ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年7月13日

イラン / エスファハーン で更新


アーグラからデリーへ電車で移動!

記事は [09年06月20日347 日目   インド2 86日目 / アーグラ のお話

6月20日、「アーグラ」から首都「デリー」へ電車で移動した時のお話です。いよいよインドの最終地点デリーです!インド最後の移動かと思うと感慨深いものがあって泣けてきそうです。ていうかインドビザ切れるから早くインド出国しないと!!急げ~~!

アーグラにもデリーにもたくさん駅がありますが、今回の移動はアーグラの「アーグラ・カント(Agra Cantt )」駅から、デリーの「ニザームウッディーン(Nizamuddin )」駅までの移動です!train

アーグラからデリーへのチケットは2日前にホテルの近くの旅行代理店「Divy Forex Travel Information 」で購入しました。

Divy Forex Travel Information 旅行代理店

1人分の費用はこんな感じ!

  • 電車代: 140ルピー(約350円)、アーグラからデリー(エアコンなし寝台)
  • 手数料: 60ルピー(約150円)
  • 合計 : 200ルピー(約500円)

最初は手数料が100ルピー(約250円)と言われたのですが、最後は60ルピーまで値下げしてくれました。泊まっていたホテル「シャンティ・ロッジ(Shanti Lodge )」では、手数料を80ルピーまでしか値下げしてくれなかったので、こちらの旅行代理店の方が少し安かったです。ここの代理店では「ケオラデオ国立公園」と「ファテープル・シークリー」に行く車のチャーターもお願いしました。値下げもしてくれるしきちんとお願いしたことをやってくれるしオススメで・す・YO!

バスで行くことも考えたのですが、所要時間はバスが5時間くらいなのに対し電車だと3時間ということだったので電車にしちゃいました!

そして長時間の移動ではないのに、なぜか寝台での移動となりました。寝台しか選べなかったんで・す・YO!昼間の3時間の移動で寝て移動するんですかね~?昼間からゴロゴロしていて良いものなのか?!

それではレッツ・ラ・GO!

朝7時半に泊まっていたホテル「シャンティ・ロッジ」をチェックアウトして出発!

シャンティ・ロッジ
  • 「タージ・マハル」が見えるホテル、シャンティ・ロッジはエアコン付きダブルで1泊500ルピー(約1,250円)

    オートリクシャーで「アーグラ・カント駅」へ向かいまーす!

    オートリクシャー
    • オートリクシャー代: 50ルピー(約130円)、言い値:60ルピー(約150円)
      所要時間: 13分(ホテル~アーグラ・カント駅)

    さくっと「アーグラ・カント駅」に到着!

    アーグラ・カント駅

    ホームで何か美味しそうなもの発見!

    ワダ(vada)
    • VADA: 10ルピー(約25円) 熱々パンとココナツソースがウマ~ インド食万歳!

    インド最後の移動?なのでワダ(VADA:揚げパン)を買い食いしまーす!最後がどうとかじゃなくて、ただ食べたいだけ?

    小腹が満たされたところで、私達の電車が来るホームへ移動します!

    アーグラ・カント駅

    電車は8時半頃に出発する予定なのですが、なかなかやってきません。

    暇を持て余した2号は・・・

    靴磨きしてもらいました!

    靴磨き

    すっかり剥げた靴に靴墨をつけてシュッシュ!shineshine

    靴磨き

    白いところには泡?をつけてさらにシュッシュ!shineshine

    靴磨き

    ピカピカー! キラキラー!shineshine

    靴磨き
    • 靴磨き: 10ルピー(約25円)

    靴にはこだわる男2号もご満悦!catface

    ・・かと思いきや、「お気に入りの靴を、茶色い靴墨で塗りたくられただけ!」とブツブツ申しておりました。私はそれなりに剥げたところが茶色くなって良かったんじゃないかと思っていたんですが、難しいもんですね~。

    ちなみに靴磨きしてくれたこちらのお兄さんは、この後私達が乗った列車に乗り込んでチャイを売っていたそうな。何でもやるのね!

    そんなこんなで暇をつぶしていたのですが、私達が乗る電車がなかなかやってきません。何本か電車はやってくるのですが隣に座っていたおじさんに聞くと「違うよ~」と言われてしまいます。

    そうこうしているうちに、隣に座っていたおじさんも別の電車に乗って行ってしまいました。。。おじさんをお見送りしようと電車をボケーっと見ていると、去っていく電車の中からおじさんが別のホームを指差して叫んでいました。

    おじさんが指差す方を見てみると、何かホームに電車が来ている!

    他の人にも聞いてみると、どうやら私達が乗る電車らしい。何でいつのまにかホーム変わるのよ~~!この電車はアーグラが始発ではないので、停車時間はそんなに長くないんです。頻尿人(ひんにょうびと)の代表2号は3回目のトイレでいないし~。3回も行かなくてもいいじゃん!ギャー!angry

    頭を掻きながらトイレから戻ってきた2号と一緒に慌てて階段を駆け上がってそちらのホームへ移動します。runrun

    この電車だーー!

    電車
    • 電車代: 140ルピー + 手数料: 60ルピー = 合計:200ルピー(約500円)
      所要時間: 3時間30分(アーグラ・カント駅~ニザームウッディーン駅 MAHAKAUSHAL EXP )

    電車は発見しましたが、ものすごーく長い電車なので自分の座席の車両を見つけるのが大変です。近くにいた駅員さんに聞いてみたところ、私達がいたところのすぐ近くの車両だということが判明し慌てて乗り込みます。ヒー!何とか間に合ったー。インドの電車って自分の車両がどこかわかり辛い~~!

    電車は8時半に来る予定でしたが、結局30分遅れの9時頃にやってきました。遅れるのはともかくホームが変わるのは土っ器土っ器しちゃいます。

    中の様子はコチラ!

    アーグラ・カント~デリー

    寝台なので昼間からみんなで寝ながら移動するのかと思っていたのですが、そんなことはなく座っていらっしゃる方が多かったです。夜移動する時は、下段の背もたれを上から吊り下げて中段として、1列で上段、中段、下段と3人寝られるようにセットするのですが、昼間はそのようなセットはしていませんでした。

    ちなみに私達は上段と中段の席となっていました。中段はないため2号は下段でおとなしく座り、私は下段に座らないで、ほとんどの時間を上段でゴロゴロして過ごしました。下段に3人全員座るとちょっと暑苦しいんですよね~。ゴロゴロ大好き、イェーイ!

    お牛様がゴミを漁っています。インドらしいこんな風景ともあと少しでお別れだ~。taurus

    アーグラ・カント~デリー

    ポケラーっとしていると12時半頃に「デリー」に到着!

    デリー Nizamuddin R.S.

    到着したのは「ニザームウッディーン(Nizamuddin R.S.)」駅です!

    デリー Nizamuddin R.S.

    デリーは首都だけあって駅がたくさんあります。バックパッカーに人気の有名な安宿街メイン・バザールがあるニューデリー駅など有名な駅も多いですが、私達が到着したのはマイナーな「ニザームウッディーン」駅でした。

    ニザームウッディーン」駅は世界遺産「デリーのフマユーン廟」のすぐ近くで、コンノートプレイスなどデリー中心地から6kmくらいのところにあります。

    デリーでは私の希望で「コンノート・プレイス」という都会のど真ん中に泊まる事にしました。10年前インドに来た時に、バラナシやらプリーやらアーグラやらを回って最後にデリーのコンノート・プレイスにやって来たのですが、その都会さに感激したんです!その時以来一度泊まってみたい憧れの地だったんで・す・YO!

    ここから「コンノート・プレイス」へはオートリクシャーで向かいます!

    デリー プリペイドタクシー
    • オートリクシャー代: 70ルピー(約180円)
      所要時間: 40分(ニザームウッディーン駅~コンノート・プレイス)

    ニザームウッディーン」駅のオートリクシャーはプリペイド(前払い)方式になってます。駅を出て左側の建物で行き先を行ってお金を払います。

    ここのプリペイドの建物が「ペンキ塗りたて」だったようで、、、

    不幸な2号はこんな憂き目に。。。

    手

    でも優しいオートリクシャーの運ちゃんが水で濡らした布を持ってきてくれたので大丈夫だドン!happy01

    そんな優しい運ちゃんのお顔がうっすらと鏡に映っております。

    オートリクシャー シャー・ルク・カーン
    • 鏡の中のハート型のお方はインド映画を代表するスター「シャー・ルク・カーン」。ファンなのね。

      インド門が見えてきました!いよいよデリー中心部だーー!

      インド門(India Gate)

      そして憧れのコンノート・プレイスです!

      コンノート・プレイス

      今までのインドではあまり見かけなかったような立派なビルが見えてきました!お目当てのホテルの場所がわからずコンノート・プレイスをグルグルとまわります。

      13時半頃に「コンノート・プレイス」に到着!

      コンノート・プレイス

      お目当てのホテルは「ホテル・コース(Hotel The Corus)」です!

      HOTEL THE CORUSE
      • 番犬?がドデーンとお出迎え~♪

        ニザームウッディーン駅からホテルまではオートリクシャーで40分くらいかかりました。6kmとそれほど遠い距離ではないのですが、道が混んでいたのとホテルの場所がわからなかったのとで時間がかかったんです!

        こちらのホテルは地球の歩き方に「PCがあれば部屋でインターネットが使える。」と書いてあったのでやってきたんです!コンノート・プレイスのど真ん中というリッチな立地というのもポイント高かったです。

        フロントの様子です。フロントの手前はコーヒーショップになっています。

        HOTEL THE CORUSE
        • ホテル代:3,000ルピー(約7,500円)、 言い値: 4,500ルピー(約11,250円)、
          (ダブルルーム、エアコン付き)

        「朝食いらないから値下げして~!」とお願いしてみたところ、「ブレックファーストを食べるのはマストだから、それで値下げはできませーん!」と言われてしまった。。coldsweats01

        こちらのホテルちょっと高めですが、コンノート・プレイスでインド最後を堪能したい!という1号のたっての願いで、イェーイ!しちゃいました。

        お部屋もバスルームもとってもキレイでした!

        HOTEL THE CORUSE 部屋

        HOTEL THE CORUSE 部屋

        ちゃんと部屋で「Wi-Fi 」を使うこともできました。結構早くて快適でした。

        ふとカーテンを開けて見ると窓に大きなヒビが入っていました。。。値切りすぎたから一番悪い部屋を割り当てられたのか。。。見なかったことにしよう。。。どうでもいいですが、私達ってこういうこと多い気がします。 sweat01

        そして、こちらが「マスト」な朝食です!

        HOTEL THE CORUSE 朝食

        パンと卵を好きなように焼いてくれる日もあれば、

        HOTEL THE CORUSE 朝食

        ビュッフェ形式の日もありました。鳥のから揚げみたいなのが美味しくて肉に飢えていた私達は朝からガン食いしちゃいました。お客さんが多い日はブッフェ形式にしているようです。宿泊客はインドのビジネス関係の方が多かったですが外国人観光客も少しだけいらっしゃいました。

        このホテルを拠点にして、デリーの世界遺産を3つイェーイ!しまーす!最後のインドを楽しむぞ~~!

        clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

        イランのビザの関係で日程が厳しく記事をup することができませんでしたが、イランの世界遺産を順調にまわっています!イランの方々って本当に親切です!

        下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
        少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        ページトップへ

        この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

        この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

        私、コメントします!

        みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
        「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

        コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

        【お願い】
        コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
        該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


        画像の中に見える文字を入力してください。


        ページトップへ