ルート詳細はこちら!

200879日~201267日 (1,430 日間)
国旗 遂に帰国, 東京 (計77 ヵ国訪問)

世界遺産制覇! ★全訪問リストはこちら!

1,052件中 526 件!(50.0 %制覇)

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

世界遺産イェーイ! 世界一周旅行 旅日記!

全部見るぞ世界遺産! 2008年7月9日出発!バックパッカー夫婦の世界一周世界遺産旅行ブログ!<br />写真・動画満載のリアルタイム旅行記!

2009年1月22日

オーストラリア / シドニー で更新


40発目の世界遺産!ウルル-カタ・ジュタ [見所紹介]

記事は [09年01月07日183 日目   オーストラリア 7日目 / エアーズロック のお話

1月7日のお話。オーストラリアで2発目!通算でついに40発目の世界遺産、「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」だー!イェーイ!
「ウルル」とは誰もが知ってる「エアーズロック」のことだぜイェーイ!

今回はまずいつものように、「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」の簡単な説明と、セカイェの日程を紹介します!

book 世界遺産、「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」は、「カカドゥ国立公園」と同様、自然遺産と文化遺産の両方の要件を満たしている数少ない「複合遺産」の1つです。オーストラリアのど真ん中にあり、名前の通り「ウルル」と「カタジュタ」の2つの見所で成り立っています。そしてこれらは共に 先住民族アボリジニの聖地 であり、ここにはカカドゥ国立公園と同様にアボリジニの壁画も残されてます。

僕たちにお馴染みの呼び方である「エアーズロック」のことをアボリジニの方たちは「ウルル」、「マウント・オルガ」を「カタジュタ」と呼んでるのであります。昔は「エアーズロック-マウントオルガ国立公園」と呼ばれていましたが、アボリジニの土地であることを尊重し、「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」に名称が変更されたという経緯があります。

ウルル(エアーズロック)」は超有名なので説明を要しないかもしれませんが、ウンチクとしては世界最大の一枚岩ではなく、実は2番目に大きな岩なんです!なのでガイドブックなどでは良く、「世界最大の一枚岩」とか紹介されてます。

同じみのエアーズロックをやや上から見たところ。
(ビジターインフォメーションセンターの写真)

ウルル

ちなみにエアーズロックに限ったことではなく、こういった「世界最大級」とか、「世界第2位」とか「第3位」とかいう表現が使われてるガイドブックとかホームページに、1位がどこだか記載されてないと「 えーーっ! 」って思いませんか?!思いますよね?!しかし今まで色々調べてきた経験から言うと、それなりに有名なガイドブックやホームページでも「 えーーっ! 」というパターンは実際多いです。はい。世界最大の一枚岩は同じくオーストラリアにある「マウント・オーガスタス」らしいです。

一方、「カタジュタ(オルガ山)」は、「たくさんの頭(many heads )」という意味で、ウルル(エアーズロック)が一枚岩に対し、こちらは36の岩で構成されてます!エアーズロックと比べてオルガ山は知らない人も多いかと思いますが、実際足を運んでみるとオルガ山もかなりイェーイ!なので個人的には観光からは外せないと思います!

オルガ山をやや上から見たところ。1番大きな岩はエアーズロックより高いです。
(ビジターインフォメーションセンターの写真)

ウルル

そしてこの2つに共通して言えることは、これらの岩は見る角度や天候など太陽光の影響で様々な色に変化するということです。なので、サンライズサンセットが定番の楽しみ方となっているわけです。はい。

そして、じゃあセカイェはどのように回ったかというと、エアーズロック・リゾート内にある「Outback Pioneer Hotel & Lodge 」という宿を拠点に回りました。トータルでは4泊5日となりましたが、実際の観光は3日間です。

というのも、僕たちは「ウルル・エクスプレス(Uluru Express )」というツアーの、「3日間フリーバスチケット(3 Day Uluru & Kata Tjuta Pass )」をイェーイ!したからであります。1人160豪ドル(約10,720円)払えば、「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」への入場料(25豪ドル)込みで、ウルルやカタジュタへのバスが3日間何度でも乗り放題というツアーなんです!まぁツアーと言ってもその場所まで運んでくれるだけでガイドがつくわけではありません。そして実際乗り放題といってもバスの出発時間とピックアップ時間は固定で、事前予約が必要です。しかし、サンライズ、サンセットの時間もしっかりと確保できており、なかなかリーズナブルでこれはマジお薦めです!

実際の3日間はこんな感じだぜイェイ!イェイ!

[ 観光1日目:1月7日 ]

  • [早朝] ウルル(エアーズロック): 朝陽(サンライズ)
  • [午前] ウルル(エアーズロック): ベース・ウォーク(ウルル一周!)
  • [午前] カルチャーセンター
  • [夕方] ウルル(エアーズロック): 夕陽(サンセット)

[ 観光2日目:1月8日 ]

  • [早朝] カタジュタ(オルガ山): 朝陽(サンライズ)
  • [午前] カタジュタ(オルガ山): 風の谷
  • [午前] ビジターインフォメーションセンター
  • [夕方] ウルル(エアーズロック): 夕陽(サンセット)

[ 観光3日目:1月9日 ]

  • [午後] カタジュタ(オルガ山): ワルパ渓谷
  • [夕方] ウルル(エアーズロック): 夕陽(サンセット)

観光に3日間確保できると少し余裕があります。4泊5日も時間があるのであれば、世界の中心で愛を叫びに「キングス・キャニオン」に行くのも手ですが、もちろん僕たちは世界遺産以外の観光は時間&費用の面からほぼ却下となります。悲しいかな、セカイェ。

そしてエアーズロック観光のハイライトでもあり悩みどころでもある「 ウルル(エアーズロック)への登頂 」ですが、僕たちは見送ることにしました。

なぜ悩みどころなのか?!これはウルル(エアーズロック)はアボリジニの 聖地 であり、また登頂自体も非常に危険で多くの死者が出ていることから、アボリジニの人たちは登頂を好ましく思っていないからです。実際、現地のパンフレット、カルチャーセンター、エアーズロック登頂入り口などの至る所に「登らないで欲しい!」というメッセージが記されています。が、禁止されているわけではないので悩みどころとなるわけです。はい。

というわけで僕たちは登頂はせず、代わりにウルルの周りを歩いて1周してみましたとさ。その距離約10km!イェーイ!

clock 最後にリアルタイム情報Yay! -------------

この記事1回、不具合で削除されてしまったため再UPしてます。。。リアルタイムは思い出せず。。。

下のバナーボタンをクリックすると「にほんブログ村 世界遺産」と、「人気ブログランキングへ」への投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ  人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

この記事と同じカテゴリの記事(世界遺産) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オセアニア) 新着15件っす!

この記事と同じカテゴリの記事(オーストラリア) 新着15件っす!

私、コメントします!

みなさまからのコメントを楽しみにお待ちしております!
「イェーイ!」だけでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

コメントは「承認制」のため表示までしばしお待ちくださいませ!

【お願い】
コメントを投稿するには半角英数字のパスワード(Captcha )を入力する必要があるのですが、正しく入力したはずなのに「エラー」となってしまうケースがあるようです。システム上、エラーになるとコメントの書き直しとなってしまいますので、お手数ですが「確認」や「投稿」ボタンを押す前にコメントをコピーしていただき、エラーの場合は再度投稿していただけると大変嬉しく思います。
該当のブログ記事を開いてからコメントを投稿するまでの時間が長いと「エラー」となってしまうようです。


画像の中に見える文字を入力してください。


ページトップへ