ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年1月15日

ギリシャ / カランバカ で更新


カッパドキアなギョレメから石灰棚なパムッカレへ移動!

記事は [09年07月30日387 日目   トルコ 12日目 / ギョレメ のお話

7月30日、世界遺産カッパドキアを堪能した「ギョレメ」から「パムッカレ」へ移動した時のお話です!パムッカレもトルコでは有名な世界遺産「ヒエラポリス-パムッカレ」の拠点となる街です!

今回の移動は、昼間にギョレメで「ギョレメ屋外博物館」と「パシャバー地区」をイェーイ!した後、夜行バスでの移動となりました!時間が有効に使えてイェイね!

バスのチケットはギョレメのオトガル(バスターミナル)で当日に購入しました。ギョレメからパムッカレまでは何回かバスを乗り換えなければなりません。

ギョレメからパムッカレのルートはこんなかんじ!

ギョレメ ⇒ ネヴシェヒル ⇒ デニズリ ⇒ パムッカレ

ギョレメ側は「ネヴシェヒル」、パムッカレ側は「デニズリ」のオトガルが、拠点となる大きなオトガルとなっていまっす。

こんなに乗り換えがあるんですが、ギョレメ ~ パムッカレのチケットは通しで買うことができました。さすが「ザ・観光地!」な路線を結ぶだけあって便利になっていまーす!運が良ければ乗り換えなしのバスもありそうな感じがしました。

1人分のバスの費用と所要時間はこんな感じ!moneybag

【移動1: ギョレメのオトガル ~ ネヴシェヒルのオトガル】

  • バス代: 35TL(約2,275円)、 言い値: 40TL (移動1 ~ 移動3 合わせての値段イェイ!)
  • 所要時間: 約15分(19時15分~19時30分)

【移動2: ネヴシェヒルのオトガル ~ デニズリのオトガル】

  • 所要時間: 約9時間50分(20時00分~翌朝5時50分)

【移動3: デニズリのオトガル ~ パムッカレの安宿街】

  • 所要時間: 約15分(6時00分~6時15分)

バスの乗換えが2回ありますが車掌さんが「これに乗り換えればイェイよ~!」と教えてくれるので楽ちんでっす。やっぱり通しで買っちゃうとイェイね~。

バスのチケットは「NEVSEHIRLILER」というバス会社で買いました。試しに「値引きして~!」とお願いしてみたところ最初は値引いてくれなかったのですが、私達が他のバス会社に行こうとしたら「分かった分かった値引いてやるから~。。。」ということで35TLでマネー成立!トルコはバス会社が多いので結構値引いてもらえることがあります!ダメもとで値切ってみるといいで・す・YO!

それでは「ギョレメ」から「パムッカレ」へレッツらGO~~~!

この日は泊まっていたホテル「オットマン・ハウス」をチェックアウトしてから「ギョレメ屋外博物館」と「パシャバー地区」をイェーイ!夕方頃にホテルに戻ってきて預けていた荷物を受け取って、歯磨きなどをしてから18時半過ぎにもっさりとギョレメのオトガルに向かいまーす!バスの出発は19時の予定なんでのんびりイェーイ!

もっさり、もっさり。ホテルからオトガルまでは歩いて5分くらいでっす。

ギョレメ

ギョレメのオトガルに到着!夕日が当たってイェイ雰囲気だね!

ギョレメオトガル

素敵な景色を眺めながら、のんびりとバスを待ちます。ギョレメは街中からこんな景色が楽しめちゃうんでイェイですね。泊まるならやっぱりギョレメがおすすめでっす!

ポヤーっとイェイ景色を見ていると19時過ぎにギョレメから「ネヴシェヒル」へ向かうバス登場!

ギョレメからネヴシェヒルバス

移動1のバスでーす!このバスにちょろっと乗って大きなオトガルがある「ネヴシェヒル」に向かいます。「ネヴシェヒル」もカッパドキアの観光の拠点となる町の1つです。ギョレメのように「窓の開けるとそこは奇岩!」という街ではありませんが、交通の便がイェイ街なので地下都市へ行く時や他の街に移動する時はこちらの方が断然便利でっす。

バスの中はこんな感じ!

ギョレメからネヴシェヒルバス
  • バス代: 35TL(約2,275円)、 言い値: 40TL (移動1 ~ 移動3 合わせての値段)
  • 所要時間: 約15分(19時15分~19時30分)、ギョレメオトガル ~ ネヴシェヒルオトガル

ハイ、いたって普通、いつもの同じトルコのバスでーす。
トルコのバスはいつも座席が指定されているのですが、この移動の時は適当に空いている席に座ってね~とバス会社のスタッフから言われました。ギョレメからネヴシェヒルはバスで15分くらいなのできちんと座席の管理をしていないようでした。

そして19時15分に「ギョレメ」から「ネヴシェヒル」に向けて出発!これまた景色がイェイ!!

ギョレメ

思わず「さよならギョレメ。」とつぶやいたら、隣に座っていたトルコの男性の方に

オ~、さよならギョレメ、グッバイギョレメ~、ヒャッヒャッヒャ~。

と反応されてびっくり!何とカッパドキアのガイドをされている方のようで日本語が少しわかるらしい。「こんにちは、さようなら、頭気をつけて~(地下都市をガイドする時に言うらしい。)」とか色々日本語をご存知でした。トルコの観光地は日本語を話せるトルコの方が本当に多い!何か日本語とトルコ語は発音が近いような気がします。「歩き方」のトルコ語会話をカタカナ読みでそのまま適当に発音すると結構通じちゃったりするんですよね~。トルコ語を話すとみんな喜んでくれるので楽しイェイで・す・YO!

そして19時30分に「ネヴシェヒル」のオトガルに到着しました!

ネヴシェヒルオトガル

さすがカッパドキア近辺の交通の拠点となるだけあって、大きなオトガルでした。世界遺産「ネムルット・ダー」を一緒にまわった日本のお姉さまもこの日に移動しているはずだったので、会えるかな~と思ったのですが残念ながら会えず!無念です!

そして20時にいよいよネヴシェヒルからデニズリに向けて出発しました!

ネヴシェヒルからデニズリバス
  • 所要時間: 約9時間50分(20時00分~翌朝5時50分)、ネヴシェヒルオトガル ~ デニズリオトガル

この移動2が今回のメインの移動となります。ちなみにこの写真は夜中に休憩所で撮った写真です。濡れているのは雨ではなくてバスを洗った後でーす。トルコのバスは休憩所で綺麗に洗車されるのでいつでもピカピカなんでーす!

休憩所はこんなに立派な建物です!トルコの西側にやってきて休憩所が立派になってきたような気がします。

休憩所

どうでもいいけれど、このバス約10時間の移動で4回くらい休憩があったような。その度に電気ついたりしておちおち寝ていられないぜ、イェーイ!休憩多すぎだーーー!

寝ていられない!とかブツブツ言いつつもガン寝していたら朝5時50分に「デニズリ」に到着!

デニズリオトガル

車掌さんが到着する2分前くらいに起こしてくれました。バタバタしちゃうから、もうちょっと早くに起こして欲しいな♪って起こしてくれるだけでありがたく思わないといけないですね。。。

デニズリからパムッカレまではドルムシュ(ミニバス)での移動となります!

デニズリからパムッカレドルムシュ
  • 所要時間: 約15分(6時00分~6時15分)、デニズリオトガル ~ パムッカレの安宿街

寝ぼけ眼で何とか乗り換えてパムッカレへ向かいます。まだ寝ていたかったからもう少し遅い到着でも良かったのに~なんて思っていると。。。

パムッカレの石灰棚っぽいのが見えてきました!!

パムッカレ

お~~、何かそれっぽいじゃん!ワタクシは10年以上前の卒業旅行で一度行っていますが、何となく鼻息が荒くなってきます。

そんなこんなで「パムッカレ」の安宿街に到着!!

パムッカレ

バス会社と提携している?旅行代理店の前に到着しました。この代理店の中で明るくなるまで待っていたらと言われましたが、すぐ近所にお目当ての宿があったのでそちらに向かうことにします。どうでもイェイですが、ギョレメ~パムッカレの移動は韓国の方がとても多かったです。この時期のトルコは韓国の方をよく見かけました。私が卒業旅行でトルコを旅行していた頃は日本人が圧倒的に多かったのですが、今は韓国の方の方が多いような気がしました。

さて、こちらが目をつけていた「ホテル・ムスタファ(Hotel Mustafa)」です。

ムスタファ

お値段もお手頃だし、Wi-Fi もつながるのでここに泊まろうと思っていたんです!しかしホテルに行ったところ何か入口に鍵が閉まっていてスタッフもいなかった。。。

結局マネージャーが7時頃にやってきました。どうやら提携しているバス会社のバスが到着するのを迎えに行っていたっぽいです。マネージャーは英語も日本語も堪能!やっぱり観光地のトルコの方は日本語が話せる方が多いです。マネージャーがやってきたのでホテルの中には入れたのですが、10時半までチェックインできません。しばし、ネットサーフィンなぞをして待ちます。今思うとネットサーフィンなんてしてないでさっさと観光に行けばイェかったな~。もったいないのー。

そしてようやくお部屋にチェックインできました!

ムスタファ
  • ホテル代: 25TL(約1,625円 2人分 エアコンなし)、 言い値: 40TLでエアコン付きをすすめられた

パムッカレは1泊だけの予定だったのでとにかく安くあげたかったんですよ!エアコン付きの部屋をすすめられましたが、あっさり却下。エアコンなしの25TLの部屋にしまーす!

お値打ちですが、部屋にトイレとシャワーもついていました。一応お湯も出ましたよ!

ムスタファ

ホテルも無事決まり、世界遺産「ヒエラポリス-パムッカレ」へそそくさと観光に出かけました!その話は次回に詳細をお届けします!

ほとんど滞在していませんが、パムッカレの街の様子をちょろっとご紹介!パムッカレは英語や、韓国語や、日本語の文字があふれている、「ザ・観光地」な街でした。

パムッカレ

10年以上前はこんなに、日本語や韓国語の表記はなかったような記憶があるんだけれどな~。

日本食も食べられるみたいですよ!

パムッカレ日本食

何と!ラーメンも食べられるのね~!なんて思っていたら。。。

ホテルでラーメン発見!!

ラーメン

フンガー!!!と鼻息を荒くしていたのですが、値段を聞いてしょんぼり。何と7TL(約455円)らしい。。。日本でもこのサイズなら200円あればおつり来るぞーーー。しかも奥のおばちゃんの顔怖いし。。。

そんなわけで、パムッカレではたくさんある日本食に手をつけられず、ビールとお菓子で過ごしたセカイェツアー。ラーメン食べたいねえ~!2号なんてヒマさえあれば日本で撮りためたラーメンの写真見てるしさー。

と、どうでもいい話題で終わってしまいましたが、次回は世界遺産「ヒエラポリス-パムッカレ」についてお届けしまっす!!こちらも複合遺産で・す・YO!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ