ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年6月 8日

インド / ボーパール で更新


66発目の世界遺産!エローラ石窟群[16窟(カイラーサナータ寺院)&21窟]

記事は [09年05月01日297 日目   インド2 36日目 / アウランガーバード のお話

5月1日、引き続きインドの世界遺産、「エローラ石窟群」のお話!長かったエローラ編も今回で最後!最後はヒンドゥー教窟の2つの石窟、「第21窟」と、最大の見所「カイラーサナータ寺院(第16窟)」をお届けします!16窟はアホみたいにデカいんで・す・YO!そしてこの記事のタイトルもアホみたいに長いんで・す・YO!

エローラ石窟群は南北2kmに渡って、南から仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の3つの宗教の石窟が一列に並んでいます。今回は入口からちょっと北側にあるヒンドゥー教ゾーンの「第21窟」を見て、最後に入口の目の前にある「カイラーサナータ寺院(第16窟)」をイェーイ!してエローラ観光終了となります!

まずはヒンドゥー教の「第21窟」周辺へレッツらゴー!

本当は21窟の方へもオートリクシャーで行きたかったのですが、僕たちがチャーターしてきたリクシャのおっさんが見つからないので歩いていくことにしました。

行く途中、さすがに見えちゃいました!

カイラーサナータ(16窟)

向こうにうっすら見えてるのが「カイラーサナータ寺院(第16窟)」です!写真だと分かりにくいのですが、肉眼だとハッキリとただ事ではないことが分かります!こちらは後ほど!

ヒンドゥー教の第17窟以降はこちらを歩いていくわけです。
┌( ・_・)┘ テクテク

エローラ第21窟へ

あんまり歩いてる人はいないかも。物凄い数の人が乗ったオートリクシャーがちょくちょく横切っていきます。

とは言っても5分くらいで「第21窟」周辺に到着!

エローラ第21窟他

「21窟」は16窟と29窟の間にあり、周辺にはもちろんヒンドゥー教の石窟がワラワラとありますが、狙いは1つ!「第21窟」のみ!ジャイナ、仏教ゾーンを回ってきてほとんど余力は残ってません。それに朝からウォァエ状態だし。。

一目散に「第21窟」へ!

エローラ第21窟ナンディ

左の台座の上に乗ってるのは聖牛ナンディです!シヴァの乗り物であるナンディが見てる方向にはもちろんリンガがあります!

「第21窟」は14窟、29窟と並びヒンドゥー神話をモチーフとした壁面彫刻で有名なところです!

入口には早速、女神「ガンガー」のお姿が!

女神ガンガー

間違えちゃうとアレなんで、ガンガー様は左下の上半身だけの方です。。ヒンドゥー教ではガンジス河(ガンガー)も神様なんで・す・YO!しかも女神ってのがイェイ!

こちらは中の様子。右側が入口で、左奥にはリンガがあります!

エローラ第21窟

中の壁一面にヒンドゥー神話のレリーフ(浮き彫り)があります。意外と天井には装飾がなかったりする。

ここにも14窟や29窟と同様のヒンドゥー神話の彫刻がたくさんありますが、今回は初めての紹介となる2つの彫刻をどうぞ!

まずは、水牛の姿をした魔王マヒシャを倒す女神「ドゥルガー」!

女神ドゥルガー

下の水牛が魔王マヒシャで、水牛の上に乗っかってるのが女神ドゥルガーです。

【ヒンドゥ~な話】
シヴァ神の奥様「パールヴァティー」のキャラ設定について。今までの記事の中ではかなり微笑ましいキャラに写っていたパールヴァティー様ですが、実は驚くことにドラゴンボールのフリーザのように形態変化するんで・す・YO!パールヴァティー様は以下3つの形態を持っています。

# 呼び名 特徴
1 パールヴァティー 穏やか、優しい、美人。
2 ドゥルガー 外見は美人だが超強い!10本の腕を持つ戦いの女神。ライオンに乗ってる。
3 カーリー 最恐!青黒い体で4本腕。人の生首をつなげたネックレスをして舌を出す。女神というかもはや妖怪にしか見えない。。日本の子供が見たら間違いなく泣く。

下にいくほど強烈なキャラとなります。「カーリー」は本当にヤバイです!次の世界遺産の記事でお姿を公開する予定!
今回の彫刻はパールヴァティーの第2形態「ドゥルガー」にまつわるお話しです。シヴァやヴィシュヌらの神々が手に負えないほどの強さを見せる魔王マヒシャに対しドゥルガー様完勝!シヴァよりも奥様の方が強いという構図になってます。ドゥルガー様と言えばこのマヒシャ討伐の場面が一番有名で、このレリーフだと違うのですが、10本の腕に武器満載でライオンに乗って水牛マヒシャを仕留めている姿がよく描かれています。どこかでいい写真撮れたら掲載します!

そしてこちらは女神?「チャームンダー(Chamunda )」!

チャームンダー

右の壁中央に立っているガリガリのガイコツおばさんみたいなのが「チャームンダー」様です。。女神っていうか死神。。ヒンドゥーにはこんなにもインパクトをお持ちの神様がまだいらっしゃったのね。ここで初めて見ました!最初僕は左に写ってる象の頭をした「ガネーシャ」にだけ注目していたのですが、周りにいたインドの方が「スケルトン!スケルトン!」とはしゃいでいたので注目できたわけです。。

何者なのかよく分からない神様ですがエンカルタで調べてみたところ、マイスール(旧称マイソール)にチャームンダーを祀る寺院があるそうで、先ほどご紹介したドゥルガーと同一視されているらしいです。どう見ても別人だろ!!と突っ込みたくなりますが。まぁドゥルガーと同じってことはチャームンダーもシヴァの奥さんってことになります。どんな神様でもシヴァファミリーに取り込まれる。それがヒンドゥ~!

以上、2つの彫刻の紹介でした。

他にもキャワイェイ彫刻があったのでパシャリ!camera

ベビークリシャナ?

真ん中にいるのはベビークリシュナかな?はて?

こんな感じで彫刻盛りだくさんの21窟でした!

エローラ第21窟

ヒンドゥーワールドが大好きな方であれば14窟、21窟、29窟、そしてこれから紹介する16窟を見ればお腹一杯になるでしょう!

そして、(松本)いよいよメインの「第16窟」へ!

16窟へ行く途中には17~20窟がありますが、無視!
メインの前に体力温存で・す・YO!

奥に見えている赤い橋を渡ると、(松本)いよいよ「第16窟」!

カイラーサナータ(16窟)へ

見えてきました、「カイラーサナータ寺院(第16窟)」!

カイラーサナータ(16窟)

とりあえず記念撮影!お嬢ちゃんもサングラス!

カイラーサナータ(16窟)

カイラーサナータ寺院は近づきすぎるとそのインパクトの凄さが分からないので遠目からのショットをどうぞ!

ジャーン!

カイラーサナータ(16窟)

真ん中の大きな寺院がカイラーサナータ寺院なのだが、何がすごいのかって岩山を上から削っていってこの巨大な寺院が造られたんで・す・YO!Incredible! どういう設計をすると上から削ってこんなにうまく寺院ができるのだろうか!信じられん!もはや洞窟状ではないのでこれは石窟ではなく「石彫寺院」と呼ばれてます。

ちなみに「石彫寺院」と言えば、
世界遺産「マハーバリプラムの建造物群」の「ファイブラタ」も有名!

ファイブ・ラタ

写真では4つしか見えてませんが5つの寺院が1つの岩から造られたのではないかと言われています。規模は小さいですが1枚岩から造るってすごいでしょ~!

そしてカイラーサナータ寺院が影響を受けた寺院がこちら!
世界遺産「パッタダカルの建造物群」の中の1つ「ヴィルーパークシャ寺院」!

パッタダカル

ヒンドゥー教寺院には北方型と南方型の2種類があるのですが、ヴィルーパークシャ寺院は頂上に王冠のようなものが乗ってる南方型のヒンドゥー教寺院です。カイラーサナータ寺院の形はこのヴィルーパークシャ寺院に影響を受けているので南方式のヒンドゥー教寺院の特徴が見られます。

説明が長くなりましたが、それでは中へ!

中に入るとまず「ラクシュミー」の巨大レリーフ(浮き彫り)がお目見えします!

ラクシュミー

【ヒンドゥ~な話】
「ラクシュミー」はヒンドゥー教2大神の1人「ヴィシュヌ」の奥様で、美と幸運と富の女神!ラクシュミー様は蓮華の上にいて一緒に象さんが描かれていることが多く、上のレリーフでも確認できます!そして残念ながらこのレリーフでは分かりませんが、ラクシュミー様、富の女神だけあって右手からは光線のように金貨がブワァーって出てるんで・す・YO!こちらも写真撮ったらお見せします!後でホームページにヒンドゥ~なサイトを追加しようと思ってまーす!

カイラーサナータ寺院(16窟)は上から岩を削ってただ寺院を造っただけでなく、こんな感じで彫刻もいっぱい施されてます!外観のインパクトだけでも十分楽しめますが、ヒンドゥー教の神様についてちょっろっと予習しておくだけで内部のレリーフも楽しむことができ、オモしろさ倍増!イェーイ!

で、入口を抜けるとこんな風景!

象とスタンバ

カイラーサナータ(16窟)

これ、岩山を上から削って造られているってことをお忘れなく!そう考えるとIncredible! でしょ!

しかも細かな彫刻まで残してる!

ラーマーヤナ

こちらはインドで有名な叙事詩「ラーマーヤナ」の場面が描かれてます。ラーマーヤナの彫刻はヒンドゥー教寺院では結構見られ、アンコール・ワットの第1回廊にもあります!時間があれば内容を押さえたいところです。

カイラーサナータ寺院は分かりやすく言うと戦艦のような形をしてるのですが、こちらは一番奥の本殿を横から見たところです。

カイラーサナータ(16窟)

「カイラーサナータ」のカイラーサとはシヴァ神が住むカイラーサ山(ヒマラヤにあるらしい)を表しており、この寺院はカイラーサ山を見立てて造られているので・す・YO!

その山を必死に支えているのはこちらの象さんたち!

カイラーサナータ(16窟)

この寺院はかなり有名なのでネットで調べると色々な写真を見ることができると思いますが、セカイェはマニアックなところをご紹介!

寺院の脇にあるこちらの回廊で見つけたオモローなレリーフをご覧ください!

カイラーサナータ(16窟)

リンガの周りに顔一杯!(左)と、リンガの中からこんにちわ!(右)

リンガ リンガ

このようなシヴァの象徴「リンガ(男性のアレ)」をモチーフにしたレリーフが他にも色々ありました!回廊も必見で・す・YO!

で、次は寺院の上に登ってみました。

聖牛ナンディの御尻です!

ナンディ

もちろんナンディの見てる方向にはこんな感じでリンガがあります!

リンガ

一番奥に見えるポコンって出てる黒いやつです!そして天井に何やら彫刻みたいなのがあるで写真撮ってみました!

ジャーン!

天井

こちらはダンシング・シヴァか?ひょっとしてカーリー?床に寝ながら撮ってます。。

最後に寺院の外に出て外観を楽しむことに。

隣にあった小山を登ってみる!

カイラーサナータ(16窟)

ある程度登ると、

カイラーサナータ寺院を上から一望できる!

カイラーサナータ(16窟)

カイラーサナータ(16窟)

こんなの上から削ってできるもんなのか?!そしてやっぱり疑問に思うのは削った岩は一体どこへ?

ここからもっと登って寺院の裏側にも行けたのですが無念の電池切れ。。

最後に上から望遠レンズでとった写真をお楽しみください!

カイラーサナータ(16窟)

こちらは南方型ヒンドゥー教寺院の特徴、冠石(シカラ)のドアップ!

カイラーサナータ(16窟)

冠石手前の彫刻!
瞑想するシヴァってとこでしょうか?手前にはライオンがグワァー!

カイラーサナータ(16窟)

ここからは「ナンディー堂」の上の部分を撮ってます!

天井を頑張って支えている方!

カイラーサナータ(16窟)

何かを大事そうに持つ女性!

カイラーサナータ(16窟)

えびす様のようなお方!

カイラーサナータ(16窟)

以上、エローラ石窟群でした!

カイラーサナータ(16窟)

セカイェは5時間もエローラを楽しみましたが、全部の石窟は見ることができませんでした。かっつり全部見るとなると一体何時間かかるんだ?!エローラ恐るべし!

最後に。
1時間くらいかけてオートリクシャーで「タージ・レジデンシー」まで帰ったのですが、

リクシャはホテルの門の中には入れないらしい!さすがは高級ホテル!

タージ・レジデンシー

ホテル自慢でした。。bleah

いや~、ほんと有り得ない二日酔いの中で移動も含めて7時間、よく頑張った!仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の3種類の石窟がありましたが、やっぱりヒンドゥ~が好きだなぁ~。日本帰ったらほんと図書館こもって色々調べたい!そして今度は世界遺産ではなく、ヒンドゥ~というテーマを持ってインドを回ってみたいで・す・YO!

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

安田記念のウォッカのレース映像を見ました!ほんと強いですね!直線で前がふさがりまくっている状態から最後にシュッ!って抜けてきた映像は、「ゲームじゃないんだから!」と突っ込みたくなるほどでした。ほんといいもの見させてもらったな~。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ