ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年4月19日

インド / ハンピ で更新


54発目の世界遺産!古代都市ポロンナルワ [後半]

記事は [09年03月15日250 日目   スリランカ 7日目 / ダンブッラ のお話

前回から引き続き3月15日、スリランカの世界遺産「古代都市ポロンナルワ」でのお話です。やっとこトゥクトゥクに乗り込むことができたセカイェ!ダンブッラからの日帰りなんでガンガンまわっていきますよ~!今回は衝撃映像があるので動画は必見でーす!

王宮周辺の観光を済ませ、お次は「シヴァ・デーワーラヤ No.1」へGO!

トゥクトゥクですぐに到着しました。ここは何と、仏教都市ポロンナルワにおいては異色なヒンドゥー教寺院なんです!ていうか何でNo.1なんですかね~。シヴァ・デーワーラヤは複数あります。ロンプラによるとNo.1、No.2、No.5、No.7が存在するらしい。No.3はないのね。2号は「No.2があるのに、何でNo.3がないのーーー!」って気になってしょうがないようです。こういうのが気持ち悪い細かいタイプなんですよね~。

そんな2号による、「シリーズ、遺跡の男!」

シヴァ・デーワーラヤ

ココは名前の通りシヴァ神を祀るヒンドゥー教寺院なので、中にはシヴァと言えばコレ!「リンガ(男性のアレ)」がありました。

シヴァ・デーワーラヤを通り過ぎてテクテク歩いて行くと、

ポロンナルワ前半のハイライト、「クォードラングル」が見えてきます!

クォードラングル

ここは見所満載!小さな四辺形の城壁内に12もの仏教建造物がワラワラと密集してるんです!

クォードラングル

こんな感じで地上から1段上がったところに色々建てられてます。

クォードラングル

こんな時は動画ですね!
360度見所満載な動画をお楽しみ下さい!ぜーんぶ、遺跡デース!

そんなクォードラングルをフムフム言いながら観光していると、

クォードラングル

誰かがワタシに大声で呼びかけてくる!

しつこい売り子だなあ~と思ったら。。。

「ブッダ!ハット!ハット!セイクリッド(sacred 神聖な)!ホーリー(holy 神聖な)!」

クォードラングル

そうです!

仏教遺跡の中に入る時は帽子と靴を脱がなければならないのでーす!

ワタシもさすがに靴は脱いでいたのですが、ついうっかり帽子を脱ぐのを忘れてしまっていたので、係員に怒られてしまいました。売り子だと勘違いしてごめんなさーい!

というわけで、靴を脱いで観光するのでとにかく足がアチチ!

アチチの中、2号が飛び上がりながら頑張って撮った写真をお楽しみ下さい! camera

こちらは「アタダーゲ」の1階部分!

アタダーゲ

アタダーゲはクォードラングルで最も古い建造物で、昔は2階建てになっており2階に仏歯が祀られていたようです!今は柱のみが残っている状態です。

アタダーゲの中からクォードラングル全体を見るとこうなってます!

アタダーゲ

お次は「アタダーゲの」隣にある「ハタダーゲ」!ややこしや~。

ハタダーゲ

こちらもアタダーゲと同様、仏歯が祀られていたようです!アタダーゲより1回り大きい建物だったことが感じられます。

奥には3体の像がいらっしゃいました!

ハタダーゲ

そして、アタダーゲの隣にあるハタダーゲの向いには「ワタダーゲ」が!ややこしや~。ややこしや~。

ワタダーゲ

クォードラングルではここが一番目立っており、ここまでの写真にも何回か写りこんでます。仏塔のまわりに4体の仏像が居られるんです!

こちらの仏像さんの前で帽子を脱がなくて怒られたのであります!仏像さま、すみませんでした。。

ワタダーゲ

最後に「サトゥマハル・プラサーダ」、6階建てのピラミッド型の塔です!

サトゥマハル・プラサーダ

最後とは言いましたが、クォードラングル内には他にも遺跡はたくさんあります。が、ほとんど床や柱の部分が残っているのみとなっています。

ここで我慢できなくなってコーラ休憩!暑くて干からびそうな中、こんなの見せつけられたら飲んじゃうっしょ!

休憩

コーラをガブ飲みした後はトゥクトゥクに乗り込み、次なる見所へ向います!

「シヴァ・デーワーラヤ No.2」とか「No.3」を抜けていくと、

シヴァ・デーワーラヤ

世界遺産エンブレムが見えてきます。

ランコトゥ・ヴィハーラ

世界遺産エンブレムの奥にあるのが「ランコトゥ・ヴィハーラ」!
半球状の巨大な仏塔です!

ランコトゥ・ヴィハーラ

とにかくでかい!ポロンナルワで一番大きい仏塔なんです!スリランカでも4番目に大きいのでーす!

ランコトゥ・ヴィハーラ

そして少しだけトゥクトゥクに乗ると「キリ・ヴィハーラ」という仏塔が現れます!

キリ・ヴィハーラ

右下のちっこいのが2号です。キリというのが乳白色という意味なのですが、あんまり白くないですね~。

このような仏塔は次の日に行くアヌラーダプラにもたくさんありますので次回の記事でお楽しみ下さい!

キリ・ヴィハーラから歩いてすぐのところに「ランカティラカ」があります。近いんで裸足でGO!アチー!

縦長の回廊の奥に首のない立仏像が見えます!

ランカティラカ

迫力ありますね~!ポロンナルワにはバラエティに富んだ見所が実に多いです!

そしてここで大スクープ!

ここで、世界遺産を見てまわっている私たちにとって衝撃的な場面に出くわしてしまったのです!

カメラを持ってひっそりと近づいて見ます。。

そして決定的瞬間をカメラにおさめました!

さぁ、ご覧ください!

恐れ多くも、

世界遺産を喰らう猿!

猿:「ワタシ、遺跡食べましたけど、」

ランカティラカ

猿:「なにか?」

ランカティラカ

この決定的瞬間は見事動画におさめることもできました!イェーイ!お腹いっぱいになって腹をポリポリ掻くところがイェーイ!

ランカティラカからちょっとだけトゥクトゥクに乗るとポロンナルワのハイライト、「ガル・ヴィハーラ」に到着です!

ガル・ヴィハーラ

遺跡保護のためか全体に屋根がかかっています!

ガル・ヴィハーラ

それではポロンナルワの傑作と言われる三体の石像をどうぞ!

座像!

ガル・ヴィハーラ 座像

瞑想している仏陀で、高さは4.6m!

立像!

ガル・ヴィハーラ 立像

仏陀の一番弟子アーナンダが、仏陀が涅槃に入ることを嘆き悲しんでいる様子をあらわしたものとされてます。

そして、釈迦涅槃像!

ガル・ヴィハーラ 釈迦涅槃像

一番の見所だけあって、ここは美すぃ~!特にここの岩の模様がマーブル模様で美しかったです。いい表情をされてますね。

最後にガル・ヴィハーラの近くにある「蓮の池(Lotus Pond )」に行きたかったのですが、運ちゃんが面倒くさがったのか行ってくれないらしい~。残念ながらこれにて終了!

11時半くらいからトゥクトゥクでの観光を開始して、午後2時過ぎには終了しました!約3時間のチャーター!ポロンナルワは結構広いし、帽子や靴は脱がないといけないので、結構体力を消耗します。トゥクトゥクでまわったのは正解でした!

最後にバスターミナルまで戻ってきて、運ちゃんにお約束通り700ルピーを渡そうと思ったら、何と2人で700Sルピーではなく、1人700Sルピーだー!と運ちゃんがおっしゃいます。運ちゃんをとりまとめている韓国おじちゃんもその場にはいたんだけど、知らんぷりを決め込もうとしている!ひえーーー!

結局交渉上手の2号が頑張り、2人700Sルピーで決着!といっても50Sルピーのチップは渡すことにしました。韓国おじちゃんが部下にいくらか渡していたような~。しかし「2人で700Sルピー!」って紙にでも書いておけばよかったな~。

色々交渉が終わってバス乗り場に行くとすぐに、ダンブッラ行きのバスが到着!再びバスに飛び乗りダンブッラまで戻ります。1人64Sルピー(約64円)。このバスは満席ではなかったので、最初から座れてラッキーでした!途中やはり軍の荷物チェックが2回ありました。

ポロンナルワ バス

ホテルの前で降ろしてもらおうとしたのですが失敗!ダンブッラのバスターミナルで降ろされちゃいました。。

バスターミナルからホテルまではちょっとだけ遠いので、トゥクトゥクを捕まえようとしますがマネー成立しない!「うーん、うーん」とうなっていたら日本語を話せるトゥクトゥクドライバーが「用事があって近くまで行くから~。」とタダでホテルまで送ってくれました。スリランカで日本人の先生から2年間日本語を習っただけあって、ペラペラ!きっちりアーユルヴェーダ・マッサージの営業をしてきますがスリランカは時間がないので丁重にお断りさせて頂きます!

そんなこんなでどうにかこうにか宿にたどり着いたとさ。夜はいつものディナーセットとビールでカンパーイ!明日のアヌラーダプラも広いらしいぞ~。

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

昨日60発目の世界遺産「パッタダカルの建造物群」をイェーイ!して、本日61発目の世界遺産を求めハンピという村にやってきました。ちょっと鄙(ひな)びた観光地ですなー。カレー定食の名前が南インド特有の「ミールス」から北インドの「ターリー」に変わりました。結構北に来ましたな~。これから北上しながらガンガン世界遺産を見ていきまーす、イェイ!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(アジア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(スリランカ) 新着15件っす!

コメント

> 9号さん
こんにちは!
セイロン島を楽しんでいらっしゃるようですね!キャンディのペラヘラ祭りうらやましいです。混んでいるのでしょうね~!

tuktuk の交渉は、やはり直接が安いのですね~。
口利き屋さんは言語ができる人ですから貴重ですものね。しかし700ルピーを4000ルピーとは!

こんにちわ!
僕はまだセイロン島です。今仏歯寺のペラヘラ祭が盛り上がっているのでキャンディにいます。(超激コミです。まじやばいぐらい。)
ところでお話に出てくる韓国語の達者なおじちゃんですね。おそらく口利き屋さんではないでしょうか。僕もそういう人に出会いました。最初はtuktukドライバーだと言って寄ってきます。値段交渉が成立すると、「俺のbrotherだ、俺が行くのもこいつが行くのも同じだから」と言って全然違う人が運転するtuktukに乗せようとするのです。僕は「ははあ、なるほどね」と思ってその時点で断りましたけど。なぜなら、もっとずっと安くなるはずだから。
ゴールの郊外へ行くのにtuktukを半日ハイヤーしたとき、初め口利き屋さんがでてきて4000ルピーだと言いました。すぐに2000ルピーまで下げさせましたけど、彼のbrotherなるドライバーのtuktukに乗せられそうになったので、その辺にいた別のtuktuk運ちゃんと交渉した結果、何と700ルピーでマネー成立。ここの口利き屋さんは凄いマージンを取っているらしいです。宿を借りる場合でも同じです。絶対に他人を通さず、直談判した方が安くつきます。(これからセイロンを回ろうという方々のご参考に。)

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ