ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年3月18日

スリランカ / コロンボ で更新


50発目の世界遺産!トンガリロ国立公園 [後半]

記事は [09年02月19日226 日目   ニュージーランド 14日目 / ナショナルパーク のお話

2月19日、50発目の世界遺産!ニュージーランドの「トンガリロ国立公園」、後半戦のお話!前回は「トンガリロ・クロッシング」のスタート地点までの紹介でしたが、今回はゴールまで責任を持ってお届けします!イェーイ!

さぁ、19.4km という長い道のりのスタートラインに立ったわけですが、まずはこの時の心境を1号に聞いてみると、

1号: 「イェ~イ!」 (若干、甲高い声で)

だそうです。。旅日記で感想を放棄するとは何とも画期的!

というわけで出発!

スタート地点を出発したのが8時頃。ゴール地点から宿へ戻るバスが出るのが16時なので、持ち時間は8時間

もし時間までにゴールできなかった場合はヒッチハイクという若干面倒なイベントが発生してしまうんで・す・YO!

しかし、我々は 「世界遺産ウォーカー!」 (初めて名乗ってみた。 bleah )

体力的な心配はほとんどありませんでした!今まで直近でもカカドゥ、ブルー・マウンテンズ、タスマニア、マウントクックなど結構歩き倒してきてるので30歳超えてるけど大丈夫かな~と。

問題は 天気 で・す・YO!

「山の天気は変わりやすい!」ということで、天候が急変した時に歩みが止まる可能性があるのでそれだけが心配でした。でもチビニさんも一緒だし何とかなるかとも思ってました。人任せイェイ!

序盤からこんな感じで霧でモヤのかかった幻想的な風景が広がってます!
雰囲気あるっしょ!

トンガリロクロッシング

しかしあまりのモヤに、どれが「トンガリロ山」だか、「ナウルホエ山」だか認識できてなかったりもします。。ロード・オブ・ザ・リングで「滅びの山」としてロケ地にも使われた「ルアペフ山」も見えるはずなのですが、どれか分からん。。というか歩いてる所以外見えん。。

1時間30分ほど歩くと、「ソーダ・スプリングス(Soda Springs ) 」という水たまりの近くまで来ることができます。

ソーダ・スプリングス

が、「ソーダ・スプリングス」は正規ルートからは往復10分ほど離れた向こ~~うの方にあるので、ほとんどの方は無視。。。トイレの方が大人気!

ここまではそれほど勾配がないのでガンガン進んで来れますが、ここから先はいよいよ本格的に登っていくことになります!

うりゃ~!

トンガリロ・クロッシング

登れ~!

トンガリロ・クロッシング

1号: 「分け入っても、分け入っても、茶色!」

そうなんです!

こんな感じの「モヤ~の中に茶色~!」な風景がこの後ずっと続いていきます!この雰囲気がたまならくイェイ!なのよ!

そしてさらにモヤモヤの中に突入していくと、

トンガリロ・クロッシング

すごい景色が待ってるのよ!

あたり一面、全部モヤ!

トンガリロ・クロッシング

ここは「サウス・クレーター」と呼ばれる広大な噴火口で、湯気ポッポでモヤ~な感じになってるのだと思われます。あたりはモヤで何も見えませんが、ここは「トンガリロ山」と、「ナウルホエ山」の2つの山にちょうど挟まれたところです。平らなので歩きやすい!

1号曰く、「三途の河にでも向かって行く気分 ♪」

トンガリロ・クロッシング

その気分に ♪ マークが付いてよいのかは別にして、ほんと 「非日常~!」

モヤイ。

トンガリロ・クロッシング

すみません。モヤにかこつけて、セカイェキャラを小出しにしてみました。。 bleah

サウス・クレーターを抜けると、また登りが続きます。

たまにこういう危なっかしい所もあるので、1号を見てると土っ器土器!

トンガリロ・クロッシング

それにしてもこの格好、トレッキングの格好とはとても思えんな。。肩掛けのカバンなんて使ってるのうちらくらいだろ。。

ほんでもって、スタート地点から3時間ほどで「レッド・クレーター」の手前に到着!

トンガリロ・クロッシング

モヤの先にうっすら見えるあの山の頂上が標高約1,900m!と今回のコースで最も標高が高い場所です!そしてそこからレッド・クレーターをイェイ!することができるのデース!

1号の手作りサンドをかじりながら、ここでしばし休憩!
1号もチビニさんもまだまだ元気そう!

ここでまったりしてると、

なんと、

モヤが開けて、

青空が!

トンガリロ・クロッシング

これにはマジ感動!

今まで色の無い世界を練り歩いてきたので、真っ青な空が現れた途端、森本レオ並みに癒されました!

しかーし、モヤが簡単に吹き飛ぶくらいあそこでは、

ものすごい風がグゥオン!グゥオン!吹き荒れてます!

そしてこれからそんな危険地帯に進んでいかなければなりません。。

トンガリロ・クロッシング

しかーし!しかーし!ここからがトンガリロ・クロッシング最大の見せ場なんです!

まずは突風の中、崖の下を覗き込むと、「レッド・クレーター」がお目見えになります!

ちょっと覗き込むだけで突風にあおられ、クレーターへ真っ逆さま!そんな感じのものすごい緊張感のある場所です!

なので写真を撮ろうもんなら、足を肩幅に開いて、若干腰を落として、こんな感じ!
チビニさんも1号もバシルーラされないか心配でした。

レッド・クレーター

もちろん僕も「レッド・クレーター」に挑みました!

レッド・クレーター

パシャリ!

レッド・クレーター

「リアルにヤバい!」と感じたので先を急ぎ、一気にここの頂上へ。

あとは下りだから楽だろーなーって思ってたが、実は下りの方がキツかった!

レッド・クレーター

急な下り坂で、かつ足場がめっちゃ柔らかいので、滑って前に転がり落ちそうになるのよ!

どう歩いても結局ズッコケルんで、みんなスキーみたいにシャーシャー滑りながら降りていきますが、もちろん1号にはそんな器用なことができるわけがなーい!

なんで1号だけはリアルにズッコケながら降りていきます。。

トンガリロ・クロッシング

しかーし!写真の奥の方にうっすらと水たまりが見えてるのがわかりますか!

そう!

それが、

トンガリロ・クロッシングのハイライト!

「エメラルド・レ・イ・ク」、「レイク!」

エメラルド・レイクス

美すぃすぎる~!

ここは本当は湖が3つあるから「エメラルド・レイク」と複数形にならないといけないのだが、語呂の都合上、「エメラルド・レイク」と呼んでしまっていることなんか忘れてしまうくらい 美すぃすぎる~!

1号、2号: 「イェーイ!」

エメラルド・レイクス

実は宿で借りたウインドブレーカーが1号と2号でオソロだったことなんか忘れてしまうくらい 美すぃすぎる~!

エメラルド~!shine shine shine

エメラルド・レイクス

しかし近寄りすぎるとエメラルド~な感じはかなり薄れてしまう!

エメラルド・レイクス

エメラルド・レイクスのお薦めスポットは、やはり滑り降りてくる前の上からの景色です!ほんと青空が見えるだけで感動するほどの色の無い世界に、なぜこんなにもエメラルドフロウジョンなスポットが!!まさに自然の奇跡!

ここを過ぎると急な登りがなくなります。

トンガリロクロッシング

バックに見えてるのが、先ほど見てきた「レッド・クレーター」や「エメラルド・レイクス」のあるところです。

こんな感じ!

トンガリロクロッシング

雲がなければ、レッド・クレーターの奥に「ナウルホエ山」がイェーイ!してるのを見られるらしいです。うーん、残念!

記念撮影をする1号!

トンガリロクロッシング

ここには「ブルー・レイク」という湖もあるのですが、「エメラルドの後にブルーかよ!」ってことでスルー!今思うとちょっともったいないことしたな。。

トンガリロクロッシング

この「ブルー・レイク」からは基本ずっと下りとなります!

再び色の無い世界をモクモクと進んで行くと、

トンガリロクロッシング

景色が変化します!トンガリロ・クロッシングはホント景色が劇的に変化する!

トンガリロクロッシング

ちなみに見えている湖は「ロトアイラ湖」で、その奥にうっすら~と見えているのが「タウポ湖」です。

そしてスタートから6時間くらいで「ケテタヒ・ハット」という小屋に到着!

ケテタヒハット

もう皆ぐったり!この時点での持ち時間は残り2時間。結構飛ばしてきたと思ったのにそんなにゆとりはないぜイェーイ!

この先は硫黄の匂いが漂う温泉ゾーンとかあって、岩に触ると暖かかったり、

トンガリロクロッシング

このコースをスカートでトライしているツワモノがいたりして、
(しかも肩掛けミニバッグ&連れの男性も半パン。。)

トンガリロクロッシング

最後の森ゾーンに突入!イェーイ!

トンガリロクロッシング

この森ゾーンがすぐ終わるかと思ったら、中々中々中々終わらない!!

まだか?!まだか?!と200回くらい言ったあたりで、

ゴ~~~ル!

トンガリロクロッシング

トンガリロクロッシング

ゴールまで「7時間40分」と8時間の持ち時間をほとんど使い果たしました。最後まで天候に恵まれた割には結構ギリギリだったのは意外でした。僕たち健脚だと思ってたのになぁーー。

ニュージーランドではマウント・クックやミルフォード・サウンドなどもイェーイ!しましたが、今振り返ってみても、トンガリロ・クロッシングがニュージーランドで一番の思い出となったのは間違いないです!景色もスゴイし、達成感が尋常じゃない!

ゴールした時の感動を今、1号にも聞いてみました!

1号:「スリランカにはゴールという街があるよ。テキトウかな。てへ。」

えーーーーーっ! なにそれ! わき毛それ!

スリランカでニュージーランドの記事を書いてる自分が悪かったのか。。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

昨日、ダンブッラからコロンボへ移動しました!いよいよスリランカも後半戦突入です!スリランカで残す世界遺産はあと2つ!世界遺産を目指し明日、南下する予定です!イェイ!イェイ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オセアニア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(ニュージーランド) 新着15件っす!

コメント

> うめさん!
コメントどーもです!
エメラルドレイク(ス)は写真なんかより本当に美すぃ~ですよ!ひたすら登った末にポコンと出てくるので感動もひとしおです!

エメラルドレイク(ス)?

本当にきれいですね!!
美しい景色って写真にするとあまりわからないことが多いですが、写真でも本当にキレイです。実際はもっとかんどうするんだろうなぁ。。。

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ