ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年6月 7日

インド / ボーパール で更新


66発目の世界遺産!エローラ石窟群[ジャイナ教窟&29窟]

記事は [09年05月01日297 日目   インド2 36日目 / アウランガーバード のお話

5月1日、引き続きインドの世界遺産、「エローラ石窟群」のお話!今回はエローラに3つある宗教寺院の内、ジャイナ教窟(第30~34窟)と、入口へ戻る途中に寄ったヒンドゥー教窟の一部(第27,29窟)をお届けします!「第29窟」は64発目にイェーイ!した「エレファンタ石窟群」の第1窟と本当にそっくりなので、エレファンタ石窟群の記事と対応した形で紹介してます!是非見比べてみてください、イェイ!

この日は抱腹絶倒なほど二日酔いでしたが元気にご紹介していきます!エローラ石窟群は南北2kmに渡って、南から仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の3つの宗教の石窟が一列に並んでいます。この中では北側にあるジャイナ教の石窟ゾーンが入口から結構離れているんで・す・YO!

僕たちは最大の見所「第16窟」は最後のお楽しみにとっておき、まずは一番遠いジャイナ教の方から回ることにしました。scissors

ジャイナ教窟のある北側方面へはオートリクシャーが通れる道が整備されているので歩かなくてもOKイェイ!僕たちはアウランガーバードからオートリクシャーをチャーターして来たのでリクシャのおっさんに頼んで北側の石窟にも連れてってもらいました。現地にもワラワラいるので効率的に回るなら絶対乗った方がイェイと思います!

まずはジャイナ教ゾーンへレッツらゴー!

というわけでオートリクシャーに乗ってジャイナ教の石窟ゾーンへ向かいます。最後のお楽しみにしていた第16窟がちらっと見えてしまったような。見えてないような。。coldsweats01

石窟のある岩山からちょっと離れた道を走っていきます。途中で他の石窟への分かれ道があったりするのですがリクシャのおっさん、超キョドってた!恐らくココ初めてでは。。

そして7~8分走ると目の前に何やら見えてきました!

オートリクシャ

リクシャに付いてる緑のはクラクションです。

ちょっとだけパフってやらせてもらおうかなってところで、

ジャイナ教ゾーン」に到着!

ジャイナ教窟全景

石窟と言えば仏教が多いので「ジャイナ教の石窟」ってどんなことになってるんだろうと土っ器土器!そしてジャイナ教の文化に触れるのも初めてなのでワック枠!でも二日酔いでウォァエ。

右に見えてるのがジャイナ教窟の中で一番有名な「第32窟」で、左に見えてるのが「第33窟」です。僕たちは32窟をメインにイェーイ!し、31窟と33窟をほんのちょろっと見ただけです。bleah

では32窟へ~!

エローラ第32窟

エローラではこんな感じで道に第何窟か書いてあるので分かりやすい!ちなみに32窟の入口の右側にちょこんと「第31窟」があります。

中に入ると象さんがお出迎え~!

エローラ第32窟

第一印象はというと、ジャイナ教だかヒンドゥー教だか見分けがつかない。。ジャイナ教も象さんなの?

なのでジャイナ教でしか見られないようなものを探してみる。そしたら案外すぐに見つかった!これは仏教でもヒンドゥー教でも見たことがないので見た瞬間かなり新鮮な気持ちに!そしてなぜこうなる?とも思った!

こちらです!

ジャーン!

エローラ第32窟

堂々と見えてますね!この感覚は初めてです!ジャイナ教の教えの1つに「無所有」といって「何ものも所有しない」という教えがあるので洋服も着てないのでしょう。「裸形派」と呼ばれる方々は今でも衣服をまとわず実践されてるらしいです。

こんな感じで色々なところに佇んでおります。

エローラ第32窟

穴から2号がちらり。

エローラ第32窟

反対側から見ると雰囲気あるっしょ!

エローラ第32窟

「第32窟」は、入口を抜けてすぐの象さんがいる空間はそれほど大きいとは感じませんでしたが、実は奥行きが結構あります!そして2階建てになってる!アジャンターにもあったが石窟で2階建てってすごいと思う。

そして2階も結構広い!

Matanga

奥にうっすら見えてる像は
マタンガ(Matanga: God of wealth )」という神様らしい。

Matanga

象さんの上に乗ってます!

壁面や柱の彫刻は細かく彫られてるなと思いました。

エローラ第32窟

エローラ第32窟

32窟と33窟は2階でつながってるそうなのですが、どうやって行けばいいのかわからず断念。

最後に入口にあった建物を2階からパシャリ!

エローラ第32窟

これ実は、規模はだいぶ小さいですがエローラ最大の見所「ヒンドゥー教第16窟」の造りとかなり似ています!ヒンドゥー教の石窟をみてジャイナ教の人たちは真似して造ったのでしょう!

ちなみこちらが「第33窟」です。

エローラ第33窟

こちらも2階建てになってるのが分かると思います!

こんな感じでジャイナ教ゾーンは第32窟をメインにあっさりと終了です。bleah

続いてはヒンドゥー教、第29窟へレッツらゴー!

「第13窟~29窟」までがヒンドゥー教ゾーンなのですが「第29窟」もちょっと遠い!ジャイナ教ゾーンからちょうど寄って行けるのでオートリクシャーでイェーイ!しました!

紙面の都合上、あっという間に到着!

エローラ第29窟

この第29窟は、ムンバイにある世界遺産「エレファンタ石窟群」の第1窟にそっくりな造りをしていることで知られています。どちらも作成時期の解釈に幅があるので、どちらがどちらに影響を与えたのかはよく分からないですが、ほんとクリソツなんで・す・YO!この規模でここまでクリソツなのがすごいのよ!

入口からしてクリソツ!

エローラ第29窟

そして石窟の中の造りも超クリソツなんで・す・YO!

エローラ第29窟

エレファンタ名物「3面のシヴァ神像」はおりませんが、それ以外はほぼ同じ!64発目で紹介しました「エレファンタ第1窟」の記事となるべく同じ順番で紹介しますので是非見比べてみてください!思い切って印刷して見比べちゃいましょう!

部屋の中にポコンと見えてるのがシヴァの象徴、リンガ(男性のアレ)!

リンガ

dvarapalakas; door-keepers
リンガを囲む壁には、守護神「ドゥヴァラパーラ」!

ドゥヴァラパーラ

この中にあるリンガをお守りしている巨大な守護神の像です!女性の像もありますね。

エレファンタ第1窟にもあった「シヴァ神にまつわる巨大レリーフ」も同じように存在してます!ここからはレリーフをドンデンダンとご紹介!

Nataraja; the celestial dance of Lord Siva
舞踏王ナタラージャと呼ばれるシヴァ!

ナタラージャ

ダンシングゥ~!ナタラージャの腕の大きさのバランスにちょっと違和感を感じます。。

エレファンタの第1窟には「ヨガで瞑想するシヴァ」のレリーフがありましたが、エローラ第29窟では見当たらず。。

Antakasuravadamurti; killing of the demon Antaka
アンダカを殺(あや)めるシヴァ!

アンダカ

こちらの方がエレファンタより迫力があります!

アンダカ

Kalyanamurti; the celestial marriage between Lord Siva and Parvati
シヴァとパールヴァティーの結婚!

シヴァとパールヴァティーが握手してます。相変わらずの微笑ましさ。

Siva and Parvati playing chausar
サイコロゲームをするシヴァとパールヴァティー!

こちらはエレファンタで紹介した時は「???」状態でしたが、ダイスゲームをするシヴァとパールヴァティーだったようです!

お2人の下にいる聖牛ナンディを良く見ると、

お怒りなのでしょうか。誰か踏んじゃってますね。

Ravana Shaking Mount Kailasa; Siva blessing Ravana, the demon King
カイラーサ山を揺らす魔王ラーヴァナ!

ラーヴァナ

こちらもエレファンタでは「???」状態で紹介してましたが今回は分かってますよ!こちらはヒンドゥ~なお話しをどうぞ!

【ヒンドゥ~な話】
「ラーヴァナ」は、叙事詩「ラーマーヤナ」に登場する手と足がいっぱいある魔王です。シヴァと妻パールヴァティーが住む「カイラーサ山(ヒマラヤにあるらしい)」を魔王ラーヴァナが動かそうとしてグォーーって揺すっているところです!写真だと中央下にいるお方です。でも分からいことがいっぱ~い!この話はラーマーヤナとは別の話しなのかな。。そしてなぜ揺すってるのかは不明。。日本の図書館にこもって調べた~い!イェーイ!

そして揺らされている山の上にいるシヴァとパールヴァティーをよく見ると、

ちょっとエロくね。。

ラーヴァナ

破壊神の鼻の下がのびてるようにも見えます。。奥様もまんざらではなさそう。。

レリーフの紹介は以上です!実は後から調べたら「Lakulisa(form of Lord Siva )」ってレリーフもあるらしいんですが見てないっぽいです。調べる力ももうないんで誰か情報くださいです。。

そしてこちらは第29窟の中から見た「28窟」とか「27窟」とかそこら辺!

ヒンドゥー教窟

ここからずっとヒンドゥー教の石窟がつながっているので、歩いて全部回っていくことができます。しかし暑いし、ウォァエなんで僕たちはちょっとだけ見に行って、再びリクシャの待つ29窟に引き返してくることにしました。

というわけでこんな所に来てみました!

エローラ第27窟

2号の右が27窟で左奥の断崖に見える穴のところが29窟です!

もうちょっと大きな写真を使うと、ここが29窟ね!

エローラ第29窟

こんなにも29窟の写真を載せてるブログはあるだろうか。。ここまで書いておいてちょっとやりすぎたなと思った。。世界遺産イェーイ!だし、まぁいっか。

最後に27窟にあった彫刻を!

エローラ第27窟

色が着いていたので昔はもっとキレイに彩色されていたのかも。右からシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーかな。テキトウ、イェーイ!

記事も長くなってきたので急いでリクシャの待つ29窟の前に戻ります。

リクシャに乗って一旦エローラの入口へ~!

オートリクシャ

ついにやっちゃいました!パフっ!パフっ!結構いい音する!

ほんでもって入口に帰ってきて売店でコーラを補給しようとするの図。

入口売店

大量の猿に囲まれながらのコーラ休憩。木の上にめっちゃ猿たちがいて、めっちゃ色んなもの落としてくるんで大変!イェーイ!

北側の観光はこれにて終了!

この後は第1窟から始まる仏教ゾーンと、ヒンドゥー教ゾーンの一部を見て入口まで戻ってきます。

エローラ石窟群-仏教窟&ヒンドゥー教窟(1窟~15窟)の記事に続く。。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

今日3回目のネットカフェ。。あまりにも長いこと同じホテルにいるので、記事のストックはリアルタイムに追いついてしまってます。。なのでガムシャラに更新してます。。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ