ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年5月29日

インド / ボーパール で更新


63発目の世界遺産!チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(CST)

記事は [09年04月25日291 日目   インド2 30日目 / ムンバイ のお話

4月25-26日、ムンバイにいたときのお話。インドで6発目の世界遺産は「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)」!長っ!
国際的商業都市ムンバイにおいて、今でも現役で活躍する「」が世界遺産なんで・す・YO!ロンプラではアジアで最も混雑する駅と紹介されているほどです!

book 世界遺産 「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)」は、駅としては見た目が邦彦、いや見た目がスゴすぎる!イギリスとインドの建築様式が融合した重厚、荘厳な駅舎なんです!この駅舎はイギリスの建築家が「ヴィクトリア・ゴシック様式」に「インド建築の伝統」を取り入れて設計し、完成までに10年以上費やされたそうです。「ゴシック・シティ」と呼ばれるムンバイのシンボルとなっています。

以前はヴィクトリア女王の名をとって「ヴィクトリア・ターミナス」と呼ばれていましたがイギリス植民地時代の名称をインド固有の名称に変更しようということで、現在はヒンドゥーの英雄の名をとって「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス」に変更されています。

インド門の近くには「チャトラパティ・シヴァージー」さんの像も立ってます!

シヴァージー

そしてこの駅名、名前があまりにも長すぎるので、
CST(Chhatrapati Shivaji Terminus )と略されて呼ばれます。

ここで脱線。
「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)」って長いな長いなと思っていたが、じゃあ一体一番長い世界遺産名は何なんでしょ?!

早速調べてみると、
日本ユネスコ訳で一番長い日本語名を持つ世界遺産はイタリアに2つありました!

  • レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院
  • パエストゥムとヴェリアの古代遺跡群を含むチレントとディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトゥジオ修道院

で、共に52文字!

「長っ!」 w(゚ロ゚)w w(゚ロ゚)w

それでは「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅」へレッツらゴー!

泊まっていた「Hotel VOLGA II 」のあるインド門周辺からCST駅へはバスでサクサクッと行けちゃいます!オートリクシャーはこちらの地域には入れないので安く移動するにはバスしかないです。インド門から北に伸びてる道をまっすぐ行くと大きなロータリー交差点があって、そこを越えたところに「バス・スタンド」がありました。

「プリンス・オブ・ウェールズ博物館」の西側にあたります。

ムンバイ

もちろんバス・スタンドに着いてもどのバスに乗ればいいのかわからないので、バスが来るたびに周りの人に「C・S・T 」コール!高らかに「C・S・T 」コール!高らかにコールしないとみんなも自分のバスに乗るのに必死なので無視されちゃうのよ。バスが来るとみんな、バスが止まる前からドサドサーって乗り込んでいくのです!

それではバスに乗り込みレッツらゴー!バス代は4ルピー(約10円)とIncredible な安さ!ちょっと進むとすぐに道はタクシーでごった返してきます!もしオートリクシャーが入ってきてマリオカートのような運転をしたらエライ大変なことになるだろう。。

ここら辺りはドカドカと高層ビルが建っているというよりは、何と言えばいいのでしょうか、ゴシック様式?の建物が整然と並ぶ非インドで欧州風の町並みが続いています。そしてバスに乗ること10分弱。突然今までとは明らかに格の違う建物が、
ドダーーン! と現れます!

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅」だぜ、イェーイ!

奥に見えてるのが「CST駅」で・す・YO!

CST

ここはゴアからムンバイに来た際にバスを降りた場所なのでなんとなく馴染みがある。

遠目からパシャリ!camera

CST

そして近づく。

やっぱり駅には見えないでしょ!

CST

駅というよりは宮殿ホテル!

CST

ほんとはもっともっと迫力があってイェイ!なのですが、いい写真撮れず。。ちなみに駅の前の道路は車がガンガン通るので結構危ないです。1号に道の真ん中に立ってもらって写真を撮ろうとしたのですが、ヘタレになったため断念しました。

反対の角度からもパシャリ!

CST

高い上の方から撮ったCST駅の写真をよく見るので、どっかの建物の2階に上がれるのかなーと思いましたがそんな所は見当たらず。

代わりに望遠レンズで駅舎に施されてる彫刻を撮ってみました!

CST彫刻

犬?が柱から突き出てる!ワオーン!

CST彫刻

獅子とガーゴイルでしょうか?

CST彫刻

反対側は修復中。

CST彫刻

人物をかたどった彫刻もありますよ!

CST彫刻

こちらは中央てっぺんのお方。聖火と車輪を持ってます!

CST彫刻

本物の人もいた!

CST

こんな感じであっさりと観光終了!オーストラリアの「王立展示館とカールトン庭園」以来のあっさり系世界遺産でした。これで帰るのももったいないので駅の中に入ってぷらっとホームに寄ってみた。(ダジャレに気づけ~。)bleah

実はこの建物、駅として使われてるのは左側の一部のみのようでした。プラットホームに行くとそこにはローカル電車が停まっていて、車内に女性専用車両みたいなマークがちょろっと見える!ちょっと面白そうなので見てみようと電車の中に乗り込んだら、突然電車が出発イェイ!慌てて飛び降りてセーフ!危うく謎の街に行くところであった。。

おしまい。

しかし、これで観光は終わらないのでーす!

今度は夜のCST駅を見に行きました!イェーイ!night

美すぃ~!

CST夜景

美すぃ~!

CST夜景

美すぃ~!

CST夜景

美すぃ~!

CST夜景

最後は「美すぃ~!」のコピペで完全に手を抜きましたが、世界遺産に「美すぃ~」以外の言葉は似合わない。。目の保養ってことで。。

おしまい。2号。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

インドビザは6月末で切れる!そろそろ動かないとヤバい!でもあともう少しここにいることになるだろう。こりゃインドの世界遺産回り切れないな。当初考えていたインドのルート変更しないとだな。イェーイ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

コメント

> ぴろりーぬさん!
コメントありがとうございます!
年越しがインドというのもスゴいのですが、コモリン岬で初日の出なんてホント素晴らすぃ~!妹さんも感動すること間違いないですね!寒い季節なので年末までの体調管理にお気をつけください!良きインドの旅を!

去年の9月に初インド(南のみ)を経験したのですが、
今年は年末年始をインドで過ごそうと計画しています。
英語のできない&海外旅行の経験のほとんどない妹を
連れて、お姉ちゃん頑張ります!
せかイェさんたちの旅日記を見て、事前勉強はばっちり
ですし、地球の歩き方は妹に任せてお姉ちゃんはロンプラを
購入しました。情報量が全然違いますね。
せかイェさんたちのムンバイの日記を読んで、当初行く
予定のなかったムンバイに数日滞在することにしました~。
そしてコモリン岬で初日の出を見るという野望を抱えて
ます。ホテルが取れるか心配ですが・・・
まだまだ旅を続けていらっしゃるので、感心しています。

寒い冬を元気に乗り越えてくださいね~!

> 匿名イェイ!さん
コメントありがとうございます!スーツケースの旅が懐かしいです!

> tama!
ゴアとかムンバイってちょっと雰囲気が違ってイェイなのよ!今回CST駅の迫力をうまく伝えられる写真がなかったのが残念。

インドにもこんな建物があるんだって初めてしったよー

なんだかたまらない旅をしてますね!
世界遺産を見て回るなんて、
なんとも贅沢な感じ。
応援しておきました。

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ