ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年6月 5日

インド / ボーパール で更新


65発目の世界遺産!アジャンター石窟群[第2,4,6,7,8窟]

記事は [09年04月29日295 日目   インド2 34日目 / アウランガーバード のお話

4月29日、引き続きインドの世界遺産「アジャンター石窟群」のお話。前回はアジャンター石窟群の中で最大の見所「第1窟」をご紹介しましたが、今回からは「その他の石窟」について何回かに分けてイェーイ!していきます。写真中心でサクサクっとお届け!アジャンターの雰囲気をお楽しみください!

まずは「第2窟」へレッツらゴー!

この意味不明な暑さゆえかアジャンターにはほとんど観光客がいなかったので各石窟ともゆったりと見て回れました。石窟の中にほとんど誰もいないですからね!独占女の60分!

第1窟のすぐお隣が「第2窟」!

アジャンタ第2窟

石窟の前にある大きな白い日除けが目立ってます。最も重要な壁画のある第1窟には無かったので第2窟は日光がジャストミートしてしまう場所なのかも。

そして第2窟の入口。

アジャンタ第2窟

各石窟の前にはこんな感じで監視している方が1人います。ドラクエとかで扉の前で待ち構えている「中ボス」みたい!もちろん話しかけても戦闘は始まらないです。bleah
しかし1号には、どう見ても村人Aでしょって突っ込まれる。。

でもって、中に入ってみると、

そこで、読書ですか?。。

アジャンタ第2窟

おじさんを踏まないように中へ。

アジャンタ第2窟

内部の造りは第1窟と同じような感じでした。こちらも怪しげな光でライトアップされてます。この光の色が壁画にやさしいのかも。

天井や壁には保存状態の良いたくさんの壁画が残っています。

アジャンタ第2窟

石窟には入口の扉以外に窓もあって、こう見ると窓から光が入りすぎちゃってる感じがしますね。あの白い日除けは役にたっとるのか。。

こちらの壁画は「釈迦の誕生」の場面を表しているそうです。

アジャンタ第2窟

真ん中をよーく見ると、人に抱っこされてる赤ん坊の姿が見えてくるはずです。。
がんばって凝視!

他にもキレイな壁画でいっぱいで・す・YO!

アジャンタ第2窟

こちらの壁には一面に仏様!

アジャンタ第2窟

千体仏」というらしい!

アジャンタ第2窟

このワラワラ感のあるデザインを最初に考えた人のセンスがイェイ!ちなみにこの後の石窟では石を削って造ったバージョンも登場します!

柱の装飾もイェイ!で・す・YO!

アジャンタ第2窟

チラリと写っている天井画にも注目です!鮮やかでしょ!
偶然写真に写ってるだけで、実は見逃してました。。

右奥には2体の像がちらり!

アジャンタ第2窟

第1窟もそうでしたが、壁面の前にはロープが張ってあって近づけないようになってました。なので2体の像を正面から拝めなかったのがちょっと残念。そして後々調べてみると第2窟は天井画が美すぃ~らしいです。千体仏に目を奪われてほとんど見てないし。weep

次は「第4窟」へ!

石窟の中から出てくるとズドゥワ~ンとした暑さが再び襲ってきます。日差しがキツイというよりも皆さんが良く知るズドゥワ~ンとした感じなんです。だからすぐにシャラベッポーになります。

第3窟は未完成ということでスル~!第4窟を目指します!さすがに世界遺産イェーイ!とか言っててもこの暑さの中、30窟全部見るのはね。。

ご覧の通り誰もいなーい!

アジャンター

窟の前で靴を脱ぐ。

アジャンタ第4窟

見所の石窟に入る前はほとんど靴を脱がなければいけないので、サンダル履いてた方がイェイかもしれません。

中は、広々~!ここはアジャンターで最大の石窟で・す・YO!

アジャンタ第4窟

しかし壮大なスケールの石窟が作成される予定だったのですが残念ながら未完成でフィニッシュです。広々とした空間の中にはほとんど装飾もないので寒々しさを感じるのですが、ひとつだけ目に付くものがあります。

お釈迦様の姿が。

アジャンタ第4窟

アジャンタ第4窟

アジャンタ第4窟

仏像の足元にある「法輪」と「鹿」さんの彫刻に注目です!2頭の鹿さんに挟まれて、縦に立ってる「車輪」みたいなものが見えると思います。(見えてください!) 

【仏教~な話】
釈迦の生涯で特に重要な4つのイベントが起こった場所を「仏教4大聖地」と呼んでいます。誕生の地「ルンビニー」、悟りを開いた「ブッダガヤ」、初めて説法(初転法輪)をした「サールナート」、そしてお亡くなり(涅槃)になった「クシナガラ」です。

この内アジャンターにある仏像はほとんどがサールナートでの「初転法輪」、すなわち仏陀が仏教の教義というものを初めて説いた時の様子を表しています。最初は5人の修行仲間に説法したそうです。仏教が広まっていく様子を「車輪(法輪)」が転がっていく様子で表してます。そして「鹿」さんがいるのは、恐らく初転法輪の場所「サールナート(鹿野苑)」に多くの鹿が住んでいたからだと思います。

ちなみに「法輪」はインドの国旗の真ん中にも描かれているんで・す・YO!

インド国旗

続きまして~は「第6窟」!

石窟を回るには上ったり下ったりしなければなりません。暑いから大変。。sun

アジャンター

この写真を見ても赤白の日本人以外は誰もいないことがわかっていただけると思います。平日のディズニーランド以上にお得な感じ!

次の「第6窟」はなんと2階建て!

アジャンタ第6窟

アジャンターでは唯一の2階立ての石窟です!岩を削って2階建ての建物を造ろうとする発想がすごい!失敗は許されないと思うのだが失敗の形跡などは特に伝えられてないことから1発で成功させたってことなんでしょう!

こちらが入口。

アジャンタ第6窟

写真を見るまで気が付かなかったのですが、入口左の柱の下にオモローな彫刻発見!柱を支えてる人のように見えませんか?キャワイェイ!

2階建てなので、まずは2階を見ないと!

アジャンタ第6窟

結構急な階段なので、混雑してるときはさぞかし大変なことになるだろう。。

2階には今までと同じような仏像があっただけなのですぐに1階へと引き返してきちゃいました。そして1階にも同じような仏像が。やばい!早くも全部同じに見えてきた!

しかしキレイな壁画も残ってましたYO!

アジャンタ第6窟

じゃんじゃん行きます!次は「第7窟」!

第7窟」は小空間。アジャンターでは一風変わった広間のない小さな祠(ほこら)のような感じ。

コンパクトにまとまってます!この空間だけです!

アジャンタ第7窟

奥にはドデーン!入口側面にはワラワラ~!

アジャンタ第7窟

第2窟で見た「千体仏」の彫刻バージョンです!

アジャンタ第7窟

こちらは保存状態がかなりイェイ!ちなみに中国の世界遺産「龍門(ロンメン)石窟」の「万佛洞」でも似たような彫刻があったのでご紹介!

じゃーん!

龍門石窟

こちらの方がかなり小さいですね。「千」と「万」の違いでしょうか。

ほんでもってドデーン!

アジャンタ第7窟

最後に「第8窟」をちょろっとだけ!

こちらです。。

アジャンタ第8窟

アジャンターでは最も低い位置にある石窟です。今では動力室になっているそうな。

アジャンター石窟群-[第9,10,11,12,13窟]の記事に続く。。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

最近同じ場所にずっといるのでリアルタイム情報もあまり書くことが無い。。というわけで楽しみにしてることの話し。次回の「ケータイ大喜利」は6月6日(土)深夜0時からです!ネタがホームページにUPされるのを楽しみにしてます!イェーイ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インド) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ