ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年2月24日

オーストラリア2 / シドニー で更新


オーストラリアから10ヵ国目のニュージーランドへ!

記事は [09年02月05日212 日目   オーストラリア 36日目 / サーファーズ・パラダイス のお話

2月5日から6日にかけて、サーファーズ・パラダイスから10ヵ国目のニュージーランド、クライストチャーチという街へ移動した時のお話です。この日は長い長い移動となりました。オーストラリアのブリスベンからニュージーランドのクライストチャーチへ飛行機で飛んだのは、2月6日の朝7時45分だったのですが、その前日の2月5日の夜にサーファーズ・パラダイスからブリスベン空港へ移動して、空港にお泊りイェーイ!

まずは朝起きて、「コートヤード・バイ・マリオットホテル」でこーんなゴージャスな朝ごはんを頂いちゃいまーす restaurant

朝食ビュッフェ

こーんなのとか、

朝食ビュッフェ

こーんなのがあって、美味しくて幸せ~な朝食ビュッフェでーす。

朝食ビュッフェ

と、こんなセカイェらしくない朝食を頂いているのには訳がありまして、何とこの朝食はサーファーズ・パラダイスに救援物資を運んできてくれた、かえる号(3号)からのプレゼントなのです。

かえる号(3号)はオーストラリアまで来たのに、何とお腹の調子が悪くなり、世界最強の下痢止めワカ末のお世話になることに。。。不幸なかえる号は2日間朝食が食べられなかったので、その朝食券を1号と2号にプレゼントしてくれたのです。ありがたや~。本当はビュフェに行くだけ行って、ジュースくらい飲めただろうに、券を残しておいてくれたのねー。いや、もしかしたら、本当に何も胃に入らないくらい悪かったのか?!

オーストラリア最後の朝食は、ホットケーキあり、パンあり、シリアル、ソーセージ、魚、卵、果物、アイスクリームと超充実の朝ごはんでした!どのくらい美味しかったかというと、2号曰く「オーストラリアで食べたものの中では、乙女たちにご馳走になったイタリアンの次に美味しかった!」とのことです。オーストラリアの食は救援物資の皆様頼りの私達!貧乏性の2人は、ここで食べ過ぎて、この日は夜遅くまでお腹が減りませんでした。。。がっつき過ぎた。。。

幸せな気分で、大きなお腹をさすりながら、パッキングして宿をチェックアウト。バックパックを宿のロッカーに預けます。

ISLANDER RESORT HOTEL ロッカー

オーストラリアの大きな街の宿では、バックパックをタダで預かってくれないところが多いです。このようなコインロッカーに有料で預けるのです。ここの宿は12時間3豪ドル(約200円)だったので、比較的安い方でした。他のコインロッカーは5豪ドルくらいでした。

そして出発まで、いつものスタバでWi-Fi をつなげてネットサーフィン!

サーファーズ・パラダイス スターバックス

オーストラリアの一大リゾートなのに、朝食ビュッフェ以外は地味に過ごしてますねー。それがセカイェ流!

夕方になるといよいよ、4泊したサーファーズ・パラダイスを出発して、翌朝7時45分のフライトまで長い長い夜を過ごします。

まず、18時45分にブリスベン空港へバスで向かいました。本当は18時30分出発予定なのですが、ちょっと遅れて運ちゃん登場!イェーイ!

シャトルバス

ブリスベン空港へ向かうバスのチケットは前日にトランジットセンターで購入!1人44豪ドル(約2,950円)でした。所要時間は1時間15分でです。この時間のバスが、ブリスベン空港行きのバスでは最終だったんです。どうせ泊まるんで、本当は夜中に出発するのがあると良かったのですが、そんなのなーい!

サーファーズ・パラダイスの宿に泊まって、朝に移動することにしても、朝2時に起きて空港に向かわなければなりません。それで宿代払うのもったいないし、ブリスベン空港のサイトに24時間やってるって書いてあったんで、宿泊費節約のために空港に泊まることにしたんです。

もちろん早朝便でもブリスベン空港に泊まらないで行くこともできます。救援物資を持ってきてくれた乙女達は早朝フライトでブリスベン空港から日本へ飛んだので、朝3時半に叩き起こされて帰っていきました。私達も感謝の気持ちをこめてお見送りをしたかったのですが、起きられるわけもなく、残念無念!

実は、サーファーズ・パラダイスから車で30分くらいのところにゴールド・コースト空港があるので、ゴールド・コーストからクライストチャーチへの航空券を買えば良かったのです。サーファーズ・パラダイスからブリスベン空港は結構遠いし、高いし、これぞ無駄な移動!良く調べずにブリスベンからの航空券を買ってしまった適当人間1号、イェーイ!2号はこういう無駄な移動大嫌~い、イェーイ!

そんなこんなで、夜のブリスベン空港に到着!ここが今晩の寝床だぞー。

ブリスベン空港

想像していたよりも立派なことにほっとして、TIMTAM をかじる2号。

ブリスベン空港

しかーし、夜が深まっていき人口密度が低くなるにつれて、冷房が効きすぎて寒くなってきまーす。ブリスベン空港は24時間やっているのですが、夜中でもジャンジャン飛行機が飛びまくっているわけではなく、朝2時~6時くらいまでは離発着がありません。ファーストフードなどのお店も全て閉まり、掃除が始まります。寒くても私は最初のうちはガーガー寝ていたようで、2号曰く途中掃除機をガンガンかけていても起きなかったそうです。

しかし、さすがにあまりの寒さに目が覚めて、トイレに水を汲みに行く寒々しいねずみ男(1号)。

ブリスベン空港

用意の良い人は寝袋にくるまって寝ていました!ああ、うらやまし~。

ブリスベン空港

寒さに耐えつつ待つこと数時間、朝5時頃にようやく搭乗手続きをします。頭はぼうーっとして鼻水が垂れてきます。

今回のフライトは我らの味方オーストラリアの格安航空会社ジェットスター!ブリスベンからクライストチャーチまでの国際線で1人284豪ドル(約19,000円)でした。ネットで2週間くらい前に購入しました。

搭乗手続きの時に、スタッフに「ニュージーランドを出国する航空券を見せて下さい。」と言われました。本当はまだ買っていないのに「ヴァージン・ブルー(オーストラリアの格安航空会社)で買ったeチケットなんで持ってないでーす。」と適当に言ったところ、「紙に打ち出した航空券がないとニュージーランドに入国できないから、今、空港1Fの各航空会社のオフィスが集まっている所でプリントアウトして戻って来い。」とのこと!どうやらそれがないと飛行機に乗せてくれないっぽい coldsweats02

「ヴァージン・ブルーで買った。」と言った手前、何となくその場を立ち去ってヴァージン・ブルーのオフィスを探してみるが、見つからない。そうこうしているうちに登場手続きの締め切りの時間が迫ってくる weep

結局恥を忍んで「帰りの航空券持っていません。間違えました。ジェットスターで予約して下さい。」と言い、2週間後のジェットスターの「クライストチャーチ」~「シドニー」の航空券をその場で買いました shock

実はニュージーランドの予定って全く決めていなかったので、本当に適当に何となく2週間後のチケットを買っちゃったのです。そして、できれば、クライストチャーチから入国するので、オークランドから出国したかったのですが、オークランドはジェットスターが飛んでいなーい!

こんな感じで強制的に買わされた航空券ですが、後々2週間から20日間に日程変更をすることになりました。結構広くて、見所が多く、天候に左右されやすいトレッキングがメインのニュージーランドは、思っていたよりも時間がかかり、2週間じゃまわれなかったのです。ネットで変更して、手数料1人30豪ドル(約2,010円)なり~。moneybag
(私達がいつも買っている「Jet Saver 」という安いチケットは日程変更とかタダではできません。)

そして不幸なことに、バタバタと搭乗手続きギリギリに航空券を買ったからか、後でメールで送られてきたeチケットを見たら何と2号の名前が間違っていたのです。本来、「Jet Saver 」は名前変更も40豪ドル(約2,680円)かかるのですが、名前のスペルを打ち込んだのは、私ではなく、スタッフだったのでさすがに無料で修正してもらえました。名前の修正はネットではできないので電話で修正してもらいました。ニュージーランドのジェットスターは日本語スタッフもいるので簡単です。

ニュージーランドの帰国の航空券に関しては、完全に調査不足、イェーイ!でした。他にも何人か航空券を買わされていた人がいたので、本当に入国させてくれないみたいですね。ああ、もっと調べておけば、そして、もう少しニュージーランドの予定を決めておけば~。。。

ドタバタと搭乗手続きを終えた時はもう時間ギリギリ。税関通って、荷物検査受けて、ほとんど座ることなく飛行機の中へと乗り込んでいきました。

飛行機

夜はよく眠れないわ、朝からドタバタして大変だわで、飛行機ではガン寝!ジェットスターも機内食がないのはいいのですが、のどが渇くんで、水くらいタダで出してほしいものです。水高いからってガマンしてエコノミー症候群になる人いないのかな~。

7時45分に出発して、3時間20分で10ヵ国目ニュージーランドのクライストチャーチという街に到着です!ブリスベンとの時差は3時間なんで、到着時間はニュージーランド時間の14時5分です。

クライストチャーチ空港

シャトルバスに乗って、予約していた「Christchurch City Central YHA 」へ向かいます。シャトルバスは、2人で25NZ ドル(約1,300円)。(このブログでは、1NZ ドルを52円で計算しています。) 色々なホテルでお客さんを降ろしながら、20分くらいで到着しました。オーストラリアですっかりYHA が気に入ったので、クライストチャーチでもあらかじめ予約しておいたのです。YHA はどこへ行ってもある一定の水準を保っているのが魅力的です。

YHA

ダブルで77NZドル(約4,000円)でした。オーストラリアよりはすこーし、物価が安くなってきた気がします。

YHA 部屋

ここのYHA はキッチンがとっても清潔でした。こんなにキレイなの見たことないです。清潔だと宿泊客もキレイに使うんですよね~。汚せない~。

YHA キッチン

徒歩20分くらいのところにある、「NEW WORLD 」という大型スーパーでお買い物。

NEW WORLD

YHA から歩いてすぐのところにも、コンビニはたくさんありますが、ちょっとだけ高いです。この「NEW WORLD 」は、オーストラリアの「coles 」みたいな大型チェーン店で、結構安いです。ニュージーランド中にありました!

ちょっとお散歩すると、大聖堂があります。お洒落で雰囲気の良い街ですなー。

大聖堂

全く情報を仕入れず、ルートも考えていなかったニュージーランド。。さて、どこに行こうかね~。クライストチャーチではルート検討会議が長々と開催されましたとさ。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

記事はやっとこニュージーランドに入りましたが、リアルタイムでは今日、ニュージーランドから、オーストラリア、シドニーに戻ってきました!
1号は、ニュージーランドで花粉症になったみたいっす。最近どうもお肌の調子が悪いなーと思っていたら、色んなところが痒くなってきました。ビールを控えてみたり、コーヒーを2杯から1杯にしてみたり、辛ラーメンのスープを飲まないようにしたりと、(中途半端に)いろいろやってみましたが、悪くなる一方です。そしてそのまま目が痒くなってきて、最後鼻水が出てくるようになり、もしやこれはと思いネットで調べてみたら、ニュージーランドはブタクサなどの花粉がすごいとのこと。。1号は日本でも花粉症で痒くなるので、海外に来れば花粉ゼロ、イェーイ!と思っていたのに、ニュージーランドで花粉症になるとは。。。しかし、花粉症っぽい人を全くみかけないのはなぜ?!2号も花粉症なのに元気だーー!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(ニュージーランド) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オセアニア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オーストラリア) 新着15件っす!

コメント

> うし
コメントありがと★
いや~、これはいい質問だね~

やっぱり、定価があったり、水の出が良かったり、治安が良かったりするってとこでは、先進国って居心地いいね~
しかーし、物価って面では居心地悪いわ~

イメージはアジア?
今シンガポールにいるんだけど、なんか妙に落ち着くわー。
物価は高いんだけどさー。
やっぱりアジア好きなのかも(笑)

やっぱり先進国の方が居心地が良かったりする?
タイとかインドとかの方がイメージ的には合うんだけど(笑)

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ