ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年7月21日

トルコ / ドウバヤズット で更新


インドの首都デリーでの華麗?(カレー)な日々

記事は [09年06月20日347 日目   インド2 86日目 / デリー のお話

6月20日-25日、首都「デリー」でちょっと高めのホテルに泊まり、インドを華麗に締めくくった日々のお話です!5泊と結構のんびりしたはずなのですが、3つの世界遺産をまわって、インド料理たくさん食べて、ビール飲んでいるうちに、あっという間に最後のインドが終わっちゃいました!今回は、デリーの世界遺産以外(ほとんどご飯情報ばっかりcoldsweats01)のお話をお届けします。

ちなみにデリーでイェーイ!できる3つの世界遺産はこちら!

私達は、デリー中心部のコンノート・プレイスにある「ホテル・コース(Hotel The Corus)」というホテルに泊まっていました。こちらのホテルかなり値段が高いんですが、一見するとホテルとはわからない門構えです。

入口はこれでーす!

HOTEL THE CORUSE
  • ホテル代:3,000ルピー(約7,500円)、(ダブルルーム、エアコン付き)

そして入口を入るとまずお洒落なカフェがあり、これまたホテルとは分かり辛い!カフェの奥にある扉を開くとやっとこホテルのフロントに行くことができます。部屋の様子は前回の記事をどうぞ!

ここからご飯情報、イェーイ!

まずは、デリーで最初に食べたマクドです!

ホテルのすぐ近くにあります!

デリー(DELHI)マクドナルド
  • いつも大混雑!

    注文したのはコチラ!

    デリー(DELHI)マクドナルド
    • チキン・マハラジャ・マックのセット: 124ルピー(約310円)
      ベジタブル・パニール・ラップのセット: 124ルピー(約310円)
      同じものがムンバイでは128ルピー(約320円)。地域差があるのかな?

    インド料理大好き!と言いながら、やっぱり体が欲しているのはジャンクフード!ハンバーガーもポテトもコーラも大好き!セカイェは日本食がなくても生きていけますが、ジャンクフードがなかったら生きていけないでーす。あとビールも。beer

    そういえば、10年前初めてデリーに来た時もマクドナルドに行きました。その時はムニョーっとした羊肉の柔らかいパテが挟まったバーガーしかなく、羊キライなワタクシはげんなりした記憶があります。

    その頃と比べるとチキンマハラジャマックもベジタブル・パニール・ラップ(チーズを揚げたものをピタパンみたいなので包んだやつ)もとても美味しかったです!素晴らしい!

    ちなみに世界で食べたマクドナルドのその国ならではのメニューで1番美味しかったのはマレーシアの辛うまい「スパイシーチキンバーガー」で、2番目に美味しかったのがUAE(ドバイ)の「マック・アラビア」でした!野菜たっぷりでヘルシーなチキンサンド「マック・アラビア」についてはまた後日up します!(いつになることやら・・・) coldsweats01

    お次はマンゴーの種をくり抜いて中にアイスを詰めた贅沢なデザートです!

    ネットで見つけて一度食べてみたかった「マンゴー・クルフィ」を食べに「Kaleva 」というお店へGO!クルフィというのは、卵を使わないアイスクリームです。宗教上の理由で卵を食べない方が多いインドではよく食べられるデザートのひとつです。

    私達は、世界遺産「レッド・フォートの建造物群」に行く前にこちらのお店に行きました。コンノート・プレイスからはちょっと離れているのでオートリクシャーでGO!5分くらいで30ルピー(約80円)でした!

    KALEVA KALEVA

    お店の概観

    清潔感のある店内

    2号が選んだのはスティック・クルフィ!棒アイスです。

    クルフィ(KULFI) クルフィ(KULFI)

    スティック・クルフィ: 17ルピー(約40円)

    まろやか~な味わい!

    そしてこちらがお楽しみのマンゴークルフィ

    マンゴークルフィ
    • マンゴー・クルフィ: 1個70ルピー(約180円) 結構高い!

      目の前で皮を剥いてもらって、

      マンゴークルフィ

      頂きまーす!delicious

      マンゴークルフィ

      キーンと冷たくてめちゃめちゃ美味しかったです!アイスがあっさりしているので、こってりしたマンゴーと合います!結構なボリュームなのでお腹いっぱいになります。アイスにピスタチオが入っているのもイェイ!ちなみに、住所は「109 Gole Market, New Delhi」です。コンノート・プレイスから西側に進んだところあります。

      さて、甘いものの次は辛いもの!インドはやっぱりカレーです!

      ホテルから歩いて10分くらいのところの南インド料理のベジタリアン・レストラン「サラヴァナ・バワン」に行って来ました!北インドで南インド料理、イェーイ!

      こちらが「サラヴァナ・バワン」!

      サラヴァナ・バワン(Hotel Saravana Bhavan)
      • アルカ・ホテルというホテルの隣にあります。左はマクドナルドでした。

        こちらが2号セレクトのミールス(南インドのカレー定食)。

        ミールス
        • ミールス: 1個117ルピー(約290円)
          カレーはうまいが、ご飯がパサパサじゃなかったのが残念だったらしい。

          こちらは1号が頼んだ「バター・マサラ・ロースト・ドーサ」。ドデーン!

          マサラ・ドーサ
          • バター・マサラ・ロースト・ドーサ: 1個85ルピー(約210円)
            チャツネ(カレー味のソース)が激ウマ~。

            見た目はインパクトありますが中はスカスカ!

            マサラ・ドーサ
            • 奥の方にうっすら見えるのがカレー味のじゃがいも君

              「バター・マサラ・ロースト・ドーサ」は普通のマサラ・ドーサよりもちょっとゴージャスな「マサラ・ドーサ」です。最後ってことで店員さんに進められるがままに頼んじゃいました!イェーイ!私はインドのカレー料理の中で「マサラ・ドーサ」が一番好きだったな~。

              本場の南インドでは「ミールス」も「マサラ・ドーサ」も30ルピーくらいで食べられたのですが、ここのお店はちょっと高いです。でもエアコンが効いているし、お店は清潔だし、デリーで南インド料理が食べられるのはイェイ!と思います。

              最後にお店のパンフレットをよーく見たら、ここのお店はグローバル展開しているそうで、私達がインドの次に行くオマーンにも、その次に行くUAE(ドバイ)にも出店しているらしい。インド最後ってことで鼻息荒くして来たのに。。。shock

              そして最後は肉です!肉!やっぱり肉でしょ!

              泊まっていたホテルの裏口から映画館の方へ3分程歩いたところにある「Nizam's Kathi Kabab」ではとってもジューシーなお肉を薄いパンで巻いたものが食べられます!

              Nizam's Kathi Kabab Nizam's Kathi Kabab

              奥にある緑色のソースはしょっぱいミントのソース

              中身はこちら

              2号はダブルマトン・ダブルエッグロール(140ルピー:約350円)を、私はダブルチキン・シングルエッグロール(130ルピー:約330円)をお持ち帰りして食べました。バター?たっぷりのナンのような薄いパンに卵焼きとジューシーなお肉をたっぷり乗せてクルクル巻いてあります。卵とお肉の量は「シングル」か「ダブル」で選ぶことができます。緑色のミントのソースがさっぱりして美味しいです。

              そしてこのロール、ボリュームたっぷりです。ビールを飲みながらがっついたところ、私はあまりにお腹いっぱいになって、コテンとひっくり返りました。。。

              そうです。こんな美味しいお肉にはビールで・す・YO!

              ホテルで頼むと小瓶で140ルピー(約350円)とありえない程高いのですが、こちらのワインショップなら500mlのロング缶のキングフィッシャーが40ルピー(100円)で買うことができます。ちなみにこちらの酒屋、最初はキングフィッシャー1本を45ルピーで売ってきました。現地の人が払っている金額を要チェックです!

              バリスタというお洒落なカフェの近くにある酒屋です。

              酒屋

              インドの酒屋のメンズ

              酒屋
              • 奥に見覚えのある輩が1名。。。

                そんなこんなで「インド最後」という大義名分のもと美味しいものを贅沢に食べまくった美味しい毎日でありました。ちなみにインドの後に訪れたオマーンもUAE(ドバイ)もたくさんのインドの方が働いていらっしゃるため、美味しいインド料理を気軽にお手ごろ価格で頂くことができましたとさ。。。

                ここからはデリーの食べ物以外の情報でーす。

                毎度おなじみ「Wi-Fi 」情報、イェーイ!

                泊まっていたホテルで「Wi-Fi 」が使えたので情報がありましぇん。都会なコンノート・プレイスですがネットカフェはそれほど見かけませんでした。お洒落で高級そうなカフェが何軒かあったので、おそらくそこでは使えるのではないかと思われます。

                続いて本屋情報、イェーイ!

                ホテルのすぐ近くにはガイドブックを売っているような本屋もありました。

                本屋

                本屋では絵葉書やヒンドゥー教の神様の解説本なども売っているのでお土産探しにもよいかと思います!

                そして、セカイェ初めての郵便情報!

                postoffice 郵便局が近所にあるので、日本に小包を送ることもできます!

                私達も、ボロボロになるまで着たパンジャービー・ドレスと歩きにくかったので2回しか着なかったサリーなどを日本に送ってみました。

                まず郵便局の中に入って、小包につける紙を2枚もらいます。この紙に、パスポート番号や送り先の住所、中に何が入っているのかを書きます。

                次に、一旦郵便局を出て小包を梱包してもらいます。郵便局の前に小包おじさんがいて、みんなの荷物を梱包しています。私達が行った時は何人か並んでいたので結構時間がかかりました。

                ガムテープを貼って、

                郵便局小包送付
                • 梱包代: 1個70ルピー(約180円)

                  布でくるんで、

                  郵便局小包送付

                  太い糸で縫います。

                  郵便局小包送付

                  パスポート番号などを書いた紙は1枚は小包に縫い付けてもらい、1枚はそのまま郵便局に提出します。縫い終わったらマジックで表面に住所を書きます。

                  巨大な「はんぺん」のようなものができあがりました。

                  郵便局小包送付

                  再び郵便局の中に入り、小包と、パスポートのコピー(10ルピー:約25円)と、パスポート番号などを書いた紙を窓口に出します。

                  荷物を計量してもらい、気になる送料は?!

                  755ルピー(約1890円)でした!

                  航空便なのでちょっと高いですな。。。6月24日に送って6月30日に到着して東京の父号が見事受け取りました。!1週間かかっていないので結構はやかったです!

                  最後にデリーのお買い物(日用品)情報!

                  オマーンに入る前に日用品を色々買い込みました!

                  こちらはホテルから5、6軒隣にあるお店です。

                  コンノート・プレイス 化粧品屋

                  シャンプー、リンス、お気に入りのニベア製品など色々買うことができました。

                  コンノート・プレイス 化粧品屋

                  しかーし、オマーンでスーパーに行ってみたところ素晴らしい品揃えにびっくり。。。ニベア製品とかだと値段もそんなに変わらない。オマーンで買っても良かったです。

                  コンノート・プレイス以外のところにもちょっとだけ行ってみました!

                  デリーで一番のデパートと地球の歩き方に書いてある「アンサル・プラザ」へGO!

                  アンサル・プラザ(Ansal Plaza)
                  • オートリクシャー代: 50ルピー(約130円)、 所要時間: 30分(アンサル・プラザ~コンノート・プレイス)

                  大きなデパートには大きなスーパーがあることが多いので行ってみました。インドの大きなスーパーを見てみたかったんです。

                  しかーし、アンサル・プラザにはスーパーがなかった。。。orz

                  そんなわけで、アイスを食らって帰ったとさ。

                  バスキン・ロビンス(Baskin-Robbins) バスキン・ロビンス(Baskin-Robbins)

                  バスキン・ロビンス

                  アイス: 50ルピー(約130円)

                  バスキン・ロビンスは日本では「サーティワン」という呼び方でおなじみですが、海外では「バスキン・ロビンス」という呼び方で呼ばれています。このアイスもベジタリアン向けに卵が入っていないみたいです。普通に美味しかったでっす!ちょっと高いけれど。。

                  以上デリー情報終了でっす!イェーイ!

                  色々あって3ヵ月も過ごしたインドもおしまいかと思うと感慨深いものがあります。ここは涙ながらに総括したいところですが、時間がないのでインドで一番よく食べたものをご紹介して締めくくることにします!

                  インドで一番食べたのはコレです!

                  GOOD DAY
                  • GOOD DAY クッキー カシューナッツ味: 10ルピー(約25円)

                  カシューナッツ入りのクッキーです。色々なクッキーを食べてみましたがこれが一番美味しかったです。「GOOD DAY 」の中でもバター味とかチョコ味とかありますが、カシューナッツのかけらみたいなのが入っているこのクッキーがオススメです!ちなみにインドの方々はクッキーのことを「ビスケット」と呼んでいました!

                  朝食に、おやつに、小腹が減った時に、長距離移動のお供にと大活躍でした!

                  ありがとう!「GOOD DAY」

                  そして、グッバイ「GOOD DAY」 paper

                  clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

                  ドウバヤズットではちょっと高めのホテルでのんびりしています。トルコで一番高い山アール山の絶景も見えるし、エアコンもあるし、Wi-Fi もつながるし、部屋は2つあるし、シャワーもトイレも2つずつあるし幸せ~~!しかーし、午後からホテルの水が出ない。。。トイレもシャワーも2つあるのに使えない~~。あわわ。。。

                  下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
                  少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
                  にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                  ページトップへ

                  この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

                  この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

                  コメント

                  > katteni 9号さま
                  ご無沙汰しております!
                  プチインドを順調に?旅していらっしゃるようで良かったです!Mahaburipuram、Tanjoreなどは私達もイェーイ!したので懐かしいです。
                  しかし40時間の移動とはすごいですね!そしてお牛さまをひいてしまうとはびっくり!そんなことがあるんですね~。パキスタンは私達も行きたかったところの1つです!楽しんできて下さいね☆

                  こんにちわ、お久しぶりです。
                  ブログに出ている情報、とくにスリランカ編とインド編では大変重宝しています。
                  僕も1号さん2号さんにならい、インドは二回に分けて回る予定でいます。
                  一回目のプチインドはマドラスから時計回りにMahaburipuram, Tanjore, Kaniyakumari, Goaと移動し、明日か明後日パキスタンへ入るべく、黄金寺院のあるAmritsarという、国境に近い町までやってきました。
                  それにしても移動が並大抵ェーイのことではないですね。GoaからAmritsarまで、夜汽車を乗り継ぎ40時間、寝違えて首がまわせないのはまだしも、途中砂漠の真ん中で聖なるお牛さまを二頭ひいてしまって立ち往生したり、車掌に袖の下を使ってエアコン寝台を融通してもらおうとしたりなど、そういう列車旅行は初めてのことでした。


                  > ニモリンさん
                  インドの長い長い旅行記事を読んで頂き本当にありがとうございました!
                  ブログの表紙が変わったのにも気づいて頂き嬉しいです!
                  何と、ニモリンさんご夫婦は来週トルコ西側を旅されるのですね。ニアミスできると非常に光栄なのですが、西側まではたどり着けないかもしれません。。。キャワイェイ「ぱんちゃん」とお会いしたかったです!

                  せかイェ!1号さん、2号さん、こんにちは。
                  5月に一度書き込みさせていただいたニモりんです。
                  インドの旅行記事、実に濃くてこの国だけでも分厚い本になりそうですね!お疲れ様でした。
                  ブログの表紙が変わったり、トルコに入られたりと、今後ますます楽しみです。
                  ところで、トルコといえば、我々脳天気夫婦も来週末からトルコです。カッパドキアに3泊とパムッカレ1日&イスタンブール3泊というせわしない旅ですが、まさかお二人とニアミスなんてしないですよね?一瞬、憧れの8号の座をGetできるか?と、わくわくしてしまいましたが、これからのお二人の活躍を見守って行きたいと思います。

                  私、コメントします!

                  みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
                  「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

                  コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

                  【お願い】
                  コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
                  該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


                  画像の中に見える文字を入力してください。


                  ページトップへ