいくつかと、ハンモックのスペース、共同トイレ&シャワーも別にあります。ロッジでは飲料水が飲み放題です。あとロッジをちょっと歩くと雑貨屋があって、コーラが12 BsF(約120円)で買えます。

こちらが僕たちが泊まった部屋! 中々に快適!

カナイマのロッジ(Tiuna Tours)

ダブルベッドが1つと2段ベッドが1つ。この部屋を2人で使わせてもらえました!でも、このベッドの構成で4人ドミで使うときがあるのだろうか。。部屋には扇風機があり、コンセントもあるので充電ができます!バスタオルはないので持ってきましょう!

人によってはカナイマのロッジでも部屋ではなくハンモック泊になったり、部屋が空いてないから別の宿(先ほど紹介した雑貨屋に部屋がある)に泊まることになった人もいたので、事前にツアー会社での確認は必須です!

ちなみに僕たちは部屋のトイレの電気が付かなくてロウソクを借りたのですが、隣の部屋なんて部屋の電気が全部付かなくて大量のロウソクで対応してました。何か召還するんじゃないかっていう雰囲気の部屋になってるわけで・す・YO!このツアー会社、この程度のサービスレベルです!

では初日の午後、行ってみよう!

最初ガイドから、この日はエンジェルフォールをイェイしにラトン島に向かうと言われてましたが、急遽「エル・サポの滝」で遊ぶことに変更!このツアー、直前までスケジュールがボンボン変わるので、そのつもりで参加しましょう!いくらシウダー・ボリーバルの各代理店で日程とか色々と確約してもらっても、カナイマに着いたらもうそこは「ティウナ・ツアーズ」の世界!日程が変わろうが、部屋で悪魔を召還することになろうが現地では彼らに従うしかありません!ちょいちょい引っかかることが多いツアーなのですが、エンジェルフォールが見られるなら全てを大目に見て上げましょう!

エル・サポの滝は、豪快に流れ落ちる滝の裏側を歩くことができるオモローなスポット!

まずはボートに乗ってカナイマ湖を横断!

カナイマ湖

ロッジの目の前がカナイマ湖なのでそこから出発!今日の午前中にシウダー・ボリーバルからやって来た組と、初日にラトン島に行って、2日目のこの日にラトン島から戻って来た組が合流です!

カナイマ湖をボートで進む時も水しぶきが結構あがるので、カメラなどの防水対策は必須です!

そしてエル・サポの滝。滝の裏側を濡れずに歩けると思ったら大間違い!全身びしょ濡れですよ!

それでは何とか撮った動画をどうぞ!

これ凄くないですか!エンジェルフォールの前座と言うにはもったいないくらいの迫力!しかもこの先にはもっと凄まじい、息が出来ないくらい滝に打たれないと通れない場所があったりします!これには僕も大満足でした!

そして2日日の午前!

まず、この日の午前中にシウダー・ボリーバルから新たにやって来る4名を待ってから出発のため、朝食後、3時間以上フリータイム!この新しくやって来る4名は初日にエンジェルフォールへ向かうことになります。恐らくカナイマのロッジに4名分の空き部屋がないから、彼らは初日にラトン島に向かうことになるのでしょう。なので僕たちも彼らがやってくるのを待たなくてはいけない。これが待ち時間が多くなる原因なんだと思います!でもイェイんです!そういうツアーなんです!2万円でエンジェルフォールが見られるんですから!

ラトン島へのボートはロッジの目の前からではなく、カナイマ湖の滝の裏側から出発するのでまずはそこまで車で向かいました。本来なら湖のほとりをトレッキングして行くようでしたが、4名の到着が予定より遅れたためトラックで。。

いよいよラトン島へ出発! 結果的にランチ時間を含めて5時間の旅の幕開けです!

カナイマからラトン島へのボート

僕たちのグループは体重別にどこに座るか指定されました。重そうな人が後ろに座らされていたのですが、僕たちが座ったのは前の方。このラトン島へのボートはスピードを出すとバッシャンバッシャン水がかかってくることで有名なのですが、前の方が一番濡れません!真ん中辺りがヤバいようです!

こんな感じで、バッシャーーン!! sweat01 sweat01

カナイマからラトン島へのボート

水浴びしながら突き進む!硬い木のイスにうずくまるように座って到着をじっと待ちます。

目の前に見えるのが、アウヤン・テプイ! 悪魔の山で・す・YO!

カナイマからラトン島へのボート

あの山のどっかしらかの頂上からエンジェルフォールが流れ落ちてるのであります!

途中、滝のある所に止まってランチタイム!開けてびっくり!ツナトマトスパゲッティのみがパンパンに詰まったランチボックスが配られました!炭水化物好きの僕にはたまらなくイェかったですが。

そして再びボートに乗ってラトン島を目指します!ここからの道のりがめっちゃ長く感じました。景色はイェイのですが、さすがに長時間ボートに乗ってると疲れてきます。途中からライフジャケットをイスに敷いて座ってからはかなりラクになりましたが。

途中で何回か他のボートとすれ違いました!

カナイマからラトン島へのボート

他のボートを見ると自分たちのボートもこんなに水しぶきをあげて走ってたんだってことが分かります。確かに真ん中ら辺が一番濡れそう!

そしてようやくエンジェルフォールがチラっとお目見え!!

エンジェルフォール

分かりますよね!あの部分がエンジェルフォールで・す・YO! \(^o^)/

ちなみにエンジェルフォールが見えてきてもガイドが何にも言わないので、この感動の瞬間がどう訪れたかというと、

2号:「あれ、エンジェルフォール? かな?」

1号:「あっ、言われてみれば。」

2号:「やっぱあれ、そうだよな?」

1号:「うん。っぽいね。」

2号:「ガイドさん、あれ、もしかしてエンジェルフォール?」

ガイド:「うん。」

1号&2号:「やっぱあれがエンジェルフォールだったか。ふーん。」

イェイんです! 別に盛り上げてもらわなくてイェイんです!

出発前にガイドがビール2~3缶飲むようなツアーなんだから!(マジ)

エンジェルフォールが見えてきて、やっとこ到着かと思いましたが、まだ少しかかります。この後は川をウネウネ進むたびにエンジェルフォールが見え隠れするので景色もオモロくなってきます!

でもって、5時間かかってラトン島に到着!

ラトン島からは、

こんな感じでエンジェルフォールを見ることができます! ヽ(´▽`)/

ラトン島から見たエンジェルフォール

この時の感想は、滝の迫力とか水の量とかではなく、とにかくエンジェルフォールまで辿り着いてホッとしたというのが正直な所。そしてもっとホッとしたのがこの後の日程変更!本来の予定だと、ラトン島到着後すぐにエンジェルフォールの全景がイェイできる「ライメ展望台」まで行く予定でしたが、もう日が暮れ始めてきているので次の日の早朝に予定変更!これが実にイェイ!

エンジェルフォールに日が当たるのは午前中なので順光で見られるのも午前だし(多分)、それより何より滝に虹が架かる可能性があるのも午前中(多分)! なので、僕的には絶対「午前中にライメ展望台に行きたイェイ!」と思ってたので、この日程変更は大歓迎イェ~イ!

上の写真の景色が見られる場所から2~3分歩いた場所に僕たちが今晩泊まるキャンプ地があります。

ここでは全員ハンモックだぜイェ~イ!

ラトン島のキャンプ地

この写真は次の日の朝撮ったものです。トイレはありますがシャワーはないので近くの川にザブンといった感じです。人数分のブランケットは用意されてましたが夜は寒いので長袖は持っていった方がイェイです。あと電気はないので懐中電灯は必須!ライメ展望台へは夕方(帰りが暗い)、もしくは早朝(行きが暗い)に行くので、その際も懐中電灯が必要になります。蚊帳はありませんでしたがそんなに気になりませんでした。

ラトン島到着後は夕食まで何もすることがなくなったのでこのツアー得意のフリータイム!僕はエンジェルフォールを眺めながら川に浸かって遊んでました!贅沢なひと時ですが、ちょい寒かった!他の人たちは読書したり、お酒を飲んたりと各々のフリータイムを過ごします。

そしてだんだん暗くなり、

月とエンジェルフォール!

月とエンジェルフォール

ほんのちょこっとだけ、本当~にちょこっとだけ期待していたのですが、さすがにエンジェルフォールがライトアップされることはありませんでした!イェ~イ! (゚∀゚)

で、この日のディナーは直火焼きチキン!!

ラトン島夕食のチキン

これにご飯とサラダが付いてきます。めっちゃウマかった!「マナウス(ブラジル)のアマゾンジャングルツアー」でジャングルボーイが焼いてくれたチキンよりウマかった!この後、他のメンバーにもらったラム酒を飲んで、ハンモックで就寝。疲れているわ、アルコール入ってるわでハンモックでもぐっすり眠れました。

で、3日目! いよいよこのツアーのハイライト!

この日は早朝4時にガイドに起こされ、朝食前に「ライメ展望台」へとトレッキング!

まだまだ真っ暗で・す・YO!

ライメ展望台へ

ガイドの指示通り、海パンにトレッキングシューズという格好でジャングルをひた歩く!足元が滑りやすいので両手の空くヘッドライトの方が絶対イェイ!

そしてジャングルの中を歩くこと1時間強。

遂に!遂に! エンジェルフォールの全景とご対面で・す・YO! ヽ(´▽`)/

ライメ展望台から見たエンジェルフォール

ここまで記事を読んできた方々にとっても、やっとこ登場となりました!これが世界最大落差979 m を誇るエンジェルフォール!ジャイアント馬場を縦に468人も積んだ高さとなるのだから驚きです!!

山の頂上部分に朝日が当たってほんのりピンクがかってるのがイェイ感じでしょ!

エンジェルフォールは余りにも落差がありすぎて、途中で霧になってしまい滝壺が存在しないということで有名です。

滝の真ん中辺りを見てみると確かに霧状に!

ライメ展望台から見たエンジェルフォール

そしてこちらが滝の一番下になります!

ライメ展望台から見たエンジェルフォール

滝壺が全くないわけではなさそうですが、これだけの水量にしては確かに水がたまっていない!

みんな記念撮影でヤンヤヤンヤ盛り上がってると、

やがて滝の上の方から日が当たり始めていきます! \(^o^)/

ライメ展望台から見たエンジェルフォール

天気に恵まれて見事に日が当たっていくエンジェルフォール!最終的には滝全体に日が当たります!みんな、日が出てくるまでの間に記念撮影は一通り終わったかなってくらいパシャパシャやってましたが、日が当たったエンジェルフォールで再度、記念撮影イェイ!

そして、再度ヤンヤヤンヤ盛り上がってると、誰かが「見ろ!見ろ!」とテンションうなぎ登り!

よく見ると、滝の真ん中の方に虹がイェイしてるぜイェーーイ!! v(≧∇≦)v

ライメ展望台から見たエンジェルフォール(虹)

これにはマジ感動! d(☆▽☆)b

ライメ展望台から見たエンジェルフォール(虹)

そしてその虹は、どんどん大きくなっていき最後には、、

こうなったぜイェイ! イェイ! イェーーイ!! (該当する顔文字なし)

ライメ展望台から見たエンジェルフォール(虹)

まさかここまで感動的なエンジェルフォールが見られるとは思ってなかったので鳥肌ものでしたYO!もちろん皆さん、これをバックに3度目の記念撮影に入るわけであります!

名残惜しいけれど別れを告げ、ラトン島からカナイマのロッジへと戻ります!

ラトン島からボートでカナイマへ

このラトン島でボートをとめてある左方向にエンジェルフォールがよく見えるので、

最後にさようなら、エンジェルフォール! (^0^)/~~

ラトン島から見たエンジェルフォール

最後の最後までバシっと見えていたエンジェルフォール!本当に天候に恵まれてイェかった!イェかった!こうしてツアー大成功でシウダー・ボリーバルへと帰っていったとさ。

そして何だかんだありましたが、ティウナ・ツアーズ、ありがとう!

ティウナ・ツアーズ(Tiuna Tours)

でも自信を持ってお勧めできるかどうかは、、、よく分からん。。

エンジェルフォールは天気とか色々ひっくるめて、

「運」かと!

以上、リアルタイム速報でした!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(リアル速報) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(ベネズエラ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(南米) 新着15件っす!

コメント

> 1.2号!
ベネズエラはちょろっと面倒くさい国だけどエンジェルはイェイっすよ~!思ったより簡単にイェイできるし!

今更ながら・・・
すごい写真で圧倒されちゃう。

いつの日かエンジェルしたいぜ!

> なべりさん!
アマゾンのような変り種の虫はいませんよ!蚊だけですよ!蚊なら日本にもいるので奥様もだいじょうぶなはず!!

> 10×10さん!
チキンの丸焼きは10人以上で食べてます!なので1人1羽ではありませんYO!南米はこの後コロンビアが待っています!イェイ!

> ソメソメさん!
エンジェルフォールはめっちゃ静かで・す・YO!滝壺がないので、滝が滝壺に叩きつける音がないですから!イェイ!イェイ!

カナイマ国立公園いぇい!!!!!!!!!!!!!!
エンジェルフォールの名前の由来ってそんなのでったんですね。
『こんなとことに天使いないだろ、、、?」と思ってたんですよ。

ところで、なんかエンジェルフォールって静かなイメージなんですが、実際どんなんでしょう?

「なるほど知図帳 2009」によると、カナイマ国立公園はベネズエラ初に登録された世界遺産なんですね! エンジェルフォールが世界遺産だとは知りませんでした!

あと、チキンの丸焼き、あれは何人で食べたんですか?

これで南米終わりかーっ! オランダも楽しんでYey!

いつか行ってみたい、コナンドイルの失われた世界。
ギアナ高地とエンジェルフォール。

でも、アマゾン同様、我が家にはとてもハードルが高いです。
虫嫌いの嫁あり。

イェーイ!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ