ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年9月23日

イタリア / バーリ で更新


98発目の世界遺産!ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像[前半]

記事は [09年08月25日413 日目   ドイツ1 4日目 / ハンブルク のお話

2009年8月25日、この日はハンブルクを拠点に午前中はブレーメン、午後はリューベックと、2つの世界遺産をイェイ!しました!ドイツで1発目の世界遺産は「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像」! そして2発目は「ハンザ同盟都市リューベック」!まずはブレーメンの世界遺産からどうぞ!前半・後半の2本立てでお届け!

book ブレーメンの町のシンボル、マルクト広場にある市庁舎ローラント像が、世界遺産 「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像」として世界遺産に登録されています!世界遺産名称のまんまだねぇ~!

教皇がヨーロッパ全土に統制力を発揮しようとしていた中世ヨーロッパにおいて、その統制からの自由を勝ち取った都市、「自由都市」ってのが現れてくるのですが、その代表格がブレーメンやハンブルク、リューベックといった都市です!そしてその自由都市 としてのブレーメン市民の誇りを表す象徴となっているのが市庁舎ローラント像なんで・す・YO!

それでは「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像」へレッツらゴー!

この日は以下のとおり、ハンブルクからブレーメン、リューベックの2つの都市を電車で日帰りイェイ!

  1. ハンブルク ⇒ ブレーメン
    [世界遺産] 「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像
  2. ブレーメン ⇒ (ハンブルク) ⇒ リューベック
    [世界遺産] 「ハンザ同盟都市リューベック
  3. リューベック ⇒ ハンブルク

午前中にハンブルクの西側にあるブレーメンへ、そして午後からハンブルクの東側にあるリューベックへ移動しました。観光時間は各都市3時間くらいです。この旅程がおそまつなのはブレーメンからリューベックへ移動する時にハンブルクを経由するってことです。電車代がもったいなっ。。 bleah

セカイェ的にはコペンハーゲンから移動してきた時にハンブルクではなく、リューベックに泊まり、その後ブレーメンに移動するのが正解でした!セカイェはハンブルクに泊まる必要がなかったのだぁ~!イェイ!イェーイ!

というわけで、まずは泊まっている「A&O Hamburg Hauptbahnhof 」って宿からハンブルク駅までちょろっと歩きます。ドイツの電車の時刻はこちらの「bahn.com 」で調べられるので便利!調べた時間、9時45分頃の電車に合わせて宿を出発です!ちなみにこのサイト、ドイツだけでなくヨーロッパ各国の電車の時刻を調べることができる優れものなんで・す・YO!ドイツバーン(ドイツ鉄道)、バーンザーイ! ヽ(´▽`)/

そしてハンブルク駅構内の券売機の前!

ハンブルク駅

電車の時刻が迫っていたので混雑しているチケットカウンターを避けて券売機で買おうとするも、ドイツで電車乗るの初めてなので良く分からないぜイェイ!イェイ!英語を選べるので基本的には理解可能なのだが、念のため近くにいた駅のスタッフにお願いして券売機で買ってもらいました!イェイ!イェイ!イェ~イ!

ちなみにこのドイツの券売機、タッチパネルで使いやすいし、出発駅と到着駅を選んで電車の時刻を一覧表示でき、かつ、かつですよ、プリントアウトできる優れものなんで・す・YO!ドイツバーン、バーンザーイ! ヽ(´▽`)/

ハンブルクからブレーメンまではIC(Inter City )っていう特急列車で1時間ほど。そして値段は何と1人片道、驚愕の25ユーロだぜ!ウヒョヒョヒョヒョ~イ! (≧▽≦ )

  • IC特急: 25ユーロ(約3,500円 -当時の相場140円で計算、高っ!)、 所要時間: 約1時間(ハンブルク~ブレーメン)

駅には改札がないのでそのまま電車に乗り込みます! ┌( ・_・)┘

で、車内ではいかにもドイツな車掌さんが検札に回ってきます!

ドイツ電車の改札

車掌さん: 「ダンケ~、ダンケ~」

ダンケはドイツ語で「ありがとう」って意味です!ちなみに僕達が「ダンケ」って言うと言われた方は必ず「ビッテ~」って返してくれます。ビッテはドイツ語で「どういたしまして」って意味です。このダンケ~、ビッテ~のやりとりがドイツな感じ!

そんなこんなでブレーメンの駅に到着イェーイ!

ブレーメン駅

中々オシャレな駅舎です!上に書かれている「Hauptbahnhof 」ってのは中央駅(Haupt:中央、Bahnhof:駅)って意味で、よく「Hbf 」って略されています。ってことで、駅舎にはブレーメンとは書かれてないんですねぇ~。

いざ駅に到着してみると曇り時々雨な天気とはちょっとガッカリ!ドイツで1発目を飾る世界遺産なのにぃ~。久しぶりにどのくらいガッカリしたかを説明してみると、小学生の時にファミコンの「トランスフォーマー コンボイの謎」ってアクションゲームを買ったのだが、基本ロボット状態での横方向への射撃で、トランスフォーム(変形)するとトレーラーになって頭上に射撃可能に! って弾を上に飛ばすためにトレーラーになるんかい!全くトランスフォームする面白さがなくてガッカリイェーイ!

駅からマルクト広場までは700mくらい!
この700mをトレーラーにトランスフォームして行けたら面白かったのに。

途中で、ブタ飼いの銅像がお出迎え! pig pig pig

ブタ飼いの銅像

ドイツには3週間くらいいましたが、ドイツの町中にはアチラコチラに面白い像が立っていることが多いです!なのでドイツの町歩きは楽すぃ~!

そして、セカイェ公式衣料品店? H&Mもチラり!

ゼーゲ通り

物価の高いヨーロッパでもH&Mは安い!安い!イタリアでもそれなりのパーカーが10ユーロ弱、帽子なんて5ユーロで買えたりします!ヨーロッパが長いので大変お世話になってますYO!今では全身H&Mだぜイェーイ!海外だと全身H&MでH&Mの店に入るのは全く恥ずかすぃくないのですが、日本で全身ユニクロでユニクロの店に入るのを想像すると、、、それはちょっと無理~!!

このゼーゲ通りをトレーラーになってまっすぐ進んで行って突き当たりを左に曲がると、いよいよマルクト広場に到着するのですが、その前にブレーメンで超有名な「ブレーメンの音楽隊」の像をお目にかかることができます!

そんなに観光客は集まっていませんが、右側にポツンとあるのがブレーメンの音楽隊で・す・YO!

ブレーメンの音楽隊

このグリム童話のブレーメンの音楽隊、僕は名前は聞いたことがあったのですが内容は全く知らなかった。だから音楽隊がまさか彼らによって編成されているなんて知りませんでした!

下から、ロバ、イヌ、ネコ、そしてニワトリ!

ブレーメンの音楽隊

まさかの動物4匹で・す・YO!! w(゚o゚)w

ブレーメンの音楽隊

哺乳類3匹の中に1匹だけ鳥を混ぜ込んでくるあたりのセンスが好きです!童話の中では、音楽隊に入るためにブレーメンを目指していく彼ら4匹、その道中で見つけた家の中にごちそうを食べる泥棒を発見!そして泥棒を追い払ってごちそうを横取りするためにこの4匹が次々と積み重なって一斉に鳴きたてる! このシーンが有名らしいのですが、一番上にニワトリを乗せたいがためのニワトリのチョイスとしか思えません!

ちなみにブレーメンの音楽隊の話では、泥棒を追い出した家を彼らはたいそう気に入ってそこで暮らしましたとさ。ちゃん。ちゃん。ってことなので実は彼らはブレーメンまでは辿り着いていないんで・す・YO! だけれどブレーメンの町では彼ら4匹を町のアイドル的存在として売り出してます!

こんな感じのぬいぐるみとかもイェーイ!

ブレーメンの音楽隊

ネコの色、黒はイケてないのでは。イェイ!イェイ!シャラベッポー!!

あら、世界遺産を紹介できずに前半の記事終了です。。

98発目の世界遺産!ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像[後半]」の記事に続く。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(ドイツ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(ヨーロッパ) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ