ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2008年10月23日

タイ / バンコク で更新


30発目!古代都市スコタイと周辺の古代都市群2

記事は [08年10月20日104 日目   タイ 13日目 / スコータイ のお話

10月20日、タイ1発目の世界遺産、「古代都市スコタイと周辺の古代都市群」のお話でござーい!
前回の「スコータイ歴史公園」城壁内の記事に引き続き、今回は「城壁の外」の様子でござーい!城壁外にもイェーイ!な見所が満載だぜイェーイ!

  • 城壁内:ラームカマヘン大王記念碑
  • 城壁内:ワット・マハータート
  • 城壁内:ワット・シーサワーイ
  • 城壁内:ワット・トラパングン
  • 城壁内:ワット・サシー(スラシー)
  • 城壁北:ワット・シーチュム ← 今回の記事
  • 城壁北:ワット・プラパーイルアン ← 今回の記事
  • 城壁西:ワット・サパーンヒン ← 今回の記事
  • 城壁西:ワット・チェーディーガーム ← 今回の記事
  • 城壁南:ワット・チェートゥポン ← 今回の記事
  • 城壁南:ワット・チェーディーシーホン ← 今回の記事
  • 城壁東:ワット・トラパントーンラン ← 今回の記事
  • 城壁東:ワット・チャーンローム ← 今回の記事

11時30分からトゥクトゥクをチャーターし、城壁内で最後に回ったワット・サシー(スラシー)を見終えたのが14時くらい。城壁内は2時間半もあればそれなりに見て回れました。5時間チャーター400バーツ(約1,400円)での契約だったので残り2時間半で城壁外の東西南北の各エリアを回っていきます。とにかくクソ暑いぜ sun

まずは「城壁北エリア」にある2つの見所へ向かいます。トゥクトゥクで移動している時が屋根もあって風もあってでイェーイ!レンタサイクルだと一体どうなっちゃうのよ?!

城壁北エリア

城壁内から20分くらいで「ワット・シーチュム」に到着!
実は到着すると、もう眼前に「あのお方」がひょっこりお見えになられています!

ワット・シーチュム

もう少し近づいてみるとこんな感じ!
ここは「あのお方」がお住まい?の建物がポツーンとあるのみです。
「あのお方」がひょっこり顔を出してるのがわかるでしょうか?

ワット・シーチュム

壁の隙間からひょっこり!目が合います!

ワット・シーチュム

「このお方」、「アチャナ仏」と呼ばれているそうで、高さは約15mあり、かなりデカい!

本堂ギリギリいっぱいに「このデカいお方」が入っているので、全体を写真に納めるのが超ムズイ!こんな感じで頑張って撮ろうとするが。。。

アチャナ仏

これが限界 camera

アチャナ仏

右手にはいっぱい金箔が貼られてました。
お参りのとき、みんなが貼っていくのでしょうかね。

隙間からひょっこり覗いてる感じと、近づいて見たときの迫力はイェーイ!する価値が十分にあります!

そして、城壁北エリアのもうひとつの見所、「ワット・プラパーイルアン」!

スコータイでは「ワット・マハータート」に次ぐ重要な寺院と言われてます。

ワット・プラパーイルアン

大きな遊行(ゆぎょう)仏もかろうじてイェーイ!してます!

ワット・プラパーイルアン

たくさんの「坐仏像」で囲まれた「チェディ(仏塔)」がデーン!って感じでイェーイ!してます!

ワット・プラパーイルアン

ワット・プラパーイルアン

ワット・プラパーイルアン

城壁北エリアを堪能し、次は10分ほどかけて「城壁西エリア」へ向かいます。
忘れないでください!ほんとクソ暑いんです!コーラとアイスで凌いでます!

西エリアには「ワット・サパーンヒン」という有名な見所があります!ここのエリアに入る前は署名しなくてはなりません。

このクソ暑さの中、モロに直射日光を浴びながら、

この丘を、石でできた道を歩いて登っていくのです!
これが「ワット・サパーンヒン」!

ワット・サパーンヒン

ワット・サパーンヒンに登る前にも署名しなくてはなりません。ふもとにはPOLICEも設置されています。これは2007年にここで日本人女性が殺害されたこともあり治安強化のために設置されたのでしょうかね。確かに今でもこちらの方は人が少なく危ないような気もします。

ワット・サパーンヒン

ここのふもとで50~60歳くらいの日本人夫婦とすれ違いました。なんとこの方たち、前日はトゥクトゥクでスコータイを一通り回り、今日は自転車でもう一度同じところ回っているというなんというイェーイ!っぷり!ここまで自転車で来るとはなんとまぁワッホーイ!なこと!

丘の上までヒーコラ言いながら頑張って登ると、スコータイの町を見下ろしている「このお方」に会うことができます!

ワット・サパーンヒン

このお方の視線の先はこんな感じ!見晴らしイェーイ!

ワット・サパーンヒン

こんな感じで頑張って支えられています!ガンバ!

ワット・サパーンヒン

ガンバって丘を降りるともう汗だく!ふもとの署名した場所で10バーツで冷水を買えるので生き返る!生き返る!

城壁西エリアには、これまた丘の上系の「ワット・チェーディーガーム」など多くの寺院がありますが、ほとんど素っ飛ばして「城壁南エリア」へ向かいます。

30分ほどかかって、城壁南エリアの見所、「ワット・チェートゥポン」に到着!

ワット・チェートゥポン

ここは巨大な遊行仏があるところで有名です。が、この時間はモロ逆光だぜイェーイ!

ワット・チェートゥポン

裏面にはお立ちになられている仏像が!こちらは順光なのでキレイに撮れます!

ワット・チェートゥポン

ワット・チェートゥポン

どっち側の仏像さんを撮りたいかで午前にくるか午後にくるかが来まる!

ワット・チェートゥポンのすぐ目の前には、「ワット・チェーディーシーホン」もあります!ここまでくると名前がごっちゃになってきますね!全部、「ワット・なんちゃら」なんで!

そして最後のエリア、「城壁東エリア」へ!忘れないでください!クソ暑さは続いてますよ!そしてあともう少しだけ「ワット・なんちゃら」にお付き合いください!

城壁東エリアへは10分ほどで着きます。ここには2つの見所があり、一つ目は「ワット・トラパントーンラン」!

こんな四角い建物が建っているのみですが、かつてスコータイ美術の最高傑作があった場所なんです!

ワット・トラパントーンラン

この南側の壁面には「天女に囲まれて降臨するブッダ」の様子が描かれているそうな!

ワット・トラパントーンラン

ワット・トラパントーンラン

北側には「妻に説法を講ずるブッダ」の様子が描かれているそうな!

ワット・トラパントーンラン

そして、ようやくこれで「ワット・なんちゃら」も最後です!「ワット・チャーンローム」!塔の台座を象くんたちが支えています!

ワット・チャーンローム

ワット・チャーンローム

こんな感じで、16時30分頃に怒涛のスコータイ巡りを終えましたとさ。

トゥクトゥク

sun とにかくクソ暑いのでレンタサイクルで行く場合はそれなりの覚悟が必要だと思いました。なぜクソ暑さをこんなにも感じるかというと遺跡のほとんどが直射日光をモロに受ける場所で、建物の中に入るなんて場面はまず無いのです!なので屋根のあるトゥクトゥクに乗ってる時が幸せなんです!暑さで参ってる中、スコールが来たらほんと泣くだろうな。。。

本当は夕陽やライトアップも堪能したいと考えていたのですが力尽きました。しかし、クソ暑い!クソ暑い!と言ってきましたが、それでもなおオモローなのは間違いないです!オモロー!オモロー!オモロー!

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

今日はバンコクで「狂犬病の2回目予防接種」と「インドビザ取得申請」の2大お仕事を片付けました!バンコクを東へ西へと移動しかなり疲れた。バスがすぐ渋滞に巻き込まれるがな!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(タイ) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ