ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年7月28日

トルコ / ギョレメ で更新


オマーンのニズワでの日々

記事は [09年06月25日352 日目   オマーン 1日目 / ニズワ のお話

6月25日-30日、オマーンの「ニズワ」で過ごした時のお話です。初めての国オマーンの旅はここから始まりました。中東ってどんな感じなんだろう?!ドキドキしながら過ごしたニズワでの日々をお届けします!

まず最初に、旅行者はどんな服で街を歩けば良いか?でーす!

オマーンの世界遺産とルートの記事でも書きましたが、オマーンはムスリム(イスラム教徒)の方が多いため、男性はストーンとした服を着ている方が多く、女性はチャドル(頭からかぶるマント)を着ていらっしゃる方が多いです。

しかーし、旅行者も同じ装いをする必要はありません!普通の服装でダイジョブです。ただし、オマーン観光局のパンフレットを見たところ、肩とひざは隠さないといけないそうなので、短パンやキャミ1枚でウロウロするのはやめましょう~。そんなに露出の激しい方は1人もいらっしゃいませんです!

モスクなどの宗教施設では女性は頭部を隠さないといけないので、私は念のためインドで買ったパンジャービー・ドレスについていたストールを持ち歩いていました。結局ほとんどモスクには入らなかったので必要なかったです。

さてお次は、ホテルの1階のイェけてるレストラン情報です!

こちらが泊まっていたホテル!「タヌーフ・レジデンシー(Tanuf Residency )」。

Tanuf Residency
  • ホテル代: 16リアル(約4,160円)、(ダブルルーム、エアコン付き) ロンプラで一番安かった

余談ですが、こちらは高級ホテル!

FALAJ DARIS HOTEL
  • ファラジ・ダリス・ホテル(FALAJ DARIS HOTEL) 値段は恐ろしくて聞けなかった・・・

    ニズワにはこんなホテルもあるんです。夜にちょっとだけ覗いてみたところ、アラビアン・ナイトなお洒落空間が広がっていました。ここならアルコールも毎日提供してくれそうです。beer

    話がそれましたが、夕食は毎晩泊まっていたホテルの1階のトルコ料理レストランで食べていました。せっかくオマーンなのにトルコ料理イェーイ!ここが結構美味しかったのもありますが、そもそも車社会なので歩いて行けるところにお店が少ないのです。

    こちらのお店のスタッフはみなさんトルコの方で、はるばるオマーンまでやってきてお店を開いたそうです!英語も通じるので楽ちん。本場の味はうまいぜ、イェーイ!ちなみに今いるのもトルコ、イェーイ!

    夜はパブリックビュー状態!みんなサッカーで大盛り上がり!

    Al - MASHAREF FOR TURKISH FOODS
    • 全員男性!現地の女性はレストランにはいらっしゃいませんです。

    私たちもコーラ片手に見ながらご飯です。

    Al - MASHAREF FOR TURKISH FOODS
    • コーラ: 0.1リアル(約26円) 曲がったストローに感動。インドには曲がるストローはなかったな~。

    レストランには必ず1テーブルに1つティッシュペーパーの箱があります。

    Al - MASHAREF FOR TURKISH FOODS
    • さすがは産油国!ホテルにも1部屋に1つ大きなティッシュボックスがあります

    こちらが一番のオススメ「ケバブ」です!

    Al - MASHAREF FOR TURKISH FOODS
    • ケバブ: 0.7リアル(約180円) 左がミート(羊肉)ケバブで右がチキンケバブ 見た目同じ~

    薄くて平べったいパンに、ジューシーなお肉、野菜、ポテトなどがクルクルと巻かれています。2号が相当お気に召したようで毎晩食べていました!

    こちらが1号お気に入りのトルコ風のピザ?です!

    Al - MASHAREF FOR TURKISH FOODS
    • Spinach chesse pastry:0.7リアル(約180円)

    柔らかく煮込んだほうれん草とチーズを挟んで焼いたピザ?惣菜パン?みたいなものです。チーズたっぷりで美味しい。食べやすいように切ってくれます。ちょっとボリュームが多い。。。

    ピザにはやっぱり、ビール!beer

    ノンアルコールビール(BAVARIA)
    • ノンアルコールビール: 0.35リアル(約91円)

    ・・・。ビールはビールですが、もちろんノンアルコール、イェーイ!イスラム教では飲酒が許されていないため、オマーンでは気軽にお酒を入手できないんです。味は微炭酸のあっさりとしたりんごジュースという感じでした。2号がビールってことで鼻息を荒くして4本も買っちゃったのですが、私は1本飲みきれなかったです。2号は酔っ払った気分になると申しておりましたが、どうだか・・・。ビールがいくらでも飲めるのはお酒だからなんだな~とつくづく思った瞬間でした。

    オマーンのホテルは冷蔵庫が備え付けられているところが多いのですが、一番冷やしたい(アルコール入りの)ビールがなかなか手に入らないのが残念なところです。

    こちらは朝食を買っていたお店です!

    コーヒーショップ(Coffee Shop)

    トルコ料理屋さんは夕方からもっさりと開くので朝食を食べることはできません。朝コーヒーが飲みたかったので、最初ホテルで「お湯くれ~」とお願いしてみましたが、フロントのお兄ちゃんに英語が通じなくて断念。。。しょうがないので、お店でもないかな~とウロウロ探してみたところ、ホテルの道路に面して反対側にインド系の方がやっていらっしゃるお店を発見しました。朝からやっているお店は少ないので結構賑わっていました。

    朝からこってりハンバーガー、イェーイ!

    ハンバーガー
    • チキンハンバーガー: 0.4リアル(約100円)、コーヒー: 0.2リアル(約50円)

    柔らかいチキンのパテが挟まったバーガーです。この日はバーガーしかメニューがないと言われて何となく買ってしまいましたが、まあ普通に美味しかったです。別の日に行ったらベジタブルカレーとパロタ(南インドのパン)もあってびっくり。思わず買ってしまいましたが、南インドで食べたのと同じ味で驚きました。オマーンは南インド出身の方が多いのかな?

    お次はインターネットカフェ情報です!

    ホテルから道路に面して反対側に渡り、ファラジ・ダリス・ホテルの方へ5分くらい歩いたところにインターネットカフェがあります。ノートPCもつなげさせてもらえま・す・YO!

    こちらがインターネットカフェ!

    インターネットカフェ

    エアコンガンガンで仕切りのカーテンもついていまーす。

    インターネットカフェ
    • ネット代 1時間: 0.5リアル(約130円)

      お昼過ぎから夕方まではお昼休みなので注意です!オマーンはお昼休みを長く取るお店が多いです。お昼過ぎから夕方まで開いているのはレストランくらいです。暑いんで昼過ぎは昼寝が一番!sleepy

      お次はオマーンのファーストフード情報です!

      こちらが、オマーンのファーストフード「Hungry Bunny 」です!

      Hungry Bunny
      • トレードマークはボケたバックスバニーもどき

        ホテルから道路に面して反対側に渡り、ファラジ・ダリス・ホテルとは逆の方向に10分くらい歩いたところにあります。車でここを通った時に見えたので行ってみようとしたのですが、思ったよりも遠かったです。ニズワは、昼間は暑いんです!!

        真ん中にいらっしゃる店員さんはフィリピン出身だそうです。

        Hungry Bunny

        オマーンはフィリピン出身の方がたくさん働いていらっしゃいました。それだからか、私たちも「フィリピンから来たの」と言われることが多かったです。あと「台湾出身?」と聞かれることも多かったです。台湾の人も多いのかな~。「日本人?」と言われることはほとんどなかったので、日本人は珍しいのでしょうね。

        ジャーン!美味しいけれど結構高い!

        Hungry Bunny
        • Chicken Tangy Sand: 1.7リアル(約440円)

          辛いチキンのハンバーガーです。肉が大きくてジュワーっとしていて美味しかったです。がっついちゃったんで、肉の写真なしでーす。オマーンに来てインドよりも肉のレベルがあがった気がします。肉食にはたまりませんな~。

          ちなみにこちらが「ファミリー・セクション」です。

          Hungry Bunny

          オマーンでは現地の女性がレストランでご飯を食べている姿をあまり見かけません(観光客は除く)。現地の女性の方は家族以外の男性の前でご飯を食べてはいけないため、「ファミリー・セクション」という専用の個室で食べるそうです。

          次は、ランドリー情報!

          先ほど紹介したネットカフェのすぐ近くのランドリー!

          ランドリー

          オマーンの男性が着ているストーンとした服に、ピシーっとアイロンがかかってます!

          ランドリー
          • ランドリー代1枚: 0.15リアル(約40円)

            インド系の方がやっていらっしゃるランドリー屋さんでした。オマーンの男性が着ていらっしゃるストーンとした服にアイロンをかけるのは大変だろうな~と思っていたんですが、やっぱりみなさんランドリー屋さんにお願いしているのかな?

            こんな感じで過ごしたオマーンのニズワでの日々でした。情報がなかった割には、ウロウロ探してみると色々なものがあってなかなか便利でした。そういえば、オマーン料理を食べていないような。。。

            次回はニズワ・スークとニズワ・フォートを観光した時のお話です!

            clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

            世界遺産「ネムルット・ダー」をマラテヤから1泊2日の「日の出」「日の入り」を見るツアーでイェーイし、昨日キノコ岩で有名なカッパドキアのギョレメにやってきました。とってもお洒落な観光地で驚いていまーす!しかし物価が高い!

            下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
            少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
            にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

            このエントリーをはてなブックマークに追加

            ページトップへ

            この記事と同じカテゴリの記事(オマーン) 新着15件っす!

            この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

            コメント

            > 典子さん
            確かにイスラム圏は色々と気を使うことが多かったです!ただ、オマーンは外国人に寛容なので比較的楽でしたよ。レストランの個室以外の席で私が食べていても、ちょっと注目を浴びる?くらいで、それほど問題はなかったです!

            旅行番組でサウジアラビアだったかな?のファーストフード店でほぼ個室状態のテーブルが映っていたのを思い出しました。イスラム圏は色々慣れないルールがあって大変そう。でも、外国人、ってことで1号さんは地元の女性には出来ないことでも出来ちゃったりするのかな?

            > ニモりんさん
            何と私たちの方が早かったのですね!
            カッパドキアは思いのほか朝と夜が涼しくてびっくりしています。エアコンがないホテルでも全く問題がないどころか寒いくらいです!あと少しで出発ですね!どうぞよい旅を!もしかして、ぱんちゃんに会えるかな?

            1号さん、2号さん、こんにちは。
            おおー、もうギョレメまでいらしているのですね。
            私たちは31日の深夜から3泊4日、ギョレメ滞在予定なので、逆にお二人のほうが早くYay!されてしまうのですね。
            はやりニアミスで残念!
            リアルタイム更新の欄をこの一週間、特に注目させていただきます!!
            それでは、気をつけてお過ごしください。

            私、コメントします!

            みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
            「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

            コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

            【お願い】
            コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
            該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


            画像の中に見える文字を入力してください。


            ページトップへ