ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 525 件!(49.9 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年1月15日

オーストラリア / ケアンズ で更新


39発目の世界遺産!カカドゥ国立公園 [2日目]

記事は [09年01月04日180 日目   オーストラリア 4日目 / ダーウィン のお話

1月4日、世界遺産、「カカドゥ国立公園」、1泊2日の4WDサファリツアー(KAKADU DREAMS )2日目のお話です!怒涛の1日目(前半後半)と長~~~~~い1日を過ごしたセカイェの2人。この日も「歩・歩・泳 」な冒険は続きますよ~。そして今回1号、やらかしました!水大好きの1号は水にポチャンしたら大変なことに!自然って偉大だー。

2日目のスケジュール。

[ 2日目:1月4日 ]

  • クーインダ付近キャンプ場 -朝食 [6:30]
  • 巨大白アリ塚(Cathedral Termite Mounds )
  • Yurmikmik / Motorcar Falls & Kurrundie Creek Falls? -昼食
  • ダーウィンに生還 [20:00]

朝6時半、クーインダ付近キャンプ場にて起床!渡辺徹似のガイドが、ディジリドゥ(オーストラリアの先住民族アボリジニの楽器)を、「ブォーン!」と吹いて起こしてくれます。

2号は、6時頃に起きて「カンガルーは柔らかくて美味しかったな~」なんて余韻に浸りながら二度寝を決め込んでいたのですが叩き起こされました。寝ボケ2号。

キャンプサイト 寝ぼけ眼

朝ごはんは、シリアルとパンとオレンジ、そして飲み物は紅茶 or コーヒーです。パンに塗るジャムやマーガリンもありました。

キャンプサイト 朝食

これが巨大テントの中です。両サイドにベッドが並んでいて、奥がキッチン。真ん中がご飯を食べるダイニングになっています。

キャンプサイト ダイニング

ご飯をかっこんだら、荷物をまとめてGO!4WDでちょっと行ったところにある洗面所で顔を洗ってから出発!ここのシャワー、トイレ、洗面所はとてもキレイでした。キャンプというとシャワーも浴びられないのではないかと覚悟していたのですが、お湯がたっぷり出ます。

4WDでキャンプ場から1時間くらい走って到着したのは、巨大白アリ塚(Cathedral Termite Mounds )!でかい!

巨大白アリ塚

アリ塚ってのはご存知の通り、アリの巣です。100年以上かけてこんなに大きくなったのです。

メンバーのみんなと比べるとこんなに大きい!

巨大白アリ塚

こんな大きいのがニョキニョキたっています。

巨大白アリ塚

ゆっくり見ていたいのですが、次があるので大急ぎでまわります。最後に2号が変なポーズ!

巨大白アリ塚

そして、再び4WDに乗り込んで1時間くらいで、「Yurmikmik(Motorcar Falls) 」へ!「ポチャン」できる絶好のスポットがあるんです。「ポチャン」するためには、そう!歩く!歩く!

Yurmikmik(Motorcar Falls)

滝に到着!イェーイ!

Yurmikmik(Motorcar Falls)

滝、美しい~~!

Yurmikmik(Motorcar Falls)

みんな思い思いにポチャンして泳ぎます。ここでりんごとか、クッキーとか、缶詰パインとかをつまんで栄養補給。

たくさんの滝にポチャンしましたが、ここが一番大きなポチャンスポットでした。「KAKADU DREAMS 」だけではなくて、たくさんのツアーがやってきてポチャンしていました。足が付かないほど深いですがみんな泳ぐのが得意です。

車で降りてからポチャンスポットまでは歩いて30分以上あるのですが、何と帰り道に豪雨が!やっぱり、雨季ってウッキウキですね。豪雨に打たれてずぶぬれーになりながら30分以上歩きました。ふと後ろを振り返るとメンバーの1人がポンチョを着て軽やかに歩いている~。賢すぎる!雨季のカカドゥをなめてはいけません。ここまで濡れなかったのが不思議なくらいなのです。カメラを入れるビニール袋は間違いなく必須です!!そして、この日は雨に打たれることが多かったので、写真がとっても少ないのであります。

全身雨のシャワーを受けて、ちょうど車に乗る頃に雨が止んできました。。。そして今度は「Kurrundie Creek Falls 」へ行きます。いや、行ったはず。これまた、ちょっと定かではないのでカッカドゥ~な方ご教授下さいませ。ちなみに渡辺徹似のガイドさんは、カッカドゥ~って言います。

こーんな、つり橋を渡って行きます。このつり橋は1人しか渡れませーん。前の人が渡り終わってから渡りましょう~。

Kurrundie Creek Falls つり橋

そして、ポチャーン!

Kurrundie Creek Falls

ここは写真左にある滝の滝つぼなのですが、実は写真右下の方も 大きな滝 に続いており、その下にも滝つぼが待ち構えてます。なので結構怖いんです。

ここで全米を揺るがす事件が発生!

なななんと、

1号は足を滑らせて、滝つぼに流されて死にかける~~!

それを、シドニー出身の藤崎マーケットの片割れに助けて頂きました。

実はその時、私は自分が滝つぼに向かっていることに気付かなかったのです。この時は水にポチャンするつもりがなかったので洋服を普通に着ていたのですが、足滑らせちゃって服が濡れちゃって困るわ~なんて思っていたら、何か水の流れが速くて流されてる!そうこうしている内にラララライに引き上げてもらった~という感じでした。滝つぼから次の滝へ転げ落ちるところでした。ああ、恐ろしい。

もっと怖い思いをしたのは、2号!その時2号はちょっと離れた場所にいたのですが、私のことを見ていて危ないから気をつけろ~!って言おうと思ったら、私が薄笑いを浮かべながら流れていったそうです。すかさず藤崎マーケットの片割れに助けろーって訴えてくれたようで助けてもらえました。後日その瞬間が夢に出てきたそうだそうです。これにより私は2号からダイビング禁止令を出されてしまいました。ああ、グレートバリアリーフで潜るのが夢だったのに。。。

滝の近くで泳ぐってのは、海やプールで泳ぐのとは全く違うものだということがよーくわかりました。時間や場所によって突然流れが速くなったり、水かさが増えたりするので泳ぎに自信があっても細心の注意を払わなければなりません。私が流された時も、途中から突然水かさが増えて流れが速くなったのです。そういうのを注意深く観察していないといけないですね。

ポチャンも終わり、さあ帰るぞ~!と歩き出したら、ガイドさんからストップが!またもや絶好のポチャンスポットを見つけたようです。男性陣のみポチャンして、女性陣は「もう、十分だ~」とのんびりしておりました。しかし、みんなポチャン好きだな~。

車に戻るとまたもや豪雨!豪雨の合間をぬって、昨日と同じようにサンドイッチ作りです!豪雨だとハエ君の姿が減るのがメリットです。

こんな奴にも出会えました!そうです!その昔一世を風靡した、エリマキトカゲ!エリマキはたててくれないーんで、ただのトカゲに見えるーー。

えりまきとかげ

大自然と触れ合って、歩いて、泳いで、登って、もう、何かすごかったです!いや~、とにかく体力が必要なツアーですわ。運動神経も必要だと思うのですが、2号曰くそれは体力でカバーできるのではと。とにかく豪雨が半端ないっす。ザーッと降って終わりじゃなくて、結構長くてじとーって降る。オーストラリアって乾いているイメージだったんですが、カカドゥは熱帯そのものでした。

雨季だけに味わえる大冒険!あなたもよろしかったら是非!

自然は偉大だーー!

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

ケアンズで「グレート・バリア・リーフ」と「クイーンズランドの熱帯雨林」の2つの世界遺産を無事堪能できました。明日はフレーザー島の拠点となるハービー・ベイという町に移動しやっす。24時間のバス旅だーー!

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オセアニア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オーストラリア) 新着15件っす!

コメント

> MEG
ランチを噴出しですかー。
私も流されている瞬間は大したことないと思っていたんだけどねー。ラララライ!

> kiaco
2号は夢に出てくるようで。。。
あわわ、気をつけなければー

> koro
ホント、水辺は怖いわー。
泳ぐ力とかより、注意力ねー。

1号の流されっぷりが目に浮かぶようで昼食食べながら
思わず噴出しちゃったよー。

いやはや、笑い話ですんでよかった。

ラララライ!!

いやー、助かって良かった。読んでて、鳥肌立っちゃったよ。
も~~1号が、『薄笑いしながら流されていく・・・』ってところ、容易に想像できた。助かったから笑える。
現場にいた2号さんは、滝がトラウマになるな。
気をつけてよ!

ラララライに助けてもらってよかったね~。
浅瀬でも溺れて死んでしまうこともあるから、
ほんと気をつけなくっちゃね。
まだまだ先は長いから、
これからも2号様にちゃんと見張っててもらうように(^O^)/!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ