ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2008年11月16日

タイ2 / チェンマイ で更新


33発目!ルアン・パバン [3日目] 博物館、プーシーなど

記事は [08年11月07日122 日目   ラオス 3日目 / ルアンパバーン のお話

11月7日、ラオスの世界遺産、「ルアン・パバンの町」、3日目。早朝の托鉢見学後のお話。次の日の朝、ビエンチャンに移動のためルアンパバーンを堪能できるのもこの日が最後。メインストリート、「シーサワンウォン通り」沿いにあるワット・マイ国立博物館プーシーを見て回りました。

この日は托鉢見学のため朝起きたのが4時30分。本当は5時半起きで十分間に合ったのに。。恐らく2人の電池はそんなに遅くまで持たないだろう。

そんなわけで托鉢見学後は、「シーサワンウォン通り」をウロウロするだけに決定!この通り沿いに見所が密集しているので、ここだけでも十分楽しめる!

まずは旅行代理店を数件回って、翌日のビエンチャン行きバスチケットを購入。ほんでもって、「ワット・マイ」に向かいます。

途中、オモローな輩を発見!

これは確か、

ネコ鍋では?! いや、ネコカゴというべきか!

猫鍋

国立博物館を通り過ぎると、すぐに「ワット・マイ」が現れます。ここはルアンパバーンでワット・シェントーンに次いで有名なお寺です。

ルアンパバーン様式の建物の特徴、5段に重なった屋根が美しい!

ワット・マイ

ワット・マイ

屋根もキレイだが、入り口の壁面にある金色に輝くレリーフはもっとキレイ!古代インドの叙事詩、「ラーマーヤナ」が描かれているらしい!

キラキラ~ shine

ワット・マイ

キラキラ~ shine

ワット・マイ

1人20,000キープ(約230円)払うと中に入れます!が、外観の方がオモローかも。

ワット・マイ

ワット・マイの見所は本堂のみなので、続きまして~は~、「ルアンパバーン国立博物館」へ!歩いてすぐそこ!

博物館の入り口だぜイェーイ!

ルアンパバーン国立博物館

ここはかつての王宮を博物館として開放しており、王宮で使用されていた調度品や世界各国からの贈答品が展示されています!

入り口を入ってすぐ右に、目を引くキレイな建物があります!

ルアンパバーン国立博物館

この建物の上から博物館本館を眺めます!いい感じ!

ルアンパバーン国立博物館

博物館本館前!いい雰囲気!

ルアンパバーン国立博物館

しかし、外観をパシャパシャやってたら、

しまった!博物館、閉まってしまった!
我ながらナイス語呂合わせ!

ルアンパバーン国立博物館

どうやらお昼休みのようだ!ガビーン!

というわけで、先に国立博物館のちょうど向かいにある小高い丘、「プーシー」に登ってみることに!ここの頂上からはコンパクトにまとまっている「ルアン・パバンの町」を一望できるのでーす!世界遺産を一望!一望!

ちょっとした階段を登っていくことになります。途中で入場料20,000キープ(約230円)を支払います。

プーシー

10分くらい登るとテッペンが見えてきます!

プーシー

テッペンにはタート・チョムシーと呼ばれる仏塔があります。
この仏塔は町中からもちょこんと見えるんです!

タートチョムシー

そんなに高い丘ではないが、見晴らしはかなりイェーイ!

こちらはメコン川と国立博物館!
博物館が見えるように邪魔な木を切ったとしか思えないほど、よく見える!

メコン川と国立博物館

メコン川を見ながら佇む1号。
なんかこれ恒例になってきたな。

プーシー

そしてメコン川を激写する2号。

プーシー

反対側にはルアンパバーン空港が見えます!見えます!
ちょうど飛行機が飛びそうだったのでみんなこちら側に集まって見ていました。

プーシー

ルアンパバーンに来たらプーシーは登っておいた方がいいねーー!

まだ国立博物館が開くまでに時間があるので僕たちもランチターーイム!

近くのマーケットでバゲットサンドを買ってみました!

プーシー

ここには各種フルーツシェイクの他、オレオのシェイクがあり、1号、買おうかどうかかなり迷う!僕もどんなもんなのか見てみたかったので買わないかなーって見てるも結局買わず。

宿近くの行き付けの店まで戻り、1号はパパイヤシェイク、僕はアイスコーヒーを買ってバゲッドサンドを喰らう!

プーシー

うま~い!これ1つでかなり食べ応えがある!というか半分で十分!それにしても甘ーいアイスコーヒーとバゲッドサンドってベトナムを思い出す!ベトナム、ラオス、カンボジアはフランス領インドシナとしてフランスの支配下にあったため、フランスの食文化が残っているのだろう。

お腹一杯になったところで、再度、「ルアンパバーン国立博物館」に向かう!

今度はこっちの建物も入り口が開いてる!

ルアンパバーン国立博物館

ルアンパバーン国立博物館

中に潜入!超ゴージャス shine

ルアンパバーン国立博物館

ルアンパバーン国立博物館

こちらの博物館本館は、入場料30,000キープ(約350円)が必要です。

ルアンパバーン国立博物館

入場前にカバンやカメラはロッカーに預けなければいけません。よって内部は撮影禁止なんです。

地球の歩き方には博物館の詳細な解説があるので、歩き方だけは持って入りましょう!中には王や王妃の接見部屋、寝室、図書館などがあり、壁一面にガラスのモザイク画があるイェーイ!な部屋もあります。

そして博物館の外からは、黄金の「プラバン像」がある部屋を覗くこともできます。ルアンプラバンという街の名前はこの像に由来していると言われてます。

そんなこんなで博物館を堪能したところで、1号、2号ここで本日の充電がきれ、この後1号はマッサージ屋へと姿を消していったとさ。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

引き続きチェンマイでのんびり、まったり中です。だいぶ太ってきたかも。
ただ今、今後のルートを検討中!恐らくはバンコクから列車に乗ってマレーシア、シンガポールと下っていくことになるでしょう!まだまだ続くよアジア旅行!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(ラオス) 新着15件っす!

コメント

> けいこ さーん!
コメントありがとー!
彼らとはルアンパバーンのナイトマーケットで運命的な出会いを果たせました。
左から「ボバーン!」「ブバーン!」「パバーン!」です。1号が変な名前付けるから僕もどいつが「ブバーン!」なのかよくわからなくなります。

うわぁ!
パパイヤシェイクの前にいるのなんじゃこりぁ~!!
3匹いるょ

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ