ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2008年12月24日

インドネシア / ソロ で更新


ジョグジャカルタからボロブドゥール遺跡が見える宿へ!

記事は [08年12月17日162 日目   インドネシア 1日目 / ジョグジャカルタ のお話

ジョグジャカルタ(略してジョグジャ)の街の様子と、12月20日にジョグジャからボロブドゥール遺跡のすぐそばにある宿に移動した時のお話でーす。

ジョグジャには、大きなホテル街が2つあります。1つは街の中心マリオボロ通りのすぐ西側にある「ソスロ地区」で、もう1つは南側にある「プラウィロタマン地区」です。私達が泊まった「メトロゲストハウス(Metro Guest House )」はプラウィロタマン地区にありました。プラウィロタマン地区は静かで落ち着いてはいるのですが、スーパーやデパートは見当たらず、レストランもそんなにありません。行っていないので詳細は分からないのですが、マリオボロ通りに近いソスロ地区の方が何かと便利かと思われます。

私達はここに3泊したのですが、3泊もすると、「メトロゲストハウス」がある通りの皆様と顔見知りになることができます。皆様、「あの日本人2人は、メトロに泊まっていて、昨日はプランバナン寺院に車をチャーターして行って、明日チェックアウトしてボロブドゥールの宿に行く。」というのを知ってらっしゃいます。私達が行った12月中旬は観光客も少なく、外国人もちらほら見る程度でした。

ジョグジャではインドネシア料理を堪能しました restaurant

まずは宿の朝ごはん!

Metro Guest House

マレーシア、インドネシアと宿にはほぼ必ず朝ごはんがつくんですよね。マレーシアはパンとコーヒーか紅茶だけだったのに対し、インドネシアは卵焼きやら、パパイヤやらついて嬉しい。パンがあまり好きでない2号も卵があると、えびす顔☆。朝ごはん食べないと死んでしまう上にパン大好きな1号はもっとえびす顔☆

そしてパダン料理

パダン料理

スマトラ島発祥のパダン料理は、ガラスのショーケースに、カレーで味付けされた魚、フライドチキン、ゆで卵、卵焼き、豆腐の厚揚げ、葉物、3種類くらいのカレーなどがずらりと並んでいる中から、自分の好きなものを選んで白米にかけて食べます。

パダン料理

お味はとにかく、からうまい!卵などの具を選んでから最後に激辛カレーをたっぷりかけるので、結構辛いんです。そして2人で13,000ルピア(約117円)と安い!自分で見て選べるし、お腹いっぱいになるんでオススメです。インドネシア人にも人気のようで、パダン料理屋さんは混んでいることが多いです。

夜は、宿のすぐ側にある「BAMBOO HOUSE 」というレストランに毎日のように通っちゃいました。インドネシアのビンタンビールが1瓶19,000ルピア(約170円)で飲めます。

パダン料理

マレーシアで1瓶400円以下のことはなかったので、嬉しくなりついつい毎日飲んでしまいました beer

つまみはこんなのです!写真の左が大豆から作った発酵食品「テンペ」を油であげたもの。右は「ガドガド」という温野菜にピリ辛ピーナッツソースをかけたものです。上にのっているのはえびせんべいです。

テンペとガドガド

テンペはケチャップやチリソースにつけて食べると美味しくてビールが進みます。ガドガドもピーナッツソースの味がしっかりしているのでこれもビールに合うんですよ~。他にもナシゴレン(炒飯)やミーゴレン(焼そば)も、もちろん美味しくて、インドネシア料理大好きになっちゃいました。

12月20日、そんなこんなで楽しかったジョグジャを出発してボロブドゥール遺跡の中にある「マノハラホテル(Manohara Hotel )」へ移動しました!

マノハラホテル」はボロブドゥール遺跡の敷地内にある中級ホテルです。遺跡そのものまで歩いて5分の好立地!ホテル到着、それすなわち37発目の世界遺産制覇!ってわけなのです。

そして「マノハラホテル」に泊まると滞在期間中はタダでボロブドゥール遺跡に入りたい放題なんです。宿泊代は1泊400,000ルピア(約3,600円)とちょっといつもより高めですが、ボロブドゥール遺跡の入場料が11ドル(約1,100円)×2人なので、結構お得です。

そして、ボロブドゥール遺跡は朝陽が美しいことで有名です。「マノハラホテル」では朝4時半から遺跡内に入れるサンライズツアーというのをやっています。これに参加するためにも「マノハラホテル」に泊まった方が色々と都合良いだろうってことで、予約しちゃいました!久しぶりのちょっとした中級ホテルイェーイ!

ホテルの予約は前日プランバナンに行った時に車をチャーターした時のおじ様にお願いしました。ホテルの予約だけだと「そこにあるWARTEL(電話屋)で自分でかけよう!」と言われてしまうので、ジョグジャ~ボロブドゥールの車での移動(約1時間)もお願いしようと値段を聞いてみました。最初は安い地元のローカルバスで移動しようと思ったのですが、この頃ちょいと2人とも風邪気味だったので、大事をとって車をチャーターしたんです。

「10時に出発したら、『エレファント』で、マノハラホテルで、250,000ルピア(約2,250円)だー。」

とおっしゃいます。250,000ルピアってのも高いんですが、『エレファント』って何だ!!

1号も2号もキョトン顔で、頭の中には、「象に乗ってボロブドゥールを見ている姿」が、ホワン・ホワン・ホワーンと浮かんでいます。

ん?そんなわけないよな。もしかして「イレブン?!」と聞いてみたら、おじ様満足そうに「イエース!」

そりゃそうですよね。送迎するだけで、象のサービスなんかつかないですよね。ていうか、象サービスもなくて250,000ルピアは高すぎる!ということで、おじ様にはホテルの予約だけしてもらって、車での移動は泊まっている「メトロゲストハウス」で170,000ルピア(約1,530円)でお願いすることになりました。

そんなわけで、ようやく移動でーす。この車で移動イェーイ!

ボロブドゥール移動の車

泊まっていた「メトロゲストハウス」のスタッフのお友達で、毎晩通いつめた「BAMBOO HOUSE 」のスタッフの伯父さんというお方が運転手さん!

途中ATMに寄ってもらい、お金をおろしました。2,000,000ルピア(約18,000円)おろしたのですが、なぜか全て50,000ルピア(約450円)札40枚で出てきた。。。

ああ、大量のお札が。。。扱い辛い。。。マネーベルトが膨らむーーー。

2号には20,000円を全部500円玉でおろして来たのと同じじゃーんと突っ込まれます。。

そして、この運転手さんが運転が下手だった。。。道がそれほどガタガタじゃないのに、揺れまくりで車酔いになりかける2人。。。10時に出発して、11時30分に何とか「マノハラホテル」に無事到着しました。

ここが入口です。ちゃんとボーイさんとかいて、荷物を運んでくれるのに感激です bleah

マノハラホテル(Manohara Hotel )入口

マノハラホテル(Manohara Hotel )入口

ロビー前のくつろぎスペースです。

マノハラホテル(Manohara Hotel )ロビー

ウェルカムドリンクとやらが登場しました。

マノハラホテル(Manohara Hotel )ウェルカムドリンク

お昼だったので、ランチを頂きました。ナシゴレン(炒飯)とガドガドサラダ+ご飯。

マノハラホテル(Manohara Hotel )ランチ

そしてレストランから見えるのは、なんとボロブドゥールなんです!!

マノハラホテル(Manohara Hotel )ウェルカムドリンク

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

皆様どんなクリスマスをお過ごしですか?私達は本日38発目にして今年最後の世界遺産「サンギラン初期人類遺跡」に行ってきました。クリスマスイヴにジャワ原人って!これからチキンとケーキを調達して部屋でしっぽりとディナーでーす!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(インドネシア) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ