ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年10月22日

スロバキア / コシツェ で更新


85発目の世界遺産!イスファハンのイマーム広場 [マスジェデ・エマーム]

記事は [09年07月11日368 日目   イラン 7日目 / エスファハーン のお話

7月11日-12日、イランで5発目の世界遺産は「イスファハンのイマーム広場」!
今回はイマーム広場のメイン所、イラン建築の最高傑作とも言われる「マスジェデ・エマーム」(イマーム・モスク)の様子をご紹介イェ~イ!

マスジェデ・エマーム」(Masjed-e Emam)の、マスジェド(Masjed )はアラビア語で「モスク」という意味です。はい。

  • モスク: イスラム教徒の礼拝場所。ドーム状の屋根を持つ礼拝堂、ミナレット、中庭があるのが一般的。

    この「マスジェデ・エマーム」はイマーム広場の南側にドデーン!とイェイしてます!

    アーリー・ガープー宮殿の上から見ると、

    こんな感じで美すぃ~! \(^o^)/

    マスジェデ・エマーム全景

    右側のスライム型のドームを持つ建物がマスジェデ・エマームの「中央礼拝堂」!
    左側の門のような建物がマスジェデ・エマームの入口で、イスラム建築では「イーワーン」と呼ばれるものです。

    このように入口から45度曲がった場所に中央礼拝堂がある構造になっており、
    歩き方では「45度に折れた構造がドラマチック」と表現されてます! happy01

    こちらが広場に面した「イーワーン」!

    マスジェデ・エマーム正面
    • イーワーン: モスクに付随するアーチ状の屋根をもつ通路やホール

    後輩: 「先輩! 変なポーズとってる女性がいるっすね! ぷっ、自分的にはかなりウケるっす!」

    先輩: 「まぁ、大人の事情があるんだろうよ~。」

    そしてイーワーンに近づいてみると、

    1号: 「キャー!キャー! 天井にものすごい装飾が~!」

    スタラクタイト

    (」゜ロ゜)」 わっほ~~~い!!

    スタラクタイト

    (」゜ロ゜)」 デラ、美すぃ~~~!!

    スタラクタイト

    この装飾は鍾乳石のように見えることから「スタラクタイト」と呼ばれてます!

    • スタラクタイト(Stalactite ): 英語で「鍾乳石」って意味ね。

    このようにサファヴィー朝の時代の建物は光沢のある色鮮やかなタイルが用いられているのが特徴的!
    鮮やかなブルーのタイルが映え渡ってます!

    天井だけでなく、壁面の「モザイク装飾」も美すぃ~!

    モザイク装飾
    • モザイク: 「さまざまな色のガラス、石、陶片などの小片をくみあわせて表面を装飾する美術的技法」 by エンカルタ

    よーく見ると、小さな破片を組み込んで作られているのが分かると思います!

    場所によっては、

    簡易的に?四角形のタイルで装飾されてます!

    タイル装飾

    簡易的と言っても一面がタイルで装飾されてるのだからスゴイ!

    後輩: 「でも先輩! 上のタイル、ちょっとくらい拭いてキレイにできないんっすか?!」

    先輩: 「まぁ、大人の事情があるんだろうよ~。」

    ではチケットを買って、いざ中へ突入! ┌( ・_・)┘

    イーワーンの中も一面タイル装飾!

    マスジェデ・エマーム
    • 入場料: 5,000リアル(約50円)

    奥に見えてるのが「中央礼拝堂」!

    中央礼拝堂

    中央礼拝堂も見事なまでのタイル装飾が施されてます!

    ドームの付け根部分を拡大!

    中央礼拝堂タイル装飾

    全部タイル装飾で・す・YO!

    中央礼拝堂タイル装飾

    そしてこちらは「ミナレット」!

    ミナレットの手

    よく見ると、先端が「手」になっとるがな!!

    • ミナレット: イスラム信徒に対して1日5回の礼拝を呼びかけるために使われる塔です。本来は塔の上に登って呼びかけるわけですが、今では塔の上にスピーカーが設置されているのをよく目にします。

      でもって、中に抜けると「中庭」があるのですが、工事中でした! (○`ε´○)

      マスジェデ・エマーム
      • 中庭: モスクには基本、中庭が付きものとなってます。これはムハンマドの自宅の中庭がモスクの起源だからです。

      工事中のため、中庭を取り囲むように白い布?の屋根ができあがっており、全体が見渡せな~い! \(*`∧´)/

      こちらは恐らく入ってきたイーワーン側のどこか! 靴を脱いで中に入れるところがあったのでーす!

      マスジェデ・エマーム

      現地の方もパシャリ camera してますね~! さすがはイラン建築の最高傑作と言われるだけのモスク!

      どこもかしこも、鮮やかなブル~

      マスジェデ・エマーム

      床にも装飾タイルがありまっせ!

      タイル装飾

      中庭に面した別のイーワーンでは、図面みたいなものを見ながらアレコレやってる場面もチラリ。

      タイル装飾修復

      そしてその上の部分が美すぃ~! アラビア文字がまた美すぃ~

      タイル装飾

      いよいよこちらがマスジェデ・エマームのメイン、「中央礼拝堂」の入口です!

      マスジェデ・エマーム

      突然ですが、床を踏む1号!

      床石の反響音

      中央礼拝堂は音の反響が素晴らすぃく、ドームの真下にある床石を踏むとボーンボンこだまするんです!
      手を叩くだけでもボーンボンとイェーイします!日光東照宮の鳴竜を思い出しました。

      そして天井も美すぃ~!

      天井

      もちろんドームの真下となります!

      後輩: 「先輩! あの高い天井にどうやって装飾したんっすか?! 自分、めっちゃ興味あるっす!」

      先輩: 「ごめ~ん、俺用事あるから先帰るわ~。 明日は京王多摩センターの改札に集合な~。」

      後輩: 「先輩・・・ せめて明日は登戸にしてもらえると助かるっす。。」

      最後に中央礼拝堂の脇に回って、

      イェーイ! (゚∀゚) (゚∀゚)

      マスジェデ・エマーム

      このスライム型のインパクトのある巨大ドームは、高さ47m

      先輩、後輩、1号: 「美すぃ~!!」

      マスジェデ・エマームのドーム

      85発目の世界遺産!イスファハンのイマーム広場 [アーリー・ガープー&ロトゥフォッラー]」の記事に続く。

      下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
      少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      ページトップへ

      この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

      この記事と同じカテゴリの記事(イラン) 新着15件っす!

      この記事と同じカテゴリの記事(中東) 新着15件っす!

      コメント

      > uuausさん!
      コメントありがとうございます!申し訳ないのですが僕達は金曜モスクには行ってないので正確な情報が分かりません。。「歩き方」に書いてあった記憶によると広場北側の「ゲイサリーイェ門」を抜けてバーザーレ・ゲイサリーイェをうねうねと抜けていった所にあったと思います!近くはないが歩ける距離だったような。。ウロ覚えイェーイ!って回答できなくて大変申し訳ありません。。

      イマーム広場からバザールを抜けた先にあるという金曜モスク(マスジド・イ・ジョメー)はどこにあるのでしょうか?
      イマーム広場からの方角と距離を教えてください。

      私、コメントします!

      みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
      「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

      コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

      【お願い】
      コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
      該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


      画像の中に見える文字を入力してください。


      ページトップへ