ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年2月 3日

トルコ2 / イスタンブール で更新


イスタンブールのホテル情報1 - スルタン・ホステル@スルタンアフメット地区 -

記事は [09年08月05日393 日目   トルコ 18日目 / イスタンブール のお話

8月5日-14日、トルコのイスタンブールで9泊もしちゃった日々のお話です!そんな長い長いイスタンブールのお話の始まりでーす!まずはホテルのお話からレッツらGO!!ちなみに今記事を書いている場所もイスタンブールですが、記事の内容は半年前イェーイ!coldsweats01

イスタンブールでは途中で宿を替えたので2つの宿に泊まりました!スルタンアフメット地区にある「スルタン・ホステル」に4泊、そして宿が満室で延泊できなかったためギュルハーネ駅のすぐ近くにある「メリフ・イキ」に移動して5泊しました!

そもそも何だってこんなに長くイスタンブールにいたのかと言うと、日本からの救援物資が届くのを待っていたからなんでーす!荷物の関係で日本からは「FedEX 」と「EMS (国際郵便)」の2つに分けて荷物を送ったのですが「EMS 」の受取りにかなり時間がかかってしまったのでイスタンブールの滞在が長くなっちゃいました!

ドタバタの救援物資受取りについては別の記事でお話しまっす!

そんなわけでまずはイスタンブール1発目のホテル!「スルタン・ホステル」をご紹介~~~!

スルタンホステル(SULTAN HOSTEL)

「スルタン・ホステル」はその名の通り「スルタンアフメット地区」にあります。イスタンブールの見所「スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)」と「アヤソフィア博物館」までは歩いて3分くらいで行けちゃいます!「トプカプ宮殿」や「地下宮殿」も歩いて10分圏内!便利だね~!

こちらは「スルタン・ホステル」がある「アクブユック通り」です!

アクブユック通り

たくさんの観光客で朝から夜まで賑わっていました。ホテルやレストランがたくさんあります。「安宿街」というよりはちょっとお洒落なホテル街という感じでした。小奇麗な感じの通りなので汚いバックパッカーにはちょっと恥ずかしい。。。夜はなかなかイェイ雰囲気になってレストランでビールを飲んだりディナーを楽しんだりしている観光客が多いのですが、この雰囲気だけあって結構高い。。。場所が良すぎるからかお手頃なロカンタ(食堂)や安ーいケバブ屋などは少なかったです。

お部屋はこちら!ツインのプライベートルーム!角部屋で風通しが良かったのでエアコンなしでも大丈夫!

スルタンホステル(Sultan Hostel)
  • ホテル代: 42ユーロ(約5,880円 2人分)、 言い値: 同じ

プライベートルームですが、シャワーとトイレは共同です。

スルタンホステル(Sultan Hostel) スルタンホステル(Sultan Hostel)

このホステルは1階がレストランで2階~4階が客室になっているのですが、各階にトイレとシャワーが1つありました。トイレとシャワーが付いている部屋もあったようですが、ちょっと混雑していたような。。。1日だけ私達の階のトイレが壊れてしまったのですがその時は結構大変でした。。。

ってここまでしれっと書いてきましたが、トイレとシャワー共同で42ユーロってトルコにしてはかなり高い!!本当はドミトリー(相部屋)に泊まろうかとも思ったのですが、あれこれ救援物資を受け取った後は個室でジャンジャカジャーンって広げてパッキングしたかったんでーす!ていうか、何か理由つけて個室でゆっくりしたかっただけなんじゃーん、贅沢イェイ、イェーイ!

ただ、ネットで探したり、現地で探したところ夏のイスタンブールのホテルは結構高い!そしてすぐに満室になっちゃう! なので救援物資が予定通りに届かず延泊したかった「スルタン・ホステル」が満室で延泊できなかった時が辛かった。周辺のホテルを探したところ、「スルタンアフメット地区」のホテルは週末だったからか、ほとんど満室で予約がとれませんでした。そんなわけでちょっと遠くの更に高いホテルに泊まることになっちゃいました!その様子はまた次回の記事でお届けします!

朝食はこんな感じイェーイ!

スルタンホステル(Sultan Hostel)

こちらはトルコ式朝食でっす!

朝食は、トルコ式、オムレツ、コーンフレーク、ミューズリーの4種類から選べます。コーヒー紅茶も飲めますYO!

この日は「ミューズリー」とやらにチャレンジしてみました。

スルタンホステル(Sultan Hostel)

「ミューズリー」とはオートミールやドライフルーツのシリアルです。てんこ盛りイェーイ!牛乳かヨーグルトをかけてもらえますYO!栄養バランスはすごく良さそうなのですがシリアルを食べなれていないからか、やたら腹が膨れるねー。トルコ式が一番食べやすいかもしれません。

朝食は1階のレストランで頂きまーす!オープンカフェになっているので気持ちイェイ!

スルタンホステル(Sultan Hostel)

しかーし・・・

気持ちイェイな~なんて、ポケーっと食べてると・・・

猫ににパン取られるので注意!!cat

スルタンホステル(Sultan Hostel)

ワン猫様にも会えなかったしパンは取られるし、トルコでは猫についていないですね~。しかもワタクシ猫アレルギーなんで猫苦手だし。

そして夕方は生ビールでイェーイ!

スルタンホステル(Sultan Hostel)
  • 生エフェスビール1杯: 5TL(約325円)

「スルタン・ホステル」のレストランで、トルコで有名なエフェスビールの生を発見してイェーイ!本当は6TLなのですが宿泊客は5TLでイェーイ!できまーす!観光で歩き疲れた後の生ビールは最高イェーイ!

そして気になる「Wi-Fi 」はこちら1階のレストランで無料で使うことができました!本当は部屋でもつながるっぽいのですが、残念ながら私達がいる時は残念ながらつながりませんでした。。。pc

「スルタン・ホステル」には洗濯機や乾燥機がないので、向かいにある「STAR LANDRY」に洗濯物を出しました!

Star Laundry
  • ランドリーサービス(洗濯&乾燥)1キロ: 4TL(約260円)

た、高い・・・私達は3.5キロで本当は14TL のところを、少し安くしてもらって13TL(約845円)で出しました。自分で洗濯しろ~~、イェーイ!

イスタンブール1発目の宿「スルタン・ホステル」は欧米人バックパッカーが多かったので、オーストラリアのバッパー(バックパッカーが泊まる安宿)を思い出す雰囲気でした。トルコの他の街では宿のスタッフ!と言えばおじさまが多かったのですが、こちらの宿のスタッフは若いスタッフが多かったのもバッパーっぽいなあ~。トイレとシャワーが少ないのは残念でしたが、気楽な感じで居心地は悪くなかったです!ちょっと高いですが。。。まあ、ドミトリーは半額くらいだったのでその方が良かったなあ~。

お次はイスタンブール2発目のホテル「メリフ・イキ」についてお届けします!日本語ペラペラのスタッフがいらっしゃる素敵な宿なんですよ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

コメント

> あっきィェーイ!さん!
こんにちは、イェーイ!
ブログ見て頂いているようでありがとうございまっす!
何と、8月12日と13日にメリフ2に泊まっていらっしゃったとは、ニアミスイェーイ!!!
共有スペースでお会いしていた可能性が高いですね!
また世界のどこかでお会いしたいです。イェイ、イェイ、イェーイ!

はじめまして。
いつも楽しくブログ見させてもらっています!!
ボクは世界1周してるわけではないのでいつかイェーイ!のお二人に会いたいと思っています( ´∀`)

でも、今日の記事見てて気づいたんですが、、、、


実は

ボクも8月の12,13日はメリフ2にいたんですよ。


ってことで、知らないうちにかなーりのニアミスしてたみたいです 笑


次回のメリフ2の記事楽しみに待っています☆

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ