ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年2月 2日

トルコ2 / イスタンブール で更新


マルマリスからイスタンブールへ夜行バスで移動!!

記事は [09年08月04日392 日目   トルコ 17日目 / マルマリス のお話

8月4日、ギリシャのロードス島の拠点となった街「マルマリス」から東洋と西洋の交差点!「イスタンブール」へ夜行バスで移動した時のお話です!いよいよトルコの旅も大詰めに入ってきました。ヨーロッパまであと少しです!

今回の移動は13時間半!となかなかの長時間移動となりました。マルマリスで泊まっていた「ナーディル・ホテル(Nadi Otelr)」のマネージャーには飛行機(トルコ航空)での移動を進められましたが、バスが1人54TL(約3,510円)だったのに対し飛行機は100TL(約6,500円)以上だったので、もちろん私達はバスで移動イェーイbus

ちなみに飛行機の値段をシーズンオフの現在(2010年1月)ネットで調べてみたら、何と条件次第では50TL(約3,250円)以下で行けるっぽいでーす。airplane

さて、マルマリスからイスタンブールまでのルートはこんなかんじ!

マルマリス市内 ⇒ マルマリスのオトガル ⇒ イスタンブールのエセンレル・オトガル ⇒ イスタンブールのスルタンアフメット地区

そして1人分のバスの費用と所要時間はこんな感じ!moneybag

【移動1: マルマリス市内 ~ マルマリスのオトガル(長距離バスターミナル)】

  • セルヴィス(無料送迎バス)
  • 所要時間: 約5分(19時25分~19時30分)

【移動2: マルマリスのオトガル ~ イスタンブールのエセンレル・オトガル】

  • バス代: 54TL(約3,510円)、 言い値: 70TL(4,550円)
  • 所要時間: 約13時間30分(20時00分~9時30分)

【移動3: イスタンブールのエセンレル・オトガル ~ イスタンブールのスルタンアフメット地区】

  • セルヴィス
  • 所要時間: 約35分(9時50分~10時25分)

マルマリスからイスタンブールまでのバスのチケットは「efe tur 」で購入!

マルマリスバス会社(efe tur)

右のおじさまがバス会社のスタッフです。

マルマリスの街の中心地大型スーパー「タンサシュ」のすぐ横にバス会社のオフィスがずらーっと並んでいます。

マルマリスバス会社(efe tur)

何軒かバス会社を回ったところ「efe tur 」が一番安かったのでこちらに決定!マルマリス発イスタンブール行きは何と「ノーマルバス」と「デラックスバス」があるんです!もちろんセカイェは「ノーマルバス」でイェーイ!!

「ノーマルバス」の最初の言い値は70TL(4,550円)でしたが、2号が安くして~とお願いしたところ、70TL ⇒ 60TL ⇒ 55TL ⇒ 54TL とズリズリと値下げに応じてもらえました。しかし言い値から16TL も下がるとはすごいなあ~。

実はバスが出発してから休憩所で他のお客さんのおじさんにバスのチケットをいくらで買ったか聞いてみたところ何と60TL で購入していました。トルコの方よりも安く買えたのはちょっと嬉しイェイ!!まあおじさんは1人だったので2人の方が値引いてもらいやすいですからね~。

ちなみに「デラックスバス」は85TL(約5,525円) だそうです。こちらも値下げしてくれるようで76TL(約4,940円)にはなりそうでした。「デラックス」と「ノーマル」の違いは聞き忘れてしまったのですが「ノーマル」でも十分居心地イェかったので「デラックス」じゃなくてもイェイかな~。

それでは、マルマリスから「イスタンブール」へ向けてレッツらゴー!

マルマリスのオトガル(長距離バスターミナル)へ向かうセルヴィス(無料バス)はバス会社の前から19時15分に出発することになっています。12時に泊まっていた「ナーディル・ホテル」をチェックアウトして、1階の共有スペースでネットをしながらウダウダと過ごします。チェックアウト時間が延長できないかマネージャーに交渉したんですが次のお客が来てしまうということで延長できませんでした。さすが、シーズン真っ盛り。。。

ホテルの共有スペースにいると日本人の女性の方がやってきました!イタリア、ギリシャ、トルコを旅されているそうで色々とイタリアやギリシャの情報を教えて頂きます。お会いした前日にロードス島からトルコに入国されたそうで「トルコは物価が安いなあ~」とのこと。イランからトルコに入った私達が「トルコ高い!高い!」と言い続けていたのとは大違いイェーイ!

そんなこんなで時を過ごしているうちに、出発の時間が近づいてきました!

まずはセルヴィスでオトガルへ向かいます。

セルヴィス
  • セルヴィス(無料送迎バス)
  • 所要時間: 約5分(19時25分~19時30分)、マルマリスの市内 ~ マルマリスのオトガル

セルヴィスはチケットを購入したバス会社のオフィスの前から出発です!マルマリスで泊まっていた「ナーディル・ホテル」からバス会社のオフィスは歩いてすぐのところ!こちらのホテル、大型スーパー「タンサシュ」もバス会社のオフィスも近いので本当にリッチな立地イェーイ!

ミニバスの中です!

セルヴィス

この時は大丈夫でしたが、混んでいる時は立ち乗りになったり、空いているスペースにお風呂の椅子みたいなのを置いてそこに座ったりすることがあります。

あっちゅうまにマルマリスのオトガルに到着でーす!

マルマリスオトガル

マルマリスのオトガルは結構山奥にあるんですYO!

こちらがイスタンブール行きのバスでっす!!

マルマリスからイスタンブール
  • バス代: 54TL(約3,510円)、 言い値: 70TL(4,550円)
  • 所要時間: 約13時間30分(20時00分~9時30分)、マルマリスのオトガル ~ イスタンブールのエセンレル・オトガル

チケットを買ったバス会社は「efe tur 」だったのですが、バスには「AYDIN 」と書いてありました。「efe tur 」は「AYDIN 」のバス会社の代理店も兼ねていたっぽいです。

バスの中の様子です。 やっぱりメルセデスベンツですよ!!

マルマリスからイスタンブール

「ノーマルバス」だったので、しょぼいバスだったらどうしようかと土っ器土器していたのですが、普通に快適そうなバスでほっと一安心!

そして20時頃に「イスタンブール」に向けて出発しました!

バスが出発すると前の方に家族連れで座っていた子供がバスのみんなにタッパに入った手作り風のお菓子を配ってくれました!このお菓子「歩き方」によると、「イルミック・ヘルワス」というセモリナ粉(小麦粉の一種)を練って作ったケーキっぽいです。写真撮り忘れた。。。トルコのお菓子にしては甘さ控えめで美味しかったです。お菓子だけでなく、パンももらっちゃいました!トルコではバスに乗っていると乗客の方から食べ物を頂くことが多いです!ありがたや~。

そしてこちらのバス「ノーマルバス」の癖にサービスが結構イェイ!!コロンヤサービス(軽い匂いの香水を手にかけてくれる)もあるし、熱々のコーヒーとお菓子のサービスもありました!今はコロンヤサービスをお絞りで代用するところも多いのにね~。

そして、夜中の23時30分頃。。。グースカ寝ていたら。。。

車掌さんにトントンと起こされました。。。

何かと思ったら。。。

アイスが登場だーー!!

アイス アイス

イェーイ!

イェイ、イェイ、イェーイ!

途中何箇所か色々な街のオトガルに寄って乗客を乗せて行くのですが、その時に冷た~いアイスが搬入されていたようです。バスでアイスのサービスがあるなんて初めてです!真夜中のアイスは太るな~とかブツブツ言いながらも完食イェーイ!残念ながら2号はこの時腹痛だか頭痛だか何だかで調子が悪かったので、アイスごときで叩き起こさずにそっとしておきました!coldsweats01

休憩を何回か挟んでバスは進んで行きます!いざ、イスタンブールへ!!

フェリー

朝6時頃にバスごとフェリーでイェーイ!

フェリー

フェリーに乗っている間は、私達もバスから降りることができます。相変わらず寝込んでいる2号を置いてウロウロしてみました。朝日が気持ちイェイ!フェリーには無料のトイレもありますよ~!ちなみにこのフェリーでどこからどこへ移動したのかはさっぱりわかりませーん、イェイ!

そしてフェリーから降りると・・・

お菓子

朝から熱々のコーヒーとお菓子のサービス、イェーイ!「ノーマルバス」でこれですから、「デラックスバス」は朝食でも出るんですかね?

そうこうしているうちに都会の雰囲気が漂ってきました。高層ビルなどが目立ってきます。お~、イスタンブールが近づいてきたのかな?車掌さんがゴミを集めたり机を濡れ布巾でふいたりしています。まだ乗客がいるんですが次の出発へ向けて準備をしているのかな!!

お~、これはアジアとヨーロッパの境界線「ボスポラス海峡」か?!鼻息が荒くなってくるぞーー!

ガラタ塔

イスタンブールには主に2つのバスターミナルがあります。1つは「エセンレル・オトガル」というイスタンブール西部にある巨大なオトガルで、もう1つは「ハレム・ガラジュ」というイスタンブール東部のアジア側にある小さなバスターミナルです。

バスに乗っていた半分以上のお客さんは先に到着した「ハレム・ガラジュ」で降りて行きました。「ハレム・ガラジュ」の前から出ている船に乗ると20分ほどで「スィルケジ」という「スルタンアフメット地区」からトラムで3分くらいのところに到着することができます。

私達はよくわからないのでポヤーっとオトガルまで行ってしまいましたが、絶対「ハレム・ガラジュ」で降りた方がイェかった!「ハレム・ガラジュ」から「エセンレル・オトガル」までが大渋滞でめっさ時間がかかった!!そんなに遠くないのに1時間くらいかかっちゃいました!ってワタクシ、イスタンブールは2回目なのに役に立たないね、イェーイ!

そして何とか「エセンレル・オトガル」に到着

イスタンブールオトガル

イスタンブール最大というだけあって、建物の構造がどうなっているのかよくわからないくらいでかい!!バスがいっぱいでオトガルの中に入るのに渋滞ができています。さすがはイスタンブール。

バスから降りて私達が泊まる「スルタンアフメット地区」へ向かうセルヴィスを探します。

イスタンブールオトガル

「スルタンアフメット地区」は世界遺産にも登録されている「ブルーモスク」や「アヤソフィア」があるところです。歩いて主要な観光地をまわれるのでリッチな立地なんです!

まわりの人に色々聞いて「スルタンアフメット地区」行きのセルヴィスを発見!

セルヴィス

セルヴィスに無事乗れて安心しましたがなかなか出発しません。セルヴィスが満席にならないと出発しないみたいです。出発してからもオトガルから道路に出るところが混んでいるのでなかなか進まな~い。。。。

私達はイスタンブールでは「スルタンホステル」という知名度の高そうな宿を予め予約していました。日本からカメラ関係の救援物資をホテルに送ってもらうことにしていたので、ガイドブックにも乗っている有名そうな宿にしたんでーす!セルヴィスの運ちゃんも「スルタンホステル」のことを知っていたので簡単に到着することができました!道は大渋滞でしたが。。。

そんなわけでこちらが「スルタンホステル」です!

スルタンホステル(SULTAN HOSTEL)

各国の観光客で賑わう「アクブユック通り」にあります。1階はレストランになっていて2階以上がホステルになっています。これぞ観光地な雰囲気がたまりませんね~!

やっとこイスタンブールに到着することができました!イスタンブールでは、出会いあり、世界遺産あり、救援物資の受取りあり、食あり、ビールあり?の盛りだくさんの10日間を送りました!次回からそんなイスタンブールの日々について延々とお届けします!

ち・な・み・に・今この記事を書いているのは半年後のイスタンブール、イェイ、イェイ、イェーイ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ