ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年6月12日

インド / ボーパール で更新


67発目の世界遺産!チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園 [前編]

記事は [09年05月06日302 日目   インド2 41日目 / ヴァドーダラー のお話

5月6日、ヴァドーダラーにいたときのお話。インドでやっとこ10発目の世界遺産、「チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園」!ほとんどの方が知らないと思いますが、もちろん僕も知りませんでした。。しかしマニアックな世界遺産でもしっかりとご紹介!今回は3本立てでコッテリとお届けします!

book 世界遺産 「チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園」は、、むむむ、実につかみどころの無い世界遺産です。。先史時代の遺跡、初期ヒンドゥー時代の丘の要塞、15世紀のイスラムの都市遺跡と、時代、宗教ともに多様!そして建物も要塞、宮殿、宗教施設、住宅区域、水利施設などなど盛りだくさん!そしてこれらのたくさんの見所が「チャンパネール」と、その付近にそびえ立つ「パーヴァガドゥ丘」に点在しています。しかし世界遺産の名称が「遺跡公園」ってなってるのに実際は。。

僕たちは出発前に全部の見所を特定できなかったので、
ロンプラを頼りに以下の遺跡を回りました。

【チャンパネール】

  1. ???・マスジッド(Saher ki Masjid (Bohrani ) )
  2. ジャミ・マスジッド(Jami Masjid )
  3. ケヴダ・マスジッド&セノタフ(Kevda Masjid and Cenotaph )
  4. イテリ・マスジッド(Iteri Masjid )
  5. ナギーナ・マスジッド&セノタフ(Nagina Masjid and Cenotaph )

【パーヴァガドゥ丘】

  1. カーリーカマタ寺院(Kalika Mata )

この世界遺産でまず必ず押さえたいのはチャンパネールに点在している「モスク」!上の表で「マスジッド」ってのがモスクという意味です。

ここのモスクは他のイスラム様式のモスクとはちょっと違って、インドの伝統技術を駆使して建てられたものなのです!こちらの「NHK世界遺産のサイト」では「ヒンドゥー教寺院しか造ったことがなく、イスラム建築の工法を知らない」職人たちによって造られたと紹介されてます。なのでこのニュースタイルのモスクは必見なんで・す・YO!

そしてこの世界遺産でもう1つ押さえたいのがパーヴァガドゥ丘の頂上に立つ「カーリーカマタ寺院」!ここはヒンドゥー教巡礼者の聖地とみなされている場所で、あのカーリー様が祀られています!(あのカーリー様については出てきたときに紹介。)

というわけでセカイェは、「チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園」の中ではベタな見所のみ押さえたというわけであります。

それでは「チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園」へレッツらゴー!

この世界遺産、とにかく回るところが多そうなので早目の出発!朝6時に掟、いや、起きて、朝食をすっ飛ばしてホテルを出発!でも一応ランドリーだけはお願いしといた。bleah

チャンパネールへは駅の方にある「STC バススタンド」から行くことができます。なのでまずはホテルからオートリクシャーに乗ってバススタンドへGO!

ここでインドで良くある話し。
オートリクシャーの運ちゃんにこのお金を渡そうとしたら断られた。

破れたお札

破れてテープとかで補強したお札は絶対に受け取ってくれない!これはオートリクシャーの運ちゃんだけでなく売店とかでもみんなそう!これを1回つかまされてしまうと、たちまちお金ではなくなってしまう。僕たちは、いかにもお金を持ってそうなホテルのマネージャーと仲良くなっていたので頼んで換えてもらいました。

で、バスターミナル到着。前日に確認しておいた7時30分発のバスを狙って来ましたが、7時発のバスに乗れたぜイェーイ!

バスの一番前は足元の空間が広いのよ!

チャンパネール行きバス
  • バス代: 22ルピー(約55円)、 所要時間: 1時間(ヴァドーダラー~チャンパネール)

手に持ってるのは前日に「グジャラート州観光局」でゲットしたパンフレット。英語なんで良く分からん。。写真では他にお客さんが誰も乗ってないように見えますが、出発前にガンガン乗ってくるのがインドの定番です!というかガンガン乗ってないと出発しないのかも。

朝早かったので出発後はガン寝!

途中でバスがどこかに停まったのを感じて目を覚ましましたが、出発からまだ1時間しか経っていない。チャンパネールまでは2時間くらいかかるから休憩でも入ったのかと思い再びガン寝。

・・・

再び目覚めるがまだ出発した形跡はない。でもガン寝!

そんなことを繰り返してると、

車掌さんに揺すり起こされた!

もう「チャンパネール」に到着していたらしい! (゚д゚) (゚д゚)

2時間かかると頭の中にすり込まれてたので、まさか1時間で着いてるとは思わなんだ!しかも到着してからしばらく寝てるので実際は1時間もかかってないはず。それにしても2人ともよく寝るよな~。バスの治安が悪い国では何か不安なセカイェ。。

バスターミナルの中にチャイ屋があったので眠気を覚ますために買ってみた。

チャイ
  • チャイ: 5ルピー(約13円)

チャイ屋からバスターミナルのベンチまで、2人して「おっとっと」状態でチャイを運んだ。その結果、こぼれまくり!朝食代わりのクッキーをかじり、レッツらゴー!

その前に世の頻尿人(ひんにょうびと)を代表してトイレ情報!バスターミナルには確かトイレが2種類ありました。チップを渡すタイプの方がキレイで・す・YO!

では今度こそ、レッツらゴー!

バスターミナルのすぐ外にはジャジャ~ン!と「城壁」が待ち構えてます!

チャンパネールフォート

そしてバスターミナルからは「パーヴァガドゥ丘」も見えます!

カーリーカマタ寺院

丘のてっぺんにあるのが「カーリーカマタ寺院」で・す・YO!

パーヴァガドゥ丘は最後にして、まずは城壁の中に向かってみました。遠くの方にうっすらと大きなモスクが見えるのでそちらの方向を目指します!行ってみて分かったのですが、こちらのモスクがチャンパネールで一番有名な「ジャミ・マスジッド」でした!

うぉーー!すげ~!何人乗っとるんだ!

満員ジープ

あんなのには絶対乗りたくないねーなんて話してましたが、後で乗ることに。。

とりあえず巨大なモスクを目指して城壁の中へ!中へ!

チャンパネールフォート

道なりに進んでいくと何やら発見!

Saher ki Masjid

看板を見るとここは「Saher ki Masjid (Bohrani )」と書いてある。マスジッドなのでモスクで~す!でもパンフレットにもロンプラにも名前が挙がってないので無視。。
観光にはこの潔さが不可欠?!

周りにいる人たちに「ジャミ・マスジッド」はどっち?どっち?と聞きながら進んでいきます。たとえ地図がなくても聞いて行けばたどり着く!素直に聞いときゃだいじょうV!

さらに道なりに進むと、地元の方々の生活感が漂う通りに出てきます。

チャンパネール

城壁の中の村といった感じですね。

左の黄色い看板には「Welcome World Heritage Site 」の文字が~!

チャンパネール

世界遺産であることを実感しないと不安なセカイェ。そして右の看板にあるケーブルカーを使ってパーヴァガドゥ丘の頂上まで行くことができます!

イェ~イ!

アイス屋

でもって、バスターミナルから30分くらい歩くと、

やっとこ見えてきた!

ジャミ・マスジッド

「ジャミ・マスジッド」で・す・YO!

ジャミ・マスジッド
  • チケット代: 100ルピー(約250円)、 チャンパネールの全遺跡共通

歩いて30分って結構距離あったな~。ここまであまり触れてませんでしたが、かなりクソ暑かったです。はい。最近のインドの暑さ、どうかしてるから。。sun sun

ここで初めてチャンパネール全体の地図を見ることができました。看板には地図と遺跡の名前が書かれていたのですが、各遺跡があまり密集してないことに気づく。。よってやっぱりロンプラに載ってるところのみに決定!僕たちは歩き回って干からびながらイェーイ!しましたが、バスターミナルからオートリクシャーをチャーターするのが正解だったと思います。。

そしてここを管理しているおっさんが登場しチケットを購入。チャンパネールの全遺跡で共通のチケットだと言われましたが、ジャミ・マスジッド以外では特にチェックはありませんでした。

ここからジャミ・マスジッドの話題に戻ります。

イスラム教国でモスクを見た経験もなく、この分野はかなり勉強不足です。。bleah
写真中心にサラ~っとどうぞ!ウンチクなくても美すぃ~ですから!

ほら、美すぃ~!

ジャミ・マスジッド

右側にある四角い建物が入口になってます!

ジャミ・マスジッド

窓にも細かな彫刻がされてます!

ジャミ・マスジッド

入口から見るとこんな感じ!

ジャミ・マスジッド

モスクには大体「中庭」があってその奥に「礼拝堂」があるらしいです。ここ「ジャミ・マスジッド」も同様でした。目の前のドデーンと立ってるのが礼拝堂で・す・YO!

礼拝堂はインパクト満点ですが、
中庭の内側からみた壁にはほとんど彫刻がありませんでした。

ジャミ・マスジッド

やっぱり礼拝堂に目がいっちゃいますね!

ジャミ・マスジッド

入口の両脇には大きな「ミナレット(尖塔)」がドデンとあります!ミナレットはイスラム信徒に対して祈りの時を告げるために使われます。上まで登ることができるので上から呼びかけるわけです。はい。

それではいよいよ礼拝堂の中へ!

ジャミ・マスジッド

両脇のミナレットのボリューム感がスゴイ!こんもりしてる!

そして彫刻もめっちゃ細かい!

ジャミ・マスジッド

そして礼拝堂の中は、

柱だらけ!

ジャミ・マスジッド

なんと、176本もの柱があるらしい!これがインド独特の建築手法なのでしょうか。

こちらが恐らく「ミフラーブ」!

ジャミ・マスジッド

ミフラーブとは礼拝用に壁にくぼみが作られた場所で、こちらがメッカの方向(ギブラ)を示しているそうです。今後に備えてイスラム教の本が何冊か欲しいな。。

そしてこちらが天井!モスクと言えば天井が「ドーム」になってるのが特徴です!

ジャミ・マスジッド

写真を見ると分かるのですが、チャンパネールのモスクではドームを柱で支えるというイスラム様式にはない独自の手法が取られてます。そして柱の横には壁がないのでそこから光が入ってくるわけです。ヒンドゥー寺院しか造ったことがなかった職人さんが知恵を絞って造ったということでしょう!

そして最後にジャミ・マスジッドの中で一番美すぃかった彫刻をご紹介!

ジャジャーン!

ジャミ・マスジッド

美すぃすぎる!天井で発見しました!

以上、ジャミ・マスジッドでした。写真を見ると分かるかと思いますが観光客はほとんどゼロ!イェーイ!今回はイスラム様式のモスクとの対比があまり理解できてなかったのですが、美すぃ~ものは美すぃ~ってことで。paper

これから回っていく他のモスクも基本ジャミ・マスジッドと同じ構造です。この後歩いて3つのモスクを回るのですが、干からびそうになるし道に迷いそうだしホント大変でした!

というわけで、次に向かうのは「ケヴダ・マスジッド&セノタフsun sun

チャンパネール

この後はこんな感じの道が続いていきます。。

チャンパネール

ほとんど人通りがなかったので超不安になる。ケヴダ・マスジッドの先の道なんてもっと心細くなる。。世界遺産名は「遺跡公園」ってなってますがどう見ても公園というよりは、単なる田舎。。

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園-中編の記事に続く。。

【目次 - チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園】
  1. 67発目の世界遺産!チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園 [前編]
  2. 67発目の世界遺産!チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園 [中編]
  3. 67発目の世界遺産!チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園 [後編]

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

本日ついに1ヵ月ぶりの世界遺産「サーンチーの仏教建造物群」に行ってきました~!暑い!暑い!暑い!松岡修造10人分くらいの暑苦しさ!この時期のインド、ほんとお薦めできん。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ