ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年12月27日

ルーマニア / トゥルチャ で更新


89発目の世界遺産!ネムルット・ダー(ネムルトダーゥ) [後編]

記事は [09年07月26日383 日目   トルコ 8日目 / マラテヤ のお話

7月26日、マラテヤにいた時のお話。トルコで1発目の世界遺産は「ネムルット・ダー」! マラテヤから1泊2日でサンセット(日の入り)とサンライズ(日の出)が楽しめるツアーに参加しました!今回の後編の記事ではネムルット・ダー、「東側テラス」でのサンライズの様子をご紹介イェーイ!

book 世界遺産 「ネムルット・ダー」を復習すると、紀元前1世紀頃、標高2,150mのネムルット山頂に造られた巨大な聖なる墳墓!人生で1度も耳にしたことがない方が大半だと思われる王国、コンマゲネ王国の王アンティオコスのお墓です!いくつかある巨像の頭部が地面に転がっている光景が何とも不思議!とまぁこんな感じ!

この日はサンライズを堪能するため、朝4時20分にウェイクアップコール(人がドア叩いてお知らせ)で、5時出発!

のはずだったのだが、4時にいきなりドドーン!って叩き起こされ、4時20分頃にもダンドーン!デンドーン!ってやられ、4時40分頃には「早く外に出ろ~!」って怒られた。昨日5時出発ってあれほど確認したじゃん。。 weep

20分前行動の文化なんて持ち合わせてないわ~! \(*`∧´)/

ほんでもって言われるがままに外に出てみると、

夏なのにめっちゃ寒い! (;゚Д゚)

さすがは標高2,000mの山の中!凍え死にそうだわ!ホテルのロビーで毛布を貸してもらえるので女性陣は毛布にくるまってレッツらゴー!

ツアーのメンバー9名全員が車に乗り込みます!と思いきや1号の当時のメモを見ると、「トルコ人老夫婦は寒いからか行かなかった。」と書いてあった。言われてみるといなかったような。。5ヵ月前の話なんて思い出せるか!イェーイ!

さて、ホテルを出発すると全く昨日と同じ道中を、今度は暗闇の中ひた走り、

最後は歩いて登る! ┌( ・_・)┘

早朝ネムルット・ダーへ

この毛布にくるまった女こそが1号で・す・YO!って今さらそんな大々的に紹介するキャラでもありませんが。

登った先が今回のサンセットの見所となる「東側のテラス」!

早朝ネムルット・ダーへ

頂上の左側に見えている石のカタマリが巨像の胴体部分で・す・YO!

そして前回の西側テラスの紹介記事でもお伝えした「巨像の頭部が地震によって地面に落ちてしまったと言う割には何か違和感のある件」についてですが、東側テラスの違和感ときたら凄まじいものがあります!

「巨像の胴体から地震の影響で頭部のみが地面にコロリ」って言っておいて、

そう言っておいてですよ、

胴体の下に、物凄くキレイに頭部が整列! w(゚o゚)w

ネムルット・ダー東側テラス

もちろん1つたりとも、横になっている顔などありません! しかもみんなコッチ向いてるから!

東側テラスでここまで徹底してキレイにお顔を並べるのならば!せめて西側テラスはもっと雑然とさせておいて欲すぃ~わ!!これはいくらなんでも整えすぎでしょ~!って、上の写真をよ~く見ると、巨像の胴体の右側に人が立ってる!鎖が張ってあって入っちゃいけないのに!うわっ!

「何か違和感のある件」についてはこのぐらいにし~とこ。

ちなみに顔の並び順は西側テラスと同様で、左から、1.アポロン、2.女神テュケ、3.ゼウス、4.アンティオコス王ご自身、5.ヘラクレスと並んでおり、その両側にワシとライオンの像が1体ずつドデンしてます。

さて、登ってきた直後はまだ暗い!みんなテラスの前のスペースでオロオロと朝日が昇ってくるのを待つのですが、

山の周りは結構な雰囲気を醸し出し始めてます!

ネムルット・ダー東側

ネムルット・ダー東側

しかし巨像の頭部にはまだ日が当たらず、どのお方も冷たい表情をしているように見えます!

左から、アポロン、女神テュケ、そしてゼウス像!

アポロン&テュケ&ゼウス像

こちらはゼウス像の正面!

ゼウス像

立派な口ヒゲの部分が壊れていて、あら残念。どことなく寂しげな表情にも見えてきます。

こちらは左がアンティオコス王で、右がヘラクレス!

アンティオコス&ヘラクレス像

ヘラクレスは今にも泣き出しそうな顔に見えますね!上・横・下からとアングルによっても全然違った表情を見せてくれます。

で、一番端っこにはワシとライオンの像!

ワシ&ライオン像

このブログでは巨像の名は、馴染みのあるギリシャの神々の名で紹介していますが、実は巨像の胴体の背面にはギリシャとペルシャの神の名が併記されています。アンティオコス王はギリシャとオリエントの両方の王家の血を引いていると言われ、祖先であるギリシャとペルシャの神々と自分の像を並べることで王自身の威厳を示しているのであります!

というわけでネムルット・ダーは、ギリシャとオリエント文化の融合した墳墓なんで・す・YO!

さぁ、そうこう長ったらしい説明をしている内に日が昇り始めてきました!

みんな、こんな寒そうな格好して待ってます!

サンライズ

朝日だ!朝日だ!朝日昇だ!

サンライズ
  • 「朝日昇」はかなりマニアックな格闘家の名前ですがついて来られたでしょうか。。

アポロンにも薄っすらと日が当たり始める!

朝焼けのアポロン像

東側テラスが赤茶に焼けてきたどー!!

朝焼けの東テラス

日の当たってきた巨像の胴体をアップで!

朝焼けの東テラス

アップで見ると巨像はイスの上に座っている「座像」であることが分かると思います!それにしても頭部の彫刻の出来具合と比べると胴体部分はかなり単純にできてますね。あのリアルな頭部がこのレゴブロックでできたような胴体に乗っかってるのを想像してみてください!バランス悪っ!違和感ありまくりでは!

まぁ邪念を取り払って、朝焼けを楽しみましょう!! d(⌒∇⌒)b

朝焼けの東テラス
  • 左から: ワシ、アポロン、テュケ、ゼウス ...

ワシ君を除いてみると、こう!

朝焼けの東テラス
  • 左から: アポロン、テュケ、ゼウス ...

別にワシが嫌いなわけではないです。ほとんど横からしか写真撮ってないので~す!

この時間帯になると観光客の皆さんは当然お顔の前に集まってくるので、正面から撮ろうとすると皆さんの影が巨像のお顔に写りまくってしまうのよね。肉眼でも少々興ざめなことになってます。あと、お顔の前に張られている鎖の影もかなり手強い!

そんなことより、やっぱり泣き出しそうなヘラクレス~!

朝焼けの東テラス
  • 左から: アンティオコス王、ヘラクレス

そして夜が明けきったとさ!

朝焼けの東テラス

人がいなくなった一瞬を狙ってパシャリしてみました!6時20分に戻ると聞いていたが、気付いたらそれより前に皆いなくなっていたので慌てて下山。

急いで戻れ~! ┌( ・_・)┘

東テラスから帰る

皆が待つ車に乗ってホテルに帰っていったとさ。

そしてホテルに戻ると、こんな朝食が待っている!

ギュネシ・ホテル朝食

朝食をかっ喰らって7時頃ホテルを出発!マラテヤには9時20分頃に到着しました。ランチ休憩がない分、「行き」よりも移動時間が短かったです!

最後にイェーイ!

ギュネシ・ホテルお土産
  • ギュネシ・ホテルの受付前にあったお土産

しつこく、イェーイ!

ケマル・アヌルさん
  • 左: アホ、 右: ケマル氏

いや~、今回のツアーではサンセット、サンライズと、実にイェイものを見させていただきました~!ランチや朝食の味とか他の夫婦の動向を除いてはかなり鮮明に覚えています。セカイェの中ではトルコで一番心に残った世界遺産に認定されました!まぁ巨像の顔よりケマル氏の顔が一番心に残っている気もするが。。もしケマル氏の顔が巨像の顔と一緒に並んで朝焼けを浴びていたら。。くだらないことは考えるのはやめよう。。

おしまい。2号。

【目次 - ネムルット・ダー】
  1. 89発目の世界遺産!ネムルット・ダー(ネムルトダーゥ) [前編]
  2. 89発目の世界遺産!ネムルット・ダー(ネムルトダーゥ) [中編]
  3. 89発目の世界遺産!ネムルット・ダー(ネムルトダーゥ) [後編]

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

コメント

> 匿名イェイ!さん
コメントありがとうござイェイます!ネムルット・ダー良かったです!トルコではイチオシ世界遺産で・す・YO!

おもしろかったです。
行ってみたくなりました。
イェーイ!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ