ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2010年1月 5日

ブルガリア / ネセバル で更新


90発目の世界遺産!ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 [2.ウチヒサル]

記事は [09年07月28日385 日目   トルコ 10日目 / ギョレメ のお話

7月28日、ギョレメにいた時のお話。トルコで2発目の世界遺産は「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」!今回の記事では奇岩を利用して造られた城塞がドデーン!している「ウチヒサル」をご紹介!城塞の上から見渡すギョレメの景観も格別で・す・YO!

それでは早速、「ウチヒサル」へレッツらゴー!

この日は14時半から観光を開始し、まず向かった先が地下都市カイマクル!でもって地下都市から出てきたらもう16時でした!しかし夏はイェイね!16時でも空はまだまだ明るい!というわけでギョレメに帰る途中に寄れる「ウチヒサル」をイェーイ!することにしたわけです!イェイ!イェイ!

カイマクルからウチヒサルまではこんな感じ!来た道を戻っていくことになります。

カイマクル ⇒ ネヴシェヒル ⇒ ウチヒサル ⇒ (ギョレメ)

やっぱりネヴシェヒルでまた乗り換えです。そこからギョレメ行きのバスに乗ると途中で大きな一枚岩がズドーンって見えてきます!そこがウチヒサルで・す・YO!写真は撮れませんでしたが「行き」にもしっかりと見えてました!

まずカイマクルからネヴシェヒルですが、来た時と逆のミニバスに乗るだけでOK!運良くミニバスがすぐに来たので楽にネヴシェヒルに到着!

  • バス代: 2TL(約130円)、 所要時間: 約20分(カイマクル~ネヴシェヒル)

しかしネヴシェヒルからウチヒサルへ行くバスが中々来ない!30分弱は待った!ここでバスが来るまでの時間を利用して、久しぶりに1号のどうでもいい高校時代の振り返りを1つ挟んでみたいと思います!

1号: 「高校の時、吹奏楽部の先輩が父親の部屋からこっそりと加賀まりこのヌード写真集を持ってきてくれたのでみんなで見たところ、パンツが大きくて昔風だった。」

(」゜ロ゜)」 どうでもいい~!

さぁ、どうでもいい話を聞いていたらバスがやってきました!ウチヒサルへゴー!ウチヒサルはネヴシェヒルとギョレメの間にあるのでギョレメ行きのバスに乗り込みます!

  • バス代: 1.75TL(約114円)、 所要時間: 約10分(ネヴシェヒル~ウチヒサル)

でもって、10分弱でウチヒサルに到着!

ウチヒサル

この10分の移動のために30分もバスを待たなくてはならなかったのYO!ツアーだとこういうヘボい待ち時間が無いからイェイよね~。

そしてバスを降りろと言われた場所から城塞まではちょっと歩く。もしかしたらもっと近くまでバスで行けたんじゃねぇ~の~的な場所で降ろされました。城塞には観光客が結構いたのに、この道を歩いてる人は誰もいなかったからね。。

で、思ったより歩くな~なんて言いながらトボトボ進んで行くと、

やっとこ城塞が見えてきました!イェーイ! \(^o^)/

ウチヒサル城塞

前方右側の大きな一枚岩にかつて城塞が造られたのでーす!ギョレメ村からもばっちり見えるほど大きいんで・す・YO!そしてあの城塞には登れるのですが入口まではもうちょっと歩きます。デカいので近くにあるようだけどちょっと遠い!

途中には展望台もイェーイ!

ウチヒサル城塞

この付近には城塞に利用された大きな岩の他にも、竹の子竹の子ニョッキッキな奇岩がいっぱいあり、カッパドキア独特の景観を楽しむことができます!

そしてここらには青空市場的なお土産屋が並んでいたので、

絶景とお土産のコラボレーションも可能!

ウチヒサル奇岩と置物

お土産の置物の中に1人白い衣装を着た人形さんが混じっているかと思いますが、こちらはセマーと呼ばれる旋回舞踊を踊る人形さんです!うまい具合に溶け込んでいてイェイ味出してる!セマーは宗教的な儀式ではありますが観光客向けに公演も行われています。

ほんでもって、上の写真の左奥には、

奇岩の崖みたいなのがちらり!

ホワイトバレー

恐らくはこれはホワイトバレーと呼ばれている場所かと!特徴的な形をしているので遠くからでも目を奪われました!ギョレメには他にもローズバレーなる夕景スポットもあったりします。僕達は行ってませんが。 bleah

で、こんな感じの奇岩スポットを見ながら歩いていくと、

本日のメイン、城塞の岩山に近づきます!

ウチヒサル城塞

他の奇岩と比べてかなり貫禄がありますね!ちなみにウチヒサルとは「とがった砦」という意味で、ウチヒサルという名はこの城塞として使われていた一枚岩に由来しているんで・す・YO!

バスを降りてから20分くらい歩いて、ようやく城塞の入口に到着です!

ウチヒサル城塞

この岩山の頂上がこの地方で最も高い地点となっているため頂上からの見晴らしが最高なんです!
さぁ登らんと!登らんと! ┌( ・_・)┘

城塞に登るため、まずは中へ。

ウチヒサル城塞内部
  • チケット代: 3TL(約195円)

岩山だからって自由に登れるわけではないんですね~。きっちり入場料取られます。

通路を進むとすぐに外に出るので、後はひたすら城塞を登っていきます!

ウチヒサル城塞

登れ~!登れ~! ┌( ・_・)┘

ウチヒサル城塞

トルコの国旗が見えたらゴ~ル! d(⌒∇⌒)b

ウチヒサル城塞頂上

見た目よりは結構登らされたな~というのを覚えてます。階段が急なのよね!ビーチサンダルとかだと結構大変かも。1号はヨレヨレのヨボヨボになってました。

しかし頑張って登ってきた分、見晴らしは凄いことになってますYO!

遠くの方にはエルジエス山の姿が!

ウチヒサル城塞頂上景色

なんだか富士山にも似てますね!カッパドキアの奇岩な風景はその昔に起きたこのエルジエス山の火山活動と風雨による浸食活動によってもたらされたと言われてます。う~ん、マンダム!

そしていよいよお待ちかねの、上からの奇岩群の景観をどうぞ!

イェーイ! (≧▽≦ )

ウチヒサル城塞頂上景色

1号: 「うひょひょひょひょ~!!」

ウチヒサル城塞頂上景色

頂上からの景観、マジやばいっす!
カッパドキアの見所は全然回ってないですがココはお薦めしたいスポットですね!

これにてこの日の観光は終了です。サンセットとか見たい気持ちもあったのですが、バスがなくなったらどうしよう的な危機感から早めに切り上げることにしました。

しかししかし、ウチヒサルからギョレメに帰るバスは中々来なかった!バス停の近くにはちょっとしたお土産屋があるのでそこでずっと暇をつぶしてました。こうしてギョレメまで5分のバスをまたもや30分くらい待ちましたとさ。

  • バス代: 1.75TL(約114円)、 所要時間: 約5分(ウチヒサル~ギョレメ)

次回は翌々日に観光したギョレメ屋外博物館の様子をお届けします!イェイ!イェイ!

90発目の世界遺産!ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 [3.ギョレメ屋外博物館]」の記事に続く。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(トルコ) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ